世界一の「癒し」社長を目指して: いいんじゃない。

2017年07月11日

いいんじゃない。

みなさんこんにちは、長坂です。


「いいんじゃない」


って言うと、不安になる人が多いみたいです。
「ながさかさん、ほんとにいいと思ってます?」って言われます。


ちょっと前までは、相手に対して何か提案をすることが付加価値だと思っていました。


経営コンサルティングの世界では、とりあえず相手の話を否定しろという風習すらあります。ほんと嫌。


だから起業塾を始めた当初は、とにかくアイデアを出しまくるっていうスタイルでした。


これもいいじゃんあれもいいじゃんこんなのもできるじゃん。


それが付加価値だと思っていた。


でも、ある時ふと思ったんです。


相手が腑に落ちないアドバイスに付加価値はないって。


なにかアイデアを出したら、なんとなくそれっていいなと思う。
でも、それが本当に自分のやりたいこととは限らない。
でも長坂がそういうならいいんじゃないかな。
やってみるかな。でもなんか気が乗らないな。


小学生に勉強を教えるとき、
問題の答え方を教えても、その問題は解けるけれど応用問題は解けない。つながらない。

問題を解く考え方を教えると、応用問題も解けるようになる。


そう、大切なのは考え方。
考えて考えて、自分の中から絞り出したものは腑に落ちているから続けられる。


そう思ってから、あまりアイデアを出すのをやめました。
それよりも、考え方を話しながら一緒に考えるというスタイルにしました。


人によっては、「もっと教えてください」って思うのかもしれない。


教えるのなんて簡単です。
でも答えは常に自分の中にある。


アイデアはいわないけれど、「こういう方向にいったらいいな」とは思っています。
でも、相手が考えに考えて、絞り出した答えが自分と違ってても、それはそれでいいなと思います。


一本の線にさえなっていれば。


一本の線になっているときに出る言葉が


「いいんじゃない」


(一回も聞いたことのない人もいると思います、実は)



そんな起業塾、ぜひ参加くださいね。とことんです。


読んでくれてありがとう。







posted by ありーな at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック