世界一の「癒し」社長を目指して: 今流行りの民泊もそろそろ過渡期かも。

2017年04月15日

今流行りの民泊もそろそろ過渡期かも。

みなさんこんにちは、長坂です。


最近、外国人を見る機会が増えましたね。
電車の中とか渋谷とか銀座とか。

聞くところによると、大阪はホテルの予約が大変なんですって。
そんなところから、「民泊」は話題になっています。

「民泊」っていうのは、簡単に言うと、「自分の住んでるところを宿泊場所として提供する」ビジネス。

昔は「ホームステイ」なんて言っていたけど、今の民泊は自分がいなくても大丈夫。

こんなサイトで検索できるようにもなっています。


でもこういうのって、掲載すればみんなが泊まってくれるわけではなくて、それなりに工夫が必要。あたりまえだけど。

競合相手も増えるだろうから、頭を使わないと。
リオデジャネイロはオリンピックの時に供給過剰になって、価格がどんどん下がっちゃったんですって。


そんな中で、知り合いが民泊のビジネスを始めました。
民泊を運営するのではなくて、民泊を運営している人したい人をサポートするビジネス。

サイトはこちら↓


彼はこのビジネスをするために1年間いろいろと準備をしてきました。
法制度の改正も落ち着いてきて、準備してきたインフラもできてきたので、満を持してのビジネス開始です。


彼のサポートは、単なる運営コンサルではありません。代行でもありません。

これまでにないようなアプローチを教えるようです。
これからの時代に間違いないアプローチ。

詳細は問い合わせをしたら教えてくれるそうです。

とりあえず、サイトを見てみてください。
興味が出たら、お気軽に問い合わせてはいかがですか。


私も全力で応援しようと思います。



読んでくれてありがとう。



(お知らせその1)
マンツーマン起業塾は4月キャンペーンを開始しています。相当お得なキャンペーンです。
人数に限りがあるので、お早めにどうぞ。


(お知らせその2)
youtubeの「株式型クラウドファンディングを学ぼう!」、もっともっと再生回数を上げたいです。
ぜひ皆さまちょっとでもいいので見てみてください。


posted by ありーな at 21:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449043927
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック