世界一の「癒し」社長を目指して: こんな暑い日から暑苦しいサービスが始まった。

2017年08月09日

こんな暑い日から暑苦しいサービスが始まった。

みなさんこんにちは、長坂です。

2010年のちょうど今頃、第1回目の「夏の起業塾」が開校しました。

5日連続、朝から晩までビジネスプラン漬けの「通い合宿」スタイル。
その時は4人が参加をしてくれました。

セミナーに来たことがある人2人。そして驚くべきことに、まったくの初対面の人が2人。

5日間で「ビジネスを創る」ことがその時の私のタスク。

5日間の起業塾が終了した後はヘロヘロだったのを今も覚えています。


その時の塾生の1人は、今でも時々相談にやってきます。
仕事にしろプライベートにしろ、ちょっとした節目のときにふらりとやってくる。


うれしいです。
そんな時に思い出してきてくれるんだもの。


つい最近も、久し振りに来てくれた人がいます。
3年ぶりぐらいでしょうか。

基本的に、自己の棚卸しを通じて一緒に考えたビジネスモデルを今も模索している。
この3年間に、それを実行するのに必要な知識を得てパワーアップしていました。

軸がぶれていないので、私も基本的に同じようなことを改めて話をします。

すると一言。

「3年前に聞いたのと今聞くのとでは、何か私の受け取り方が変わっている。なんかこう、腑に落ちるというか」


私たちは、たくさんの情報のシャワーの中から、その時に受け取りたい、または受け取れる情報を無意識にピックアップしているんですね。

そんなにたくさんの情報は覚えられない。
そのときに必要なことを必要なだけ。

だから、気分が違うときとか。環境が変わったときとか、自分の経験値が変わったときとか、同じ情報でも受け取る部分が変わる。

私はできるだけシンプルに必要なことを必要なだけ話すのが好きです。
ムダバナシはいらない。


そうやって、長い時間をかけていろんなことを持って帰ってもらえたらうれしいなと思っています。


だから期限がないのがいいんだね。
そんなマンツーマン起業塾は、お盆の時期はいいですよ。集中的に詰められます。


読んでくれてありがとう。




posted by ありーな at 23:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。