世界一の「癒し」社長を目指して

2019年01月18日

自分がいいと思わなかったら人に言えないよね。

みなさんこんにちは、長坂です。


証券会社にいた時に、とてもいやな行事がありました。

グループ内のクレジットカードを売るというノルマがあったのです。


多くの人は親とか親戚とか友達とかに売っていました。

でも、私はそれができなかったんです。



その理由は、「それが相手にとってメリットがあるのかがわからないから」



自分が納得できなものは勧められない。


世の中的には、とにかく数字を達成するために手段を選ばないっていうひとも結構いるのだと思います。


それがいい悪いではない。


単に、私がそれができなかった


というか、今もできない。


今は何がいいかというと、自分がいいと思うものを扱えること



自分が本当にいいと思うから、「売る」のではなくて「紹介する」という感覚。

それで相手もいいと思ったらビジネスになるし、思わなかったら何も起こらない。


だからこそ、「相手がいい」と思ってくれるためにどう自分が自信を持って話ができるかがキーなのだと思います。



証券会社のカードは、自信をもって話をすることができなかった。

ただそれだけ。


会社って、そもそも「好きなことをする場所じゃない」っていう人も多くて、そうなのかなと思うときもあります。


だからこそ、ユニコーンでは、社員みんなが「ユニコーンのビジネスはとってもいいものなんだ」と確信できて、

自信を持って人に話すことができる、そんなところを目指しています。


そのために、私は伝えていくという責務がある。



そして社員が自信を持って人に伝えることで、皆さんが幸せになるのだと思っています。



読んでくれてありがとう。





posted by ありーな at 23:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。