世界一の「癒し」社長を目指して

2017年12月05日

人生はそもそも不安でできている。

みなさんこんにちは、長坂です。

私たちが一番怖いことって、「先が見えないこと」だと思うんですね。

逆に言うと、先が見えれば結構我慢できたり頑張れたりする。

「いつまでこの状態が続くんだろう」って毎日思っていたらやっぱり心が折れちゃう。
「これをしたらうまく行くのだろうか」って悶々と悩んでいたら疲れてくる。


私たちは、先が見えない状態になった時に、「動かない」という選択をすることが多いです。


とりあえず今の状態は「わかる」から。
今に満足している訳ではないけれど、安心感はあるから。

「逃げる」より「動かない」。


ビジネスでは、あまりに斬新でびっくりするような商品サービスに限ってなかなか売れなかったりする。

これを買ってどうなるのかが予想がつかないから。
予想がつかないから、誰かのレビューを見てから判断しよう。


人は基本的に保守的なんですね。


自分が保守的かどうかをチェックする方法は、

コンビニで新商品を見かけたら買うか買わないか。
  1. とりあえず買う
  2. お店の「おすすめ!」って言うPOPがあったら買う
  3. 信頼できる知り合いが勧めてきたら買う
  4. テレビとか雑誌とかネットとかで記事になってきたら買う
  5. 買わない
1に近いほど、「攻める人」ですね。 「変態」とも言います。


実際には、そもそも世の中的に「先の見えないこと」ばっかりですから、止まってばかりもいられなくて、何かしら動くことになります。
動けば新たに学べてそれが前例になって、「先の見える」状態になるから、悪いことではない。

でもその時の不安なこと。
人間の本能に反してるんですから。


そんな時はどうすればいいんでしょうね。


(その1)
徹底的に調べる、準備をする

わからないから不安なのであって、少しでも何かがわかれば安心する。
調べれば何かがわかる。徹底的に準備をすることで「こうなるのかな」ってのがなんとなくわかってくる。


(その2)
成功イメージを思い浮かべる

どうせわからないなら、いいことだけを考えていた方がいい。
だってわからないんだもの。わからないってことは、どんなイメージをしようが自由。


(その3)
なんとかなる。



基本的に変態な私は、先が見えないことばかりやっているような気がします。
「ああこんな感じかな」と思うとなんか飽きちゃう。

「これはよくわからないけどどうなるんだろう」って思うとドキドキする。 ←これ変態。


今の場所が心地よいのであれば、動かなくってもいいよね。ぬくぬく。


心地よくないのであれば、動いてみた方がいいかもね。
止まっているのもストレスだからね。


大丈夫。なんとかなる。



読んでくれてありがとう。



★冬のマンツーマン起業塾の募集が始まりました。年末年始もブレストできます。起業後も無期限サポートなので、おすすめ。
先が見えないところをずっと一緒に進みます。





posted by ありーな at 21:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする