世界一の「癒し」社長を目指して: ブログ継続のコツ

2014年05月27日

【番外編】ブログを書き続けて心がけるたった1つのこと〜ブログ続けるコツ

みなさんこんにちは、長坂です。

あれだけヒイヒイいいながら書いた「ブログ続けるコツ」シリーズですが、終わったら終わったでちょっと書きたくなりました。自分の具体例をそう言えば書いてなかったなと。

私がブログを書き始めたのは2003年から。当時はとあるSNSにコラム的に書き始めました。

2003年と言えば、自己の棚卸しをして「これからの人生はメンタルケアで生きるぞ!」と決意した年です。
でもメンタルケアの勉強なんてしたことがない。

だからブログの1つの目的は、「学んだことをブログで整理をして、自分の腑に落とす」というところでした。
でもただ整理するでけでは楽しくないので、「自分のメンタルケアをしたい気持ちがどれだけ人に伝わるか」を試してみる場でもありました。

その時に心がけたのは、とにかく難しい言葉を使わないこと。

だから「心の殻」という表現で、「外では精一杯自分を作って生きているけどなんか疲れちゃう女性」に向けてのメッセージを発信しました。

今見返してみると、一文一文が長かったり、改行が甘くて読みにくかったりと、全然だと思います。

最初はそんなに反応もありませんでした。

でも書いていくうちにいろんな人からのコメントが来るようになって。
コメント返しをしているとどんどんコミュニケーションができてきて、なんだか楽しくなってきた。


とにかく「このブログを読んで、少しでもホッとしてくれたらいい」、そんな気持ちでした。

自分の書きたいことを書くというよりも、読者が読みたいことを書く。
それだけはずっと心がけていました。

やっぱり、この気持ちだけで、文章の伝わり方は変わるんだなと思います。

前にも書きましたが、ネタなんてあっという間に尽きてしまうわけです。
そんな時は、身近なモデルになりそうな人を思い浮かべながら、「この人ならこういうことを書いたら読んでくれるんじゃないか」と妄想をして書いていく。

それは今でも変わらないです。
書く前に「誰か」を思い浮かべながら書いています。

おそらく、そうした「誰かを想定してその人に話しかけるように書く」ことが、ブログの真髄なんじゃないかと思います。


ブログはコミュニケーション。


見えない読者に向けて書こうとすると、モチベーションを続けるのが大変。
反応がない人の前で話すことって辛いじゃないですか。

だから「特定の誰か」を常に想定する。


誰か1人を想定することで、いろんな人の心にも響くことができるんだろうなと思います。


この「癒し社長」ブログはまさにノンジャンル。
ノンジャンルだから毎日書くことを「テーマから」考えないといけない。
だからその日にあったこと、会った人を思い浮かべながらネタを探していく。

そして語りかける。


もっともっと、たくさんの人に読んでもらえたらいいなと思います。

ブログはリアルタイムで自分の今の想いを自分が想像できないぐらい広く伝えていける場。


みんなブログ書こうぜ。


読んでくれてありがとう。
posted by ありーな at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ継続のコツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月26日

Vol.10 どうにも続かないなら出してしまえ! ブログ続けるコツ

みなさんこんにちは、長坂です。

ヘタレブロガーの「ひいひい言いながらブログ継続しようぜ」シリーズ、ようやくvol.10です。


コツ10。 そもそも何のためにブログを書くんですか?


一番最初に「ブログを書こう!」と思った目的を思い出してみてください。

「ブログを書いてビジネスにつなげよう!」と思ったかもしれないし、
「自分の記録を残しておこう」と思ったかもしれない。

「みんなに何かを伝えたい」と思ったかもしれないし、
「ファンを作りたい」と思ったかもしれない。


そもそも「なんで自分はブログを書こうと思ったんだっけ?」と思い出してみてください。


ブログというのは、その目的を達成するための手段だったはず。

でも、いつのまにか、「ブログを書くこと」が目的になってしまうことが結構あります。

とにかくブログを書かなきゃ。

書かなきゃだめだ!

書けない自分は情けない。

もはや人間失格。


面白いわけがない。


人に響くようなブログなんて、そうそう書けません。
特に生まれて初めて書くとしたらなおさら。


でもひとつだけ人の心を打つことができる方法があります。


「自分の想いを伝えたい」と思うこと。


ブログはコミュニケーションツールだと私は思っています。

昔と違って、ブログは読者の反応が見えにくくなりました。
だから、「誰に向かって書いているのかわからなくなる」。


私が唯一続いたブログは、このブログとメンタル系ブログ(「心の止まり木にようこそ」)だけです。

メンタル系ブログが続いた理由はひとつだけで、

世の中で生き辛さを感じている一人でも多くの人に「こうすれば少しはラクになると思うよ」ってことを伝えたい。



癒し社長ブログが続く理由は、


どんなにくだらない内容を書いてもみなさんが生温かく見守ってくれるから。


どんだけ甘えてるんだよ。


「ビジネスにするためにブログを書く」

そういう人も多いと思います。

こんなときの効果は申込とか問い合わせとか。
でもそんなものなかなかきません。

反応の中でもこれって実は一番ハードルが高いと思います。

いきなり海にでてマグロを釣るようなもんです。


ブログって読んでくれている人はずっと読んでくれていたりする。
アクションを起こすとかじゃなくて、見守ってくれている人は絶対いる。


その人の「素」が出ているブログのほうがなんか心に残ったりする。

キレイな言葉とか内容で行き詰るのなら、いっそのこと自分の「素」を出してぶっちゃけで話してしまったほうがいい。
そのほうが伝えたいことがストレートに伝わる。


よっぽど先進的なノウハウを伝えているものでない限り、書いている人の「世界観」や「雰囲気」、「人となり」が伝わってこないとビジネスにつながることはほとんどない。

だって、自分のところに来る理由がないもの。


ひとはひとに惹きつけられる。

「そのひと」だから何かを頼もうと思う。


自分が伝えたいことを、かっこつけないで、ストレートに語りかける。

もしブログの更新に行き詰ってきたら、そんなことを考えてみてください。


読んでくれてありがとう。






posted by ありーな at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ継続のコツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月22日

vol.9 こだわりはひとつだけ〜ブログを続けるコツ

みなさんこんにちは、長坂です。

今日も書きます「ブログ続けようぜ」シリーズ。 (タイトル変わってる)

もはや、自分に言い聞かせてるような感じになってまいりました。

そして、とりあえず10回までいかないとなんか気持ち悪い。

この「気持ち悪い」という感覚が持てると、ブログはなんだかんだで続くようになったりします。

そこでコツ。

コツ9。 「何か」にこだわる。


前にも書いたとおり、ブログは定期的に書くのがいいです。
でも、これがプレッシャーになったりしますね。

頑張って毎日書いてたけど、ある時書き忘れてしまったりすると、なんか、糸が切れてしまって続かなくなることがよくあります。

なら、他のことにこだわればいいんです。

例えば、「本数にこだわる」。
100本書くなら書くまでがんばる。

「アクセス数」にこだわる。
目標のアクセス数に行くまでがんばる。

他のことはどうでもいい。ただ、それだけはなんとしてでも達成する。

それだけでも気分が変わると思います。

試してみてくださいね。


読んでくれてありがとう。

posted by ありーな at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ継続のコツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月20日

Vol.8 困ったときの○○ 〜ヘタレブロガーが語る「ブログを続けるコツ」

みなさんこんにちは、長坂です。

思いだしたように書き続ける「ヘタレブロガー」シリーズ。

vol.8まで来ましたよよよ。

もう、だんだん「乾いたぞうきんを絞る」ような感じになってきました。

ノウハウ系はいつもそう。


今日は、そんな、もうどうにもネタがなくて書けないんだけど、今日は書かないとやばいよまいったなあとほほほほ」という時のためのコツです。


コツ8。どうしても書けないときは「ニュース」と「youtube」に頼れ。

例えば、「世界一」「癒し」で検索をしてみました。

そしたらこんな記事が;
世界一の癒しロボット『パロ』が茨城県で誕生

 茨城県の産業技術総合研究所で開発された、メンタルコミットロボットの『パロ』が、世界で最もセラピー効果が高いロボットとして2002年、ギネスブックに認定されました。メンタルコミットロボットとは、「かわいい」や「心地よい」など、人の心に働きかけるロボット。人と一緒に生活して、楽しみや安らぎなどを与えてくれるペットのような存在です。

(続きはこちらをクリック)


ロボットに負けてるながさか・・・。
世界で最もセラピー効果が高いヒトとしてギネスブックに認定してもらえないかしら。


とまあこんな感じでブログになってしまいます。

ブログのいいところは、「ネタがあって自分の意見を少しでも載せればそれなりのものになる」ところ。


もう、記事を探すのもキツイという場合は、youtubeに頼ってみましょう。

なんと同じトピックが↓
"ストレス解消"世界一の癒やしロボットをアピール


ロボットに負けているながさか・・・。
私もテレ朝に出たい!


こんな感じです。

「今日はちょっとオフな感じで私の好きな音楽をご紹介」でもいいと思います。

とにかく「続けること」。

常に自分のブログを読んでくれている人達を意識するのがいいのです。

例えばブログを始めた頃なんて、20人ぐらいの人しか見ていないなんてことはザラ。
でも、リアルで考えてみてください。

リアルの世界であなたの言葉を20人の人が楽しみに待っているとしたらすごくないですか。


もうモテモテですよ、もてもて。


私のブログを続けるモチベーションはそんなところにあるかもしれません。


ブログシリーズもあと2回(の予定)。


雑巾しぼります。

ぎゅぎゅぎゅー。

ビリっ。



※休載のお知らせ※


(美○しん○かよ)


読んでくれてありがとう。
posted by ありーな at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ継続のコツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月12日

Vol.7 自分ルールでグフフ〜ヘタレブロガーが語る「ブログを続けるコツ」

みなさんこんにちは、長坂です。

久しぶりの「ヘタレブロガー」シリーズです。

予想通りネタが尽きてきた感がありますが、続けますとも、10回までは。

ネタが尽きてからが勝負だ! (自分に言い聞かせる)


コツ7。ダメなときは「自分ルール」発動。 


どうしても書けないって時はありますよね。

どんだけ考えてもネタが出てこない。
というか、ネタを考える気力がわいてこない。


そんなときは、寝た方がいいです。


必殺オヤジギャグ。


私の場合は前説が浮かばないときがほとんどなのですが。

えっいらないですか?
前説がない癒し社長ブログなんて、麺の入っていないラーメンみたいなもんじゃないですか。


(ふつーに中華スープだよ)


起業家の間でのひそかな言葉として、「ヤバくなったらさっさと寝る」があります。


どうしてもダメだったら、休んでしまうというのも手です。

でもそのときに絶対守らなくてはならないルールを作るといいです。

たとえば、「2日休んでも3日目は絶対に休まない」とか。
これはどんなことがあっても守らないと、そのままズルズル放置ブロガーになります。


「休める」と思ったらなぜかやる気になることもあります。
「やっていい」と言われたらやらなくても満足しちゃうみたいな。


今の私は「1日たりとも休んではならん!」という、上の言葉が全然説得力をなくしてしまうルールを作っていますが、本当にどうしても書けないときはあります。


そんなときはこっそりグフフです。


意味わかんねーよ。


たとえば、今日のこのブログが「こっそりグフフ」です。


ちょっとぐらいいい加減なぐらいがちょうどいい。


読んでくれてありがとう。
posted by ありーな at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ継続のコツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月05日

Vol.6 気にかけてくれる誰か〜ヘタレブロガーが語る「ブログを続けるコツ」

みなさんこんにちは、長坂です。

GWもあと1日ですね。もうすでに気分がブルーになっている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

アリスはまとまった休みの時のほうがブレストが増えます。
みなさん平日は仕事等でバタバタしているので、まとまって考える時期のようです。

起業を考える人にとってはGWはとっても大事な日々。

いわゆる「ゴールデンウィーク」ならぬ「ゴールデンワーク」という感じでしょうか。


ちょっとうまい。(自画自賛)


さて、久々ヘタレブロガーの「ブログを続けるコツ」です。


コツ6。 うるさい人を1人周りに置く。


うるさいと言っても「音が大きい」ということではありません。


「こまめにチェックをしてくれる人」ということです。

人は誰しもナマケモノです。

楽な方がいい。さぼってたほうがいい。
何もしないでいいなら何もしたくない。

特に、ブログの書き始めは反応もほとんどないし、「このまま書いてても読者は増えるのだろうか」って不安になる。

人は先の見えないことには不安になるものです。

そうするとサボっちゃう。

だって、ブログを書かなかったからといって何かが起こるわけではないもの。
何も起こらない。


そんなとき、周りの誰かが「ブログ今日は書かないの?」と言ってくれたら、「ハッ」とします。
さらに、「毎日楽しみにしているんだけど」とか言われたもんなら、


「楽しみにしてくれているのに書かなくてごめん」


なぜか申し訳ない気分になってしまうのが人の性(サガ)。


※ちなみに私はいつも違う意味で「ごめんなさい」と言っています(ブログがくだらなくて)※


元来ナマケモノな私たちですから、せかされると行動することに実は慣れています。


1人でもいいんだと思いますよ、そんな人。


書かなかったら100人の人から

「今日はブログ書かないのかよ!」
「なにサボってるんだよ!」

とか言われたら辛いじゃないですか。


たぶん、ノイローゼになると思います。


「ブログが、ブログが・・・ ブログが襲ってくる」とか寝言で言うようになったらかなりやばいです。


そんな人いねーよ。


だから1人ぐらいでいいんです。

周りの人にチェックしてもらいましょう。
ちょっと厳しめに。


不思議と、そんな感じでもブログは続きますよ。

GW最終日、よい一日を。


読んでくれてありがとう。


※5/9(金)19時から、全く新しいタイプのセミナーを開催します。※

起業家に聞くリアルな起業セミナー vol.1 〜起業マインド〜

単なる「体験談」にとどまらず、「なぜ会社員脳のままでいてしまうのか、どうやったら起業家脳にスイッチするのか」を講義もしていきます。

他のセミナーとは全く違う、リアルで実践的な知識やノウハウを身につけてください。

posted by ありーな at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ継続のコツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月02日

Vol.5 あなたに向けて 〜 ヘタレブロガーが語る「ブログを続けるコツ」

みなさんこんにちは、長坂です。

もうみなさんすっかりGWモードなのではないかと思います。
私ももう叫びたくなるぐらいふだんと同じ感じのGWモードでございます。

ガオー。

GaWoo。


つまんねえよ。


ええと。


自分の中では最近すっかりボケツッコミが減ったと感じているのですが、いかがでしょうか。

GWはちょっとはじけるようなブログを書こうかと思います。


プチっと。


あ、どこかの血管切れました。まあいいか、一本ぐらい。


すでに壊れ気味のGWイブ。


さて、本日もテーマはブログです。
最近私と会うと「ブログ書こうかな」と言う人が増えてきました。

顔に「ぶ・ろ・ぐ ♡」と書いてあるみたいです。

でも多くの人がやっぱり続けられないようです。
とりあえず、ブログ継続10カ条を書きためようかと思います。

ええと、あと6本?

これがブログ休止のきっかけになったらどうしよう。


(本題入れよ早く)


本日のコツです。

コツ5。 ○○に語りかけろ。


「なんで続けられないか」という話をした時によく出るのが、

ブログって相手の反応が見えないから寂しい。

特に書き始めって、アクセス数も少ないから、

見えない相手に矢を射るようなもの。


そんな寂しい時にお薦めなのが、「誰かに語りかける」。

誰でもいいんですね。

あーあいつモテないよなあ。
こうやったらモテるのに。

モテるこつ教えてあげよう。書き書き。


そう言えばあの人あんな食べ物好きだなあ。

こんなスイーツを紹介してあげよう。書き書き。


今日なんか元気なかったなあ。

ボケツッコミで元気になってもらおう。ボケボケ。


こんな感じです。

書こうと思った話題にぴったり当てはまる人を思い出しながら、その人に語りかけるように書く。

これだけでも、なんかひとりじゃないね♪



地味にさびしい。



そもそも、ブログは「話し言葉」の方が分かりやすくなります。
特定の誰かに向けて書いたり、話しかけるように書いたりすると、


あら、わたしのことかしら♪


って全然知らない人が思ってくれたりします。

実は、その方が読者は増えます。

私はいつも誰かの顔を思い出しながらブログを書いています。
思いだす人がいないと書けなかったりします。


「誰かを思い出しながら語りかける。

ぜひお試しあれ。


読んでくれてありがとう。

posted by ありーな at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ継続のコツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月30日

Vol.4 ストーリー 〜ヘタレブロガーが語る「ブログを続けるコツ」〜

みなさんこんにちは、長坂です。

今日も書きますよ、「ヘタレブロガー」シリーズ。

日本は世界一のブログ大国みたいですね。
確かにブログポータルとか見るといっぱい。

でも、「分かりやすいブログ」と「分かりにくいブログ」ってありますよね。

なんだか内容のせいだけじゃない気がする。

そうです、実は「分かりやすいブログ」には典型的なストーリーパターンがあるんです。
このパターンができると、ブログを書くのも楽になってくるという。

というわけで、本日のテーマは;

コツ4。 自分のストーリーワンパターンを作る。


「ワン」いらないし。


文章って、こういう順序で書くと分かりやすくなります。

問題提起(または今日のテーマ)→自分の意見 → 例 → まとめ(提案)


もっとカンタンに言いましょう。

1.問題提起
 - 出来事系: 最近こんなことがあったんですよ。 
 - ニュース系: この前、こんなニュースがありました。こんな記事がありました。
 - 問いかけ系: こういう時って、みなさんどうしますか?どう思いますか?

このときも、例を挙げて具体的に話すのがポイント。身近な話題であるほどいいと思います。

2.自分の意見
 - 私はこんな風に思うんです。
 - そんなとき、私はこんなことをするんです。

3.例
 - 例えば、○○の時とか、△△をしたりとか
 - ○○のケースの時は、△△に考えたりとか

ここでの「例」はとても大切。なぜなら、例を挙げることで、読んでいる人がイメージしやすくなるからです。例がないと、

4.まとめ(提案)
 - ぜひみなさん、試してみてくださいね。
 - みなさんもいかがでしょう?


とまあ、こんな感じ。

こうやってみると、考えるポイントは「自分の意見」のところだけになりますね。
「自分の意見」、結構大事です。

やっぱり、私たちって人の考え方に触れることって好きじゃないですか。


「ああ、この人ってこう考えるんだ」って思ったり、「この人の考え方って好きだな」と感じたり、
「そうそう、そうなんだよね、私もそう思う」って納得したり。


この流れ、黄金のワンパターンです。

そういう視点で、私のブログを読んでみてください。結構当てはまってると思います。

自分のワンパターンを作ると、ブログを継続しやすくなりますよ。

是非お試しあれ。


「あれっ?ボケツッコミはどこにいれるの?」と思った方。

あれはながさかワンパターンです。


習得したい方は「ながさかブログ講座」へ。


(そんなもんねえよ。)



読んでくれてありがとう。
posted by ありーな at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ継続のコツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月29日

Vol.2&3 無理のないキャラ設定&書く時間を決める〜ヘタレブロガーが語る「ブログを続けるコツ」

「春の合併号」って、連休前後の週刊誌かよ。


みなさんこんにちは、長坂です。

とりあえずノリツッコミから入ってみました。

昨日から全くの思いつきで始めた『ヘタレブロガーが語る「ブログを続けるコツ」』シリーズの2回目です。

あ、前回の「ネタ探し」のところの補足として、

ネタに困ったら「シリーズ」にして無意味にひっぱる

というのがあります。


い、いや、このシリーズがそれに当たるわけじゃ、な、ないです・・・。


さて、今日は一気に「その2」と「その3」です。 ※超テキトー※


コツ2。 無理なキャラ設定をしない。


ブログの良さは、「自分の商品サービスを売るのに合ったキャラクターを創りだす」ことが可能なところにあります。
書くことをちゃんと準備しておけば、地雷を踏むこともないのです。

ただ、そのキャラクターを自分とはかけ離れたものにしすぎると、続けられません。

私が「ノリツッコミが一切なく淡々とノウハウについて語る経営コンサルタントキャラ」にするようなものです。

まず、続かない。

「常にポジティブで仕事が楽しくて楽しくて仕方がなくてしょうがない、いわゆるデキる子」のブログって実は意外と多いです。
でも、1年ぐらいたつと妙にトーンダウンしてたり、ブログの更新がなくなってたりする。

たぶん、本人とのギャップが大きすぎたのでしょう。

やっぱり「無理をしない」ことが、続けるためにはとっても大切。

キャラを創るにしても、あまりに無理な設定をしてしまうと、書いていて辛くなる。

「これって俺じゃない」みたいな。

どのみち会ったら一発丸分かりだし。
会う時にもそのキャラを通そうとしたら、もう日常に疲れちゃって引きこもりになりますよ。

あくまでも今の自分をベースとしたキャラ設定をする。
キャラ設定がうまくいかないなら、素の自分を出してしまった方が続くし、ファンも増えますよ。


コツ3。 書く時間を決めてその時間は書くことに集中する。


ブログを定期的に書くのは、結構パワーのいる作業です。
モチベーションがないと、まず書けません。

そもそも「定期的に何かをする」というのが苦手な私が1月からこのブログを書き続けられている理由に、「書く時間を決めた」というのがあります。

私の場合は、23時〜0時までの1時間は、「ブログを書くことだけを考える」時間にしています。

どこにいても、何をしていても、その時間はブログを書く時間。
飲んでるのに、「ごめん、ちょっとブログ書かせて」と言って書いていたこともあります。
その時間は基本電話も出ません、メールも返しません。

その代わり、その集中力は0時までと決めています。
つまり、0時までに書けることを書くということ。

「もっと書きたいなあ」と思っても、0時になりそうだったら切り上げます。
明日になっても書きたかったと思えば、明日続きを書けばいい。

1つでも例外事項を作ってしまうと、人はそっちに流されちゃう。
だから基本、例外事項は作らない。


とはいえ、本当に書けないときはあります。


もう、全くと言っていいほど前説が浮かばない。 そんな時もあります。


そっちかよ。


そんな時でも、3行でもいいから書いたほうがいい。

モチベーションは「書くか書かないか」、それだけで変わるからです。

書く時間は、本来は読んでほしいターゲットの時間に合わせるのがいいでしょうが、それが難しい時間になってしまうかもしれないなら、自分が一番書きやすい時間帯にするほうがいいです。
続かなかったらそもそも意味がないので。


ダメな日があったって、ノリノリな時にたくさん前説書けばいいじゃないですか。
何が前説で何が本題なのか分からないぐらいに。 ←まったく見本にならねえよ。


勢いに任せて2つのコツをアップしてしまいましたが、明日はその4があるのでしょうか。

というかそもそもコツがいくつあるのかもわからない。


てきとーてきとーゆーるゆる。


読んでくれてありがとう。





posted by ありーな at 23:57| Comment(1) | TrackBack(0) | ブログ継続のコツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月28日

Vol.1 日々のネタ帳がネタ切れを防ぐ 〜ヘタレブロガーが語る「ブログを続けるコツ」

みなさんこんにちは、長坂です。

基本的に普段はあまり反応がよくわからない「癒し社長ブログ」なのですが、昨日はありました!

やはり、たまにはマジメに語るのもいいのかなと感じました。

最近ブログを書く人が周りに増えています。
私も2002年ぐらいからブログを書きはじめた、いわゆる「なんちゃってブロガー」なのですが、ブログを続けるコツというのはやっぱりあります。


コツ1。 パクる
コツ2。 リンクでごまかす
コツ3。 写真でごまかす


おいおい最悪じゃねえか。


マジメに書きます。


コツ1。 「日々の出来事」から日々、ネタを貯めておく

ブログを始めた頃、あるブロガーがこんなことを言っていました。


「事前に貯めておいたネタなんて、あっという間に終わってしまう。貯めておいたネタがなくなってからが本当のブロガーだ」。


かっくいー。

実際、私も事前に貯めておいたネタが尽きてしまって終了したブログがゴロゴロあります。ノウハウ系は特にその傾向があります。

結局は、日々の生活の中からネタを見つけてメモっておくのが一番ブログを続けられるように思います。

ネタはそこらじゅうにゴロゴロ転がっているんですよ。

とにかく見つけた瞬間にメモ(またはブックマーク)するのがコツです。

電車の中で面白い人がいたらメモ。
面白い記事をネットで見つけたらメモ。
笑える写真があったらメモ。
美味しいレストランを見つけたらメモ。
ながさかをみかけたらメモ。

好きな人ができると、ヒマさえあるとその人のことを考えたりするじゃないですか。
そんな感じ。

慣れてくると、「おっ、これブログネタになりそう」っていう感じになりますよ。


ヒマさえあればブログネタを考えちゃう。
ブログネタをオカズにご飯が食べれちゃう。
私の彼はブログです。


そんなあなたは立派なジャンキーブロガー。 (ちょっとさびしい)


コツ2はまた改めて。(シリーズかよ)



読んでくれてありがとう。

posted by ありーな at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ継続のコツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする