世界一の「癒し」社長を目指して: ボージョレヌーボーとマーケティング

2017年11月17日

ボージョレヌーボーとマーケティング

みなさんこんにちは、長坂です。


ボージョレヌーボーの季節ですね。

ボージョレヌーボーと言えば、15年ぐらい前でしょうか、会社の近くのイタリアンにランチにいったら、「今日はボージョレヌーボーの日ですから、よかったらどうぞ」ってグラスワインごちそうになったのを覚えています。


おいしかったータダ酒。(おい)


ボージョレと言えば、「今年の出来」のコメントが毎年ありますね。


「10年に一度の出来」
「最高だった○○年に勝るとも劣らない」

2000年・・・出来は上々で申し分の無い仕上がり
2001年・・・ここ10年で最高
2002年・・・過去10年で最高と言われた2001年を上回る出来栄え
2003年・・・100年に一度の出来
2004年・・・香りが良くなかなかの出来栄え
2005年・・・ここ数年で最高
2006年・・・昨年同様良い出来栄え
2007年・・・柔らかく果実味が豊かで上質な味わい
2008年・・・豊かな果実味と程良い酸味が調和した味
2009年・・・50年に一度の出来栄え
2010年・・・1950年以降最高の出来と言われた2009年と同等の出来
2011年・・・近年の当たり年である2009年に匹敵する出来
2012年・・・史上最悪の不作だが品質は良く健全。糖度と酸度のバランスが良く軽やか
2013年・・・ブドウの収穫量は少ないが、みずみずしさが感じられる素晴らしい品質
2014年・・・近年の当たり年である2009年と肩を並べるクオリティ
2015年・・・我がワイン人生最良のヌーヴォー

ちなみに今年は「今世紀最高の出来と言われた2015年を彷彿とさせる芳醇さがあり、溌剌さとエレガンスさも兼ね揃えている」


要はいつもいいんじゃないのか。(禁句)

やっぱりマーケティングは大事なのです、世界的に。
おいしくないなんて言えないからね。


基本的に「お酒の味がわからない」長坂ですが、ここ2年ぐらい、ワインが好きになってきたので、今回は買ってみましたボージョレヌーボー。

感想は。


近年まれに見る、おいしゅうございました。
(注:お酒の味がわからないオトコ)


ちょっと薄いので、ボルドーおかわり。

ベロベロ。

金曜日だからね、たまにはゆるゆるで。


読んでくれてありがとう。


2010年から続けているマンツーマン起業塾、2017年は「近年まれに見るクオリティの高さ」。
キャンペーンは11月で終了。問い合わせた人だけに教える内容です。
迷わずコンタクトを。
http://www.arys.jp/modules/seminar/index.php?sid=584




posted by ありーな at 21:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。