世界一の「癒し」社長を目指して

2017年11月30日

濃密な24時間を過ごしていたら4年がたってしまいました。

みなさんこんにちは、長坂です。


タイトルが怪しすぎる。


今日は起業実現ゼミ24の第15期の最終日でした。

もう15期ですって。早い早い。4年間ですね。

そもそもは、マンツーマン起業塾があまりに実践的すぎて、もうちょっと体系的に教えられる機会があればいいよねっていうのと、
セミナー100本ぐらいやってとっ散らかっていたのをまとめようというのと、
いつもお世話になっているアイエスオーさんが起業コンテンツ欲しいなあっていう諸々の思惑で始まった企画。

3ヶ月=12コマで2時間のセミナーだから合計24時間。

おっ、「24時間で起業を実現する」ってなんかキャッチー。

で、起業実現ゼミ24。

でも実はその元ネタがあったのです。誰も知らない新事実。


















img_7.jpg


アタック25。




クイズかよ。




ビジネスのネタというのは、いろんなところから出てくるものです。(自己弁護)



最初はこれまでやっていたセミナーや起業塾のコンテンツを使っていたのですが、さすがに毎月毎月毎月毎月やり続けていると、どんどんブラッシュアップされていて、今や起業実現ゼミ発のコンテンツも増えてきました。


継続する。



1年2年ではそれを続けるべきかなんてわからない。
3年たって、自分が「続けたいかどうか」を考える。続けたいならとりあえず修正する。
5年たつと、それなりに周りに覚えられる。
そして10年やり続ければどんな人でもプロになる。
                              (長坂語録)

そう考えると、まだまだプロとは言えないな(謙虚)。


老若男女、いろんな層が参加していて、なぜかすでに起業している人が半数以上という、ちょっと珍しいゼミになっています。
最初からそうだなあ。個人事業主の人とか。 濃い濃い。




そんな起業実現ゼミ24、来年以降もまだ特定創業支援事業として続けるようです。

現在は、「横浜で継続的に起業セミナーをしているのがここ」というイメージみたい。
探すと”いつも開催している”のはここだけだって。


でももっと明確に「神奈川で起業の仕方を教えてくれる場といえば「起業実現ゼミ24」」と言われたい。


来年は1月11日に開講です。


元は取れると思いますよ。じゃんじゃんいらしてくださいませ。


読んでくれてありがとう。




★「秋のマンツーマン起業塾」は本日で受付終了です。特典も修了。興味ある方、とりあえず問い合わせください。










posted by ありーな at 22:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月17日

ボージョレヌーボーとマーケティング

みなさんこんにちは、長坂です。


ボージョレヌーボーの季節ですね。

ボージョレヌーボーと言えば、15年ぐらい前でしょうか、会社の近くのイタリアンにランチにいったら、「今日はボージョレヌーボーの日ですから、よかったらどうぞ」ってグラスワインごちそうになったのを覚えています。


おいしかったータダ酒。(おい)


ボージョレと言えば、「今年の出来」のコメントが毎年ありますね。


「10年に一度の出来」
「最高だった○○年に勝るとも劣らない」

2000年・・・出来は上々で申し分の無い仕上がり
2001年・・・ここ10年で最高
2002年・・・過去10年で最高と言われた2001年を上回る出来栄え
2003年・・・100年に一度の出来
2004年・・・香りが良くなかなかの出来栄え
2005年・・・ここ数年で最高
2006年・・・昨年同様良い出来栄え
2007年・・・柔らかく果実味が豊かで上質な味わい
2008年・・・豊かな果実味と程良い酸味が調和した味
2009年・・・50年に一度の出来栄え
2010年・・・1950年以降最高の出来と言われた2009年と同等の出来
2011年・・・近年の当たり年である2009年に匹敵する出来
2012年・・・史上最悪の不作だが品質は良く健全。糖度と酸度のバランスが良く軽やか
2013年・・・ブドウの収穫量は少ないが、みずみずしさが感じられる素晴らしい品質
2014年・・・近年の当たり年である2009年と肩を並べるクオリティ
2015年・・・我がワイン人生最良のヌーヴォー

ちなみに今年は「今世紀最高の出来と言われた2015年を彷彿とさせる芳醇さがあり、溌剌さとエレガンスさも兼ね揃えている」


要はいつもいいんじゃないのか。(禁句)

やっぱりマーケティングは大事なのです、世界的に。
おいしくないなんて言えないからね。


基本的に「お酒の味がわからない」長坂ですが、ここ2年ぐらい、ワインが好きになってきたので、今回は買ってみましたボージョレヌーボー。

感想は。


近年まれに見る、おいしゅうございました。
(注:お酒の味がわからないオトコ)


ちょっと薄いので、ボルドーおかわり。

ベロベロ。

金曜日だからね、たまにはゆるゆるで。


読んでくれてありがとう。


2010年から続けているマンツーマン起業塾、2017年は「近年まれに見るクオリティの高さ」。
キャンペーンは11月で終了。問い合わせた人だけに教える内容です。
迷わずコンタクトを。
http://www.arys.jp/modules/seminar/index.php?sid=584




posted by ありーな at 21:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月16日

結局のところ、傾向とかパターンとか子供の頃から何も変わらないわけで。

みなさんこんにちは、長坂です。

小学校5年生のときに、街に突然プロ野球チームがやってきました。

そう、横浜大洋ホエールズです。

横浜に来る前の大洋ホエールズは川崎フランチャイズでしたが、周りにファンの子供たちなんで全然いなくて、ほとんどが巨人ファンばかりだった記憶があります。昭和な時代。


ちなみに私は阪急(現オリックス)だったんですが(常に傍流)。


横浜にプロチームが来て、街中がなんだか妙に盛り上がって、気がついたら「大洋ホエールズ友の会」ってのに入ってました。


細かいことはよく覚えてないのですが、年に何回か試合を見に行けたんですね。
友達とナイター見に行った記憶があります、子供たちだけで(当時小学校5年生)。


平和な時代。


横浜大洋はそんなに強くなかったですが、平松とか、遠藤とか、松原とか、田代とか、結構個性的な選手が多くて楽しかったですね。ミヤーンっていう猫みたいな選手もいました。名手山下とか。ヒゲの斎藤もいたな。

あ、ウィキペディア見たら横浜2年目に2位になってた。びっくり。


でも、中学生になったらいつのまにか大洋熱も冷めて、球場に行くこともなくなりました。
子供ってすぐ冷めちゃう。

でも、横浜スタジアムと横浜大洋は常に近い存在だったように思います
98年に日本一になった時、嬉しかったもの。


大人になって、横浜からも離れて、球団もDeNAになって、そもそも野球を見なくなって、20年以上もたっていたんですが、最近横浜にいる時間が長くなって、横浜のお客さんも増えてきて、時々DeNAの話が出てくる。


へー頑張ってるんだねえぐらいだったんですが。


今回の日本シリーズ出場でまたすっかりファンになってしまいました。


昔の大洋の時みたいに個々の選手に個性があるし、ラミちゃんかっこいい。
そして何より試合が面白いじゃないか。ホームランガッツんガツン。ノーヒットノーラン寸前とか。
でも守備とか連携プレーとか粗いねえ。

なんか、横浜の街の雰囲気が当時の雰囲気に似てる。静かに燃えるみたいな←横浜人の特徴



これは私の好みの傾向なんですが、完成しきったものってあまりそそられない。


なんか「すき」がある方が「スキ」(ダジャレ)。

かっこよく言うなら、未完成の美ってやつ? ←かっこいいのか?


穴がボコボコ空いてた方が人間くさいじゃないですか、ぷ〜ん。


おいってところでチョンボしたり、コケたりするからハラハラドキドキする。
だからこそうまくいった時の嬉しさがハンパない。


あーこれって私の生き方そのものだわ。


・・・変なところに落ち着いてしまいました。


思えば起業なんてのもそもそもは何もないところから作り上げるので、未完成の美そのものなのかもしれない。
そして、そのサポートを通じて、一緒にハラハラドキドキしながら喜びを共に分かち合う、成長を実感できるから起業塾を続けているんだな。


今に見てろよ、のし上がってやる。


起業する人はこんなギラギラした想いを心のどこかで想ってたりするからおもしろい。
それぐらいでちょうどいい。私も思ってる。



話を戻すと、来年はベイスターズを応援することに決めました。
いつかスタジアムに広告打ちたいなあ。←とりあえず言っておくのが大事。




読んでくれてありがとう。


秋のマンツーマン起業塾の募集は今月限り。
問い合わせをしてくれた人には特典をつけていますので、思い立ったら問い合わせ。
動いた人が得をするシステムです。




posted by ありーな at 09:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする