世界一の「癒し」社長を目指して

2017年01月08日

大人であること、子供でいること。

みなさんこんにちは、長坂です。

正月休みが終わったと思ったら三連休。
街中がのんびりしている気がします。

私も、今年は結構休んでみました。
正月は飲んで→寝て→飲んで→寝て→飲んで→寝て。


この三連休もかなりゆるゆるです。


こんなにゆるゆるなのは、会社員の時以来でしょうか。ってことは14年ぶり!?

なんだか新鮮です。


そういえば、明日は成人の日なんですね。

今日ぐらいから、成人式が開催されているようです。

ちなみに私は成人式に出ていません。


友達いなくて。 (ずーん)


だいたい成人式の時って、小学校中学校の時の友達と集まるのでしょうが、なんかそのときは離れちゃっていました。


当時は横浜に住んでいたのですが、今って横浜アリーナなんですよね。コンサート付きってのを聞いたことがあります。
私のときは県民ホール?だった気が。

いいなー。(行かなかったのに)


二十歳の時はまだ横浜の実家にいたので、自立していたとは言えないですが、なんとなく、「大人の仲間入りなんだな」って思っていた気がします。

中学校ぐらいから、ずっと早く大人になりたいって思っていました。

子供だと大人がナメて対応してくるのが嫌でした。
お店に行くと特に。

子供は子供なりの世界観があって、実はいろいろ考えているし、ストレートに物事を見るので本質的だったりする。
「子供だから」って思うのは、単に大人が優位に立ちたいから、そんなことを考えていた記憶があります(マセガキ)。


その思いは今もあって、子供に対しても大人に対しても、私は対応も話し方も変わりません。
むしろ、子供たちから学ぶことが結構ある。本質的だから。


小学生が起業をしたらいい。


そんなことを真剣に考えています。
よっぽどいいものを作るかもしれない。

だから実はマンツーマン起業塾は年齢制限は上も下もありません。
自分の子供を起業させたいと思っているお父様お母様、ご連絡お待ちします。

そういえば、マンツーマン起業塾は終了期限がないんでした。

7歳の子供が入会したら、30年ぐらいのおつきあいをするかもしれない。

塾生37歳。

私78歳。


長生きさせていただきます。


読んでくれてありがとう。






posted by ありーな at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。