世界一の「癒し」社長を目指して

2019年01月16日

コミュニケーションの本質は〇〇を伝えること。

みなさんこんにちは、長坂です。


今日もびっちりいろいろな人に会わせていただきましたよ。


やっぱり仕事でいろんな人に会えるのは楽しいです。人見知りですが。


コミュニケーションをしていて、最近あらためて実感することがあります。


コミュニケーションで大事なのは、


相手が話してほしいことを話すこと。


自分が話したいことを話すのではないんですね。


こんなことを言うと、「そもそも相手が話してほしいことがわからないじゃないですか」ってコメントされます。


だったら聞けばいい。


「どうしてほしいですか?」って。


そもそも人が人と話すときは、何か相手に伝えたいことがある。


ということは、お互いに言いたいことがある。

逆に考えると、お互い、相手のことを聞きたいわけじゃない


なんか難しくなってきたぞ。



まずは自分のことを話したい。

これが一般的に「コミュニケーション」と言われるもの。


この「まずは」というのがポイント。

人が言いたいことって実はシンプルで、そんなに多くない。
ちゃんと話せて満足できると、相手の話を聞く余裕ができる


ってことは?


まずは相手の話を聞いて、相手が話したいことを話してあげれば、相手は満足する。
「自分の話をわかってくれる」ってうれしくなる。


そうしたら、話しを聞いてくれるようになります。


「そんな、相手の話ばかり聞いていたら自分の話なんてできなくなっちゃうんじゃないの?」って思うかも。


そもそも、お互いに自分の言いたいことだけをいうコミュニケーションって、コミュニケーションって言えるんですかね。
ただ話してるだけ。


「相手は自分のことをわかってくれる」って思ったら相手のことも聞く余裕ができる。
それが言葉や意見をキャッチボールするということ。


そのほうが結果的に話が進むんだよね。


論破してYESと言わせたとしても気持ちがついていかないので、結局進まないことが多い。



そんなことを心がけるようになったら、いろんなことが進むようになりましたよ。


基本的に短気なので、時々論破モードになることもあります。

だいたいうまくいかないです。



そんなコミュニケーション、ぜひお試しあれ。


読んでくれてありがとう。


徐々にメール会員登録が増えています。
まだの方はぜひ。

1日にメール会員限定でお得情報を配信する予定です。
今のうちに登録しておいてくださいね。







posted by ありーな at 23:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。