世界一の「癒し」社長を目指して

2017年08月03日

「困ったとき」にこそ付加価値がマシマシに現れる。

みなさんこんにちは、長坂です。


終了期限を持たずにマンツーマンでずっと相談に乗る起業塾ですが、連日いろんな人がいろんなテーマで相談に来ます。

もちろん、ビジネスの組み立てとかビジネスプランとか、戦略づくりとか、そういうテーマが多いですが、

実際のところ、「困ったこと」が相談テーマだったりすることも多いです。
そしてそれは起業する前と後でそんなに変わりません。

起業する前で多いのは


周囲(パートナー、親族等)が反対していてどうしよう


そんな時は、相手の性格とか言っていることとかを聞きながら、戦略を練ります

要は、「こういう風に言ってごらん」「ここを確認しておいで」といったアドバイスをする。


本人とパートナーと私の三人で会って話をしたこともあります。
目の前で親子喧嘩始まる、みたいな。


やっぱり起業って、周囲から言ったら不安以外のなにものでもない。
でもしっかりと筋を通しておかないと、後でいろんな問題が生じる。


起業した後にやっぱり多いのは


もうビジネスを続けられないんじゃないか


というテーマ。


支払ができない
お金を返せない
貯金がなくなってくる
取引先とトラブルが起きた
いきなり契約を切られそう
妻が・・・(言えない)。


通帳を見ながら、「この支出はやめて、この返済は伸ばして」っていう具体的な話をしたこともあります。
契約の内容を見て交渉の仕方をアドバイスしたりとか。

このときは、相手の性格とか、状況に合わせてアドバイスをしています。

相手によっては「もうやめた方がいいかも」ということもあります。
同じような状況でも他の人には「まだ全然続けられるよ」って言ったりもする。

その人その人によって言うことは変わる。
だって、人それぞれストレス体制も違うし価値観も違うし行動の仕方も違う。


これがマンツーマンの良さなんだなといつも思います。


そんな、「ビジネスを創る」サポートだけでなく、「トラブル対応」(プライベート含む)も含めていろいろ話をしている起業塾ですが、それが私の付加価値なのかなと思います。

おそらく、会社員時代の知識と経験では、相談に乗ることはできなかったんじゃないかなと思う。

そして、こういった相談があるからこそ、期限を区切らないことがいいのかなと思います。
だって、「困ったこと」なんて、ビジネスをしている限りずーーーーっと続くんだから


「困ったこと」って、悲しいぐらい誰にも相談できないんだよね。

相談に乗るといわれても誰でもいいわけじゃない。


自分のことをわかっている人
ニュートラルに聞いてくれる人
自分に合ったアドバイスをしてくれる人
自分を守ってくれる人

誰かいますか?


いい時も悪いときもいつでも変わらずに接して心地よく生きていける道をずっと一緒に考える。


マンツーマン起業塾はそんな場所で居続けようと思います。


生涯のビジネスパートナーを手にしませんか。


読んでくれてありがとう。
















posted by ありーな at 13:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする