世界一の「癒し」社長を目指して: 執筆

2015年06月18日

もはや未体験ゾーンすぎて日々の行動が病的。※32回目※

みなさんこんにちは、長坂です。

基本的に「ランキングフェチ」なので、SWOT就活の本のランキングを見る頻度が病的なのですが。

最近ランキングのゆれ幅がすごいです。

一昨日は確か「面接対策」のジャンルで97位とかで、「あーもうすぐ圏外だなあ」と思っていたんですが、
さっき見たら12位になっていました。
※このブログが出るときにはすでにランキング変わってる可能性が大。

これはもう、予想するに;


1-100位の各順位の差が1冊ぐらいしかないに違いない。


ランキングの意味ねーよ。


もう一ついいことがありました。

数フェチな私は病的なほどマメに本屋をチェックするのですが。

先日在庫切れになっていた丸善ジュンク堂渋谷店。

ネットで見たら「入荷」になってる!ということで早速見に行ってみました。

今回は何冊置いてくれてるんだろうなあ。
前回3冊だったから、5冊ぐらいかなあ。

とか妄想暴走で。


着いた。



10301507_939238482763288_9096532825540680613_n.jpg



おおおおお!


表紙見えるじゃん。


ちなみに後ろも全部swot就活ですよ。←わかるひとはわかる。


丸善、なんてステキなんだ!


また病的に毎日チェックする毎日が始まりそうです。



今回、不思議な体験をしています。

今までの私がしてきた仕事って、お客様の顔が見えるものばかりだったんですね。

今回はだれが買ってくれているか全くわからない。どれぐらい買ってくれているのかもわからない。

でも、自分の知らないところで何かが動く。


もどかしさもあり、驚きもある。

でもとっても嬉しいです。


嬉しくて編集者のZさんにメールをしたところ、その返事が、


私の母に見せたのですが、読みやすいし勉強になると言っていました。」


老若男女に受け入れられるSWOT就活本。


そもそもこの本は読む人の環境とか興味関心によっていろんな捉え方ができるようにしています。
というか、そうなってしまいました。


たくさんの人に届いたらいいな。


そんな「SWOT分析で攻略する 就活面接試験」はこちらからも購入できます。
http://www.amazon.co.jp/dp/4806915009


読んでくれてありがとう。

posted by ありーな at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 執筆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月07日

違うようで同じものに気づいたら楽になった(トラウマ克服執筆日記(3)) ※27回目※

みなさんこんにちは、長坂です。

「長坂さんいろんなことをやってますね」
よく言われます。
おそらくそう見えるのだろうなと思います。

特に、起業アドバイザーには、「会社員なんかより起業のほうが自分の好きなことができるじゃないか!」という人が少なくありません。

そこからすると、起業アドバイザーをしている人が就活本を書くのは違和感があるかもしれません。


この話が来たときに、改めて自分の「コア」を見つめてみました。

私のコアはアリスカンパニーの企業理念にある
「すべての人が心地よく生きていける社会を作るためにあらゆるサービスを提供する」です。

みんなが心地よく生きていけるのであればそれでいい。

それが起業であれば起業だし、
会社に入って心地よく生きていけるのであればそれもいい。


実際のところ「心地よく生きる」ってのはいろいろ大変で、


自分を見つめなきゃいけないし

自分のコアに気づかないといけないし

そのコアを満たすためにすることを考えなきゃいけないし

それを周りの人に伝えてわかってもらわなきゃいけない。


そんなことを考えながら就活のことを考えていたら、ひとつの答えが出ました。


就活は営業だ。


営業で必要なことは2つ。
1.商品・サービスのセールスポイントを知り、魅力的にPRする
2.相手の興味を知り、琴線に触れる

就活がまさにそうです。

いくら自分の強みを力強くPRしたところで、面接担当者に響かなければなんの意味もない。

「あなたが面接で「自分が話したいことを話す」限り、人気企業には採用されません。

その一文からこの本を始めたののには、そんな理由(わけ)があります。

そして、「自分のPR」と「企業が知りたいこと」を合わせるために必要なことは、

(1)自分を知る (自己の棚卸し)
(2)自分を分析する (SWOT分析)
(3)企業を知る (企業分析)
(4)自己PRを作る (最強の自己PRづくり)
(5)自己PRを相手に伝わるようにまとめる (ロジカルシンキング)
(6)面接で相手の印象をよくする (ノンバーバルコミュニケーション)
(7)将来の自分の人生計画を立てる (アクションプラン)
(8)これから起こりうるストレスに対処する (メンタルケア)

なんだ、いままで自分がやってきたことと同じじゃん。

この8項目って、今までセミナーでやってきたことだったのです。


これを全部入れ込むことにしました。

例えば企業分析では、M&Aアドバイザーの時にしていたような企業分析の仕方が書いてあります。
「株価の見方」とか(笑)。そんな就活本はないに違いない。


だからこの本は、私にとって「チャレンジをする」というよりも、「今までやってきたことを『就活』という切り口でまとめる」ということになったのです。



これまでの人生の中で、「ひとつのことを突き詰められない」トラウマを発想を変えていかしたことで、逆に自分にしかできない強みが生まれて、結果として新しい就活本になったような気がします。


でも、これに気づかせてくれたのは、編集者のZさんがたたき台の目次を作ってくれたおかげです。
Zさん、ありがとう。


そして、ここでスッキリしたのもつかの間、これから先は「スケジュールの戦い」という、もうひとつのトラウマと付き合うことになったのです。

続きは次回に。


読んでくれてありがとう。


長坂初の著書「SWOT分析で攻略する 就活面接試験」の購入はこちらから↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4806915009

posted by ありーな at 14:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 執筆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月06日

執筆を通してトラウマを克服した道のり(2回目)※26回目※

みなさんこんにちは、長坂です。

さっきアマゾンのランキングを見たら、「面接対策」カテゴリーで14位に入っていました。

すげー。

みなさまのおかげです、ありがとうございます。

もしやブログ効果か!?と思い、今日は更新しないつもりだったのにすることにしました。 (ちょーいい加減)※ここまで6/5時点※


結局気絶した。ダメダメ男。


えーと。

続きです。

今回お話をいただいたのは、出版社からではなく、編集社の方からでした。

いきました、とりあえず。

行ってみないとわからないもの。


でも場所について気づいたこと。


名刺切れ。



最悪です。
ビジネスマンとしてありえない。
またやってしまった。(またかよ)


そんなダメダメ男にもかかわらず、担当者と上司の方2名で出迎えて下さいました。
どうやら、いろいろ調べているうちに、私が過去に中小企業庁主催「新卒者応援プロジェクト」の講師をしてたことをネットで知り、コンタクトを取ってくれたそうです。


何がつながるかわからないですね。ありがたいありがたい。


そして出されたテーマは「SWOT分析を使った就活モノ」。
いわゆる自己分析ですね。


今だからこそ言えますが、ちょっと悩みました。

1.お友達に就活のスペシャリストがいっぱい。

人事部出身の方もいますし、ずっとキャリアカウンセラーをしている方もいる。これから就活アドバイザーをしようとしている方もいる。そんな中で、私が出していいのだろうか。

そんな感じです。

起業塾の中でも就活アドバイスをしていますし、私自身結構転職していますから、書けます。SWOTはコンサルティング領域でセミナーもしているからそれも書ける。

うーん。


2.子どもの頃からのちょっとしたトラウマ

実はちょっと前、とある出版社のコンテストに応募していました。
「セミナーもできる著者募集!」みたいな。
要は出版だけじゃなくて、それを元にセミナー講師としても活躍しようって趣旨のコンテストです。


これは私のためにある。


はい、完全なる思いこみです。


結果としては、最終選考まで残ったものの、ファイナルには進めませんでした。
あまりに悔しいので、担当の方のところに押しかけて、「何がダメだったのか」を聞きにいきました。

担当者のお言葉は、

「長坂さんはいろいろ書けるのだろうけれど、逆にセールスポイントが絞りにくい」


これ、実はトラウマ。
子どもの頃からそんなことを言われ続けました。

何か1つに打ちこめない。
「長坂=○○」というものがない。

だっていろんなことに興味が出てしまうんだもの。(開き直り)


ああ、またか。


軽くショックでした。

そんなことがあったために、今回、就活をテーマにした本を書いたら、またそうなるのではあるまいか。


うーん。


でも、せっかくいただいた機会なので、やっぱり書きたいと思いました。


そこで、究極の開き直りを。


そんなトラウマを逆に活かしてしまおう!


そんなことを、話しを聞きながら考えていたのです。

どんなことを考えていたのか?
それはまた次回に。

読んでくれてありがとう。


長坂初の著書「SWOT分析で攻略する 就活面接試験」はこちらから購入できます。在庫切れにならないうちにどうぞ。
http://www.amazon.co.jp/dp/4806915009

posted by ありーな at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 執筆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月28日

ちょっとしたきっかけでつながれる。※22回目※

みなさんこんにちは、長坂です。

昨日のブログで、出版の話をしてアマゾンのページをアップしたところ、1日でアマゾンの在庫がなくなってしまいました。

その理由はシンプル。


在庫が3冊しかなかったから。


いえいえ、みなさまのおかげです。すごくうれしいです。ありがとうございます。

アマゾンがいつ発売再開になるのか、私にはまったくわかりません。
再開を発見し次第、すぐにお知らせしますね。

リアルでは、ブツは明日29日から書店に並ぶそうです。
当然ながら、どの書店に並ぶかもわかりません。

本屋ぐるぐる回らなきゃ。

どうかみなさまも探してください。
見つけたら写真撮って教えてください。

来月から外回りでもしようかと思います。

いわゆる、「置いてくれくれ営業」です。


執筆に当たって、「長坂(アリス)はどこに向かうんだ?」と思われるのではないかとちょっとだけ悩みました。


普段起業起業とか言ってるのに就活かよ!みたいな。


でも、アリスカンパニーの理念を思い返したら、

「みんながここちよく生きていけるための社会」を創造するためにあらゆるサービスを提供する。

だから、この本はここちよく生きていけるための就活ができるような内容にしました。
単に内定をもらえるためのテクニックを話すだけのものにはしませんでした。


フェイスブックで告知をした際に、昔の会社の先輩からメッセージが届きました。
娘が就活の時期なので、買いますね!と。

もう久しくお会いしていない先輩です。うれしかったです。


そこでふと思いました。


しばらくご無沙汰してしまっている人と人って、なにかのきっかけがあったほうがまたつながれるんじゃないかって。


たぶんどんなきっかけでもいいんだと思います。
でもちょっとしたきっかけでまたつながれたりする。


私はここ数年露出できるところはどこでも露出をしてきていますが、
何かでこうしたきっかけを作っていけたらいいなと思いました。


わたしはここにいるよ。


本の表紙はこちら↓
http://honto.jp/netstore/pd-book_27180875.html


読んでくれてありがとう。


posted by ありーな at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 執筆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月27日

いよいよ初執筆の本が出版されます!※21回目※

みなさんこんにちは、長坂です。

いよいよ本がでます!

テーマはなんと「就活」です。 (どこを目指すんだよ)

タイトルは「SWOT分析で攻略する就活面接試験」

こちらに本表紙と概要が載っています※このページからはまだ申込できません※
http://honto.jp/netstore/pd-book_27180875.html

昔、経済産業省主催の「新卒者就職応援プロジェクト」の講師をしていたのを編集社が見つけて声をかけてくださいました。

どこでどうやって見つけたのかは謎。

ですから今回は「企画出版」というカタチです。


29日から、書店に並ぶそうですが、アマゾン等ネットでは先行して予約を受け付けてるようです。

予約はこちらをクリック


どこの書店にならぶかはわからないので、発見し次第お知らせしますね。


初版1万部だそうです。売らなきゃ。


昨年の12月頃にお話をいただいて、生まれて初めて執筆というものをしてみたのですが、これが予想以上にプレッシャーとなり、ブログも滞ってしまったわけでございます。(言い訳)


執筆に当たっての詳細はおいおいここに書いていきますね。
普段起業サポートをしているのになんで就活なんだ!と思う方もいるかと思います。

今回なんでこういう本を執筆することにしたのかもブログで書いていこうと思います。


ちなみにこの本は新卒者向けではありますが、内容は転職する方にも身になる話にしました。

これまでのセミナーで講義をした、
・自己の棚卸し
・自己PRの作り方
・自分ブランディング
・相手を前のめりにするプレゼンテーション
・ロジカルシンキング

こうしたものもふんだんに盛り込ませていただきました。

金融時代にやってきた、「企業分析の仕方」も載せています。

分野は違いますが、自分のこれまでやってきたことの集大成でもあるかと思います。


ぜひみなさまお手元に。

予約はこちらをクリック


取り急ぎー。


読んでくれてありがとう。
posted by ありーな at 14:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 執筆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする