世界一の「癒し」社長を目指して: 営業とかPRとか、目的は実はシンプル。

2017年02月05日

営業とかPRとか、目的は実はシンプル。

みなさんこんにちは、長坂です。 

自分の好きなものや思い入れのあるものをひとに薦めるということは、意外と勇気のいることなのかもしれません。

起業をすると、つねに自分の商品とかサービスを人にPRしたり、すすめたりすることになります。


好きなものだったら自信をもって勧められるよね。
売り込む必要はなくて、その商品やサービスで自分が感じているよさを伝えればいいんだよ。


まあ、ある意味そのとおりだし、私もそんなアドバイスをすることがあります。

一方で、心理的なところを考えると、それができない要因がある。


自分の好きなものを人に否定されたくない という心理。 


興味がなかろうが否定されようが、「それでもこれはいいんだよ」と言うことって、実は精神的なタフさが必要なのでしょう。


ビジネスって「ターゲットがもつ課題を解決してあげてありがとうの対価としてお金をいただく」ってことだから、いくら自分がすばらしいと思っても誰も欲しがらなかったらそもそもビジネスにならない。


でも、実際のところ、「誰も欲しがらない商品サービス」なんてないと思うんですね。

自分がいいと思うってことはほかにもいいと思う人は必ずいるから。


だから、自分と同じように「これいいね!」って思うターゲットを探していくことが私たちがしなくてはならないことだし、頭を使うところ。


どうやったらそんな人たちが見つかるんだろう?

一人でも多くの人につたえていくしかないよね。だって誰も知らないんだから、あなたの商品サービス。


あれ?戻っちゃった。


結局のところ、起業した時の営業活動って、たったひとつのメッセージを伝えるためにするのかもしれないです。



ここにいるよ。って


読んでくれてありがとう。


posted by ありーな at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。