世界一の「癒し」社長を目指して: その言葉、理解しているかどうかがすぐにわかる方法。

2017年03月17日

その言葉、理解しているかどうかがすぐにわかる方法。

みなさんこんにちは、長坂です。

話の分かりやすい人、分かりにくい人、何が違うのでしょうか。

ロジカルシンキングで話せば、ほとんどの内容は理解をしてもらえます。
いわゆる、「論理的に話す」というところです。

では、話を聞いた時に「あーなるほど」と腑に落とすことができる人とできない人は何が違うのでしょうか。


例えば。


これがキーワード。

納得感の持てる人の話の中には、必ず「例えば」という言葉が出てきます。

「例えば」はまさに魔法の言葉で、
どんなに難しい用語も「例えばさー○○ってこと」って言ってくれると、ほーなるほどってなる。


実は「例えば」って話を展開させるのは意外と難しい。

言葉の意味をしっかり理解していないと、例を出せない。

会社員の時、上司がなんだか難しい言葉を言ってきて、その言葉の意味を尋ねたら、

「そんなの常識じゃないか、自分で調べろよ」

と言われたことが何度あったか。


そういえば、会社員の時に社長に提案した時に、

「もっとわかりやすく説明してくれないかな」
「△△ってどういうこと?」

って言われて答えられなくて、

「あの社長、知識あんまりないんですね」

って上司に言ってた。


分かってなかったのは自分だ。



「例えば」って具体的に説明できないってときは、

実はその言葉の意味をよく分かってない。


だから、深掘りしましょう。

意味が分かったとき

あなたの言葉はいろんな人の心を打つ。


読んでくれてありがとう。


クラウドファンディングを応援しています。
『小さな足にカッコイイ&カワイイ靴を!「小さなサイズのオーダーヒール靴」を作りたい』

是非一度ご覧になってください。3000円から支援できます。


posted by ありーな at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448070146
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック