世界一の「癒し」社長を目指して: 『家庭内 男女平等宣言』

2007年10月05日

『家庭内 男女平等宣言』

○。「ひと、モノ、カネ」に困ったら。。アリスカンパニーのHPにどうぞ。きっとヒントが見つかります! 。○

『家庭内 男女平等宣言』

一.選択掃除は女がやるものだというのは古すぎる考えであると認めること。
二.家に帰って脱いだものを、そのままにすることなく男も自分で片付けること。
三.「俺も外で大変だけど、お前も毎日大変だよな」と一度でいいから言ってみること。
四.子供のしつけに対して、甘やかし過ぎることなく基準を妻に合わせること。
五.子供の教育については9:1から、せめて、6:4で参加すること。
六.夫婦、家庭で、仲良く過ごす時間を増やすこと。家族の時間を増やすこと。






さて問題です。

これはなんの宣伝でしょうか?


○。
タクシーをよく使います。理由は四六時中電話やメールが来るから。
外だと落ち着いて離せないし、地下鉄だと通じずにせっかくお電話いただいたのに対応できないしで、やむをえず。

最近はタクシーの中での広告が増えてきました。TVのある車もありますね。「プルコギ」という映画の宣伝をやっていて、山田優さんの肉を食べる姿がおいしそうでいつも焼肉を食べたくなっていました
←ダイエット中だからよけいに。

実は、さっきの『宣言』はそんなタクシーの中で見つけたもの。



宣言をした後にはこんなキャッチがあります。

この『家庭内男女平等仲良し宣言』を実行するために、






家政婦に家事を任せよう。

びっくりです。
「こうくるか」という感じでした。

この会社はかなり前からタクシーにパンフをおいていたのですが、昔はもっとおとなしいキャッチでした。

これは思わず手にしてしまいました。ちょっと使ってみようかなとさえ思いました。

「家庭内男女平等仲良し宣言」を実行するために、カウンセラーにこころのケアを任せよう。


・・・なんだかあやしくなりました。

でもいろんなところで勉強になるものですね。





ブログランキングに参加しています。よろしければワンクリックお願いします。

○。
なんだか気持ちが疲れていないですか?そんなときは【アリスカウフェ】にどうぞ。 。○

posted by ありーな at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック