世界一の「癒し」社長を目指して

2015年06月28日

張り詰めたものから生まれる美しさ。※36回目※

みなさんこんにちは、長坂です。

金曜日のビズマッチ決勝大会、無事終えることができました。

決勝大会の会場は、歌舞伎町のど真ん中にあって、ビルに「I LOVE 歌舞伎町」って書いてあるぐらい怪しいところでやってるんですけど、ビズマッチ自体はものすごい緊張感に包まれます。

一番すごいのは実はリハの時。
もう、ピンと張った空気が張り詰めています。

針を指すと破裂しそうなぐらいパンパンの風船みたい。


この雰囲気が私は大好き。
だって起業したら毎日が勝負日なんだもの。


ビズマッチはリスナーの投票ですべてが決まるのですが、今回も上位3名が決まりました。
何度もブログにビズマッチのことを書かせてもらったので、今日はそのご報告です。


3位は                         じゃじゃん。


日本の盆栽鉢を世界へ! 海外の盆栽ファンを虜にする逸品鉢ストア「YUKIMONO」 /笠井有紀子さん


世界販売をすでに始めているだけあって、プレゼンテーションでは抜群の安定感でした。
笠井さんはYUKIMONOの世界観に人を巻き込むんですよねー。


そして2位は                      じゃじゃじゃん!


グローバル教育の新しい形!楽しく役立つ異文化交流「KeyNoters」 / 岩丸珠緒さん



私すっかり忘れていたんですが、岩丸さん、リアル予選でも負けて、web投票でも落ちて、なんとかワイルドカード枠でファイナルに進んだんです。

でも結果として2位でした。

何度負けても挑戦して最後に結果を出す。まさに起業。


そして第3回ビズマッチ決勝大会の優勝者は  


じゃじゃじゃじゃじゃん!(微妙にウザい)


訪問型靴磨きサービス /堀江淳太さん


圧勝でした。
おそらく、「わかりやすい」「イメージしやすい」というところが票につながったんじゃないかと思います。
「7/7に会社設立→サービス開始」というリアル感もプラスだったと思います。

リスナーの人の投票だけでいいビジネスが決まる、ビズマッチらしい優勝者じゃないかと思います。

これからは勝手に「ザ・ビズマッチ」と呼ぼうと思います。


でも、今回の発表者は全員、ふつーにビジネスとして立ちあがるんじゃないかと思うような内容でした。
ちょっとした差なのかなと思います。


緊張で張り詰めて、ギリギリのところでプレゼンをして、どこか突き抜けることができた人が人の心を打つことができる。

そんな姿は本当に美しいです。
これは本当に真剣に取り組んだ人でなければでない美しさ。


決勝大会の様子は、近々サイトに特設ページをアップしますので、もう少しお待ちくださいね。
当日の動画もアップできるかと思います。


そんな決勝大会が終わったのもつかの間、ネット上では次のファイナリストに向けてのweb投票が開催されています。
これもまた熱い戦いになっています。
http://www.bizmatchweb.jp


こちらもみなさんの投票だけでファイナリストが決まります。

投票は3日まで。まだ投票されていないみなさま、是非投票してみてくださいね。


読んでくれてありがとう。



posted by ありーな at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月25日

いよいよ明日で緊張で過食がとまらない。※35回目※

みなさんこんにちは、長坂です。

前日はいつも緊張します。

そう、明日はビズマッチの決勝大会です。

なんで緊張するかって?


目立たないようにしなきゃと思って。


いや、ビズマッチの主役はプレゼンターのみなさんなので。

小さくなれるもんならなりたい(腹が)


ビズマッチもちょうど1年たって、決勝大会も3回目になりましたよ。
最初は人形町のへんてこりんなカフェの有効利用という、アリスではよくありがちなこの場所でないかできないか的なノリで始めたビズマッチですが、いつのまにかアリスの中でも大切な事業になってきました。

最近、「がんばってるヒトをみんなで何かを応援しよう」という雰囲気があるじゃないですか。
クラウドファンディングなんてのもそうです。
そもそもはオリンピックとかワールドカップで日本を応援するなんてのもそうですね。

お店の常連になるのも、ある意味「応援する」っていう気持ちがあるんだと思います。

インディーズバンドとか、かけだしのタレントとか、そういった人たちを応援するときってあるじゃないですか。


がんばっている人を応援すると自分もなんだか元気になったり、刺激を受けたり。


そして応援される側。
人は応援されるとものすごいパワーを発揮するもんです。

でも起業したての頃って孤独なんですね。
だって誰も知らないんだもの、自分のこともサービス商品のことも。
でもがんばってると少しずつ少しずつ、応援してくれる人がでてきて、その数がどんどん膨らんで、たくさんの人にいいものを届けることができるようになる。


ビズマッチは、そんな「がんばってる人を応援したい」人と、「みんなのためにがんばる」人をつなげることがそもそもの目的です。


プレゼンターのみなさん、本当に「ゼロ」から作り出しているので、まだ全然未成熟だと思います。
でも、未成熟だからこそかいまみえる「キラキラしたもの」がある。


ビズマッチではそれを感じてもらいたいです。
ビズマッチの審査基準は難しいことは何もなくて「おもしろそう」「使ってみたい」「話をもっと聞きたい」の3つだけ。


あなたの原石を見つけてみてください。


何年かたって、「ああ、あのときに応援したビジネスがこんなになってるんだ」ってのをふっとみなさんが思ってくれたらいいなと思います。


明日のプレゼンターはこちらです。
◎旅を通じて成長をー。誰もが成長を実感できる、旅の新しいカタチを発信するウェブサイト /三田 浩史 氏
◎ヨーロッパのかわいい街を日本に!「ヨーロッパタウン」プロジェクト / フェアリーテイル 代表 マイマイ 氏
◎日本の盆栽鉢を世界へ! 海外の盆栽ファンを虜にする逸品鉢ストア「YUKIMONO」 /笠井有紀子 氏
◎訪問型靴磨きサービス /堀江淳太 氏
◎楽しく作って美味しくいただく。食事制限のある方(糖尿病) とそのご家族のためのお料理教室♪ /舘野美幸 氏
◎グローバル教育の新しい形!楽しく役立つ異文化交流「KeyNoters」 / 岩丸珠緒 氏


コンテストが終わったら、好きなだけ飲んでください。
そう、飲み放題です。 どんなコンテストだよ

だから結果発表の時はみんなぐでんぐでんです。

そんなゆるいビズマッチ、あと少しお席ご用意できそうです。

ぜひいらしてくださいね。

日本全国のすべての人に一度はビズマッチにきてもらいたい。
だってこれからのイベントなんだもの。

ビズマッチの詳細はこちら↓
http://kokucheese.com/event/index/305329/

読んでくれてありがとう。
posted by ありーな at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月21日

とりあえずやってしまえ。※34回目※

みなさんこんにちは、長坂です。


会社員時代によく上司から言われたことがあります。


動く前によく考えろ。

軽はずみな行動はするな。


おそらく、ほとんどの会社員の方は一度はこのようなことを言われているんじゃないかと思います。


でも、お勉強と違って、仕事のほとんどって、考えても正解がわからないことのほうが多いですよね。


そんなときに多くの人はどのような行動を取るかというと、


動くのをやめる


そもそも私たちって保守的なところがあって、先の見えないことを恐れたりする。


だから、よくわからないことが出てくると、考えて、でも答えがでなくて、結果的に動くことをやめる。


動いて失敗したら周りに何を言われるかわからない。
というよりも、何より失敗した自分が恥ずかしい。


こんな想いがぐるぐるぐるぐる。


答えが出ないことを考える状態を、実は「悩む」と言います。


どうやったら動けるかを「考える」。
動くべきか動かざるべきかを「悩む」。

似てるようでちょっと違う。


考えても答えがわからないのなら、とりあえず動いてしまったほうがいい。
動かなければ答えも出ない。
動くから何かの答えが出たりする。


もちろん失敗することはありますよ。
というか、失敗することの方が多いかもしれない。


失敗したら「ごめんなさい」って謝ればいいじゃない。


この世の中、謝ってすまないことのほうが少ない。なんとかなるようにできている。


実は、動いて失敗したことが問題というより、
失敗してそれをごまかそうとしたときのほうが問題になる。


いわゆる隠蔽ってやつ。


隠蔽がうまくいくためしがない。


失敗したらごめんなさいして、思いっきり反省して、何で失敗したのかを考えて考えて、次にまた動けばいい。


起業においては、動かないことのほうが損失。もったいない。

だって、何が正しいかなんてわからないんだもの。


動くからこそわかることがある。



読んでくれてありがとう。


※注※
アマゾンでなぜか新品の「SWOT分析で攻略する 就活面接試験」を買えなくなってしまいました。
現在プレミアムがついた中古品が出品されていますが、他のネットショップ、書店にはまだ在庫あります。
というか、在庫がなくなるなんてことは当分ないと思いますよ。



posted by ありーな at 01:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月19日

こころにグサリと刺さる言葉を紡ぐのって難しい。※33回目※

みなさんこんにちは、長坂です。

最近、ちょっとしたキャッチというか、コピーというか、を考えることが多くなっています。

キャッチ、難しいですよね。

だいたいドツボにハマります。

ドツボにハマるとどうなるかというと、


マニアックになります。


そんな言葉だれにも刺さらねーよっていうぐらい。


基本的に人とちょっと感覚が違っているみたいなので、ヤバイことになります。

調子に乗ったりした時はだいたい、

孤独感を味わうことに。


だーれもいないー♪


そんな時は心の中で


「ふつーの人になーれ ふつーの人になーれ」


と念じるのですが、そもそもフツーの人がどうなのかがわからなかったりする

自分オワッテル。


だから人の観察とコミュニケーションは欠かせません。

そうかみんなこう考えるのか。とか。 どこのひとだよ。


そんな風にひねり出してセミナータイトルとか作って、お褒めの言葉をいただいたりするのが救いだったりします。


ちなみに、


しあわせって何ですか?


(とうとう長坂がヤバイところに行ってしまった。)


いやそうじゃなくて。


それが今考えているキャッチのひとつ。


ちゃんと考えてみると深いですね。

せっかくなので心に響く言葉を紡ぎ出そうと思います。


来月ぐらいには出せるかな。


お楽しみに。


読んでくれてありがとう。








posted by ありーな at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月18日

もはや未体験ゾーンすぎて日々の行動が病的。※32回目※

みなさんこんにちは、長坂です。

基本的に「ランキングフェチ」なので、SWOT就活の本のランキングを見る頻度が病的なのですが。

最近ランキングのゆれ幅がすごいです。

一昨日は確か「面接対策」のジャンルで97位とかで、「あーもうすぐ圏外だなあ」と思っていたんですが、
さっき見たら12位になっていました。
※このブログが出るときにはすでにランキング変わってる可能性が大。

これはもう、予想するに;


1-100位の各順位の差が1冊ぐらいしかないに違いない。


ランキングの意味ねーよ。


もう一ついいことがありました。

数フェチな私は病的なほどマメに本屋をチェックするのですが。

先日在庫切れになっていた丸善ジュンク堂渋谷店。

ネットで見たら「入荷」になってる!ということで早速見に行ってみました。

今回は何冊置いてくれてるんだろうなあ。
前回3冊だったから、5冊ぐらいかなあ。

とか妄想暴走で。


着いた。



10301507_939238482763288_9096532825540680613_n.jpg



おおおおお!


表紙見えるじゃん。


ちなみに後ろも全部swot就活ですよ。←わかるひとはわかる。


丸善、なんてステキなんだ!


また病的に毎日チェックする毎日が始まりそうです。



今回、不思議な体験をしています。

今までの私がしてきた仕事って、お客様の顔が見えるものばかりだったんですね。

今回はだれが買ってくれているか全くわからない。どれぐらい買ってくれているのかもわからない。

でも、自分の知らないところで何かが動く。


もどかしさもあり、驚きもある。

でもとっても嬉しいです。


嬉しくて編集者のZさんにメールをしたところ、その返事が、


私の母に見せたのですが、読みやすいし勉強になると言っていました。」


老若男女に受け入れられるSWOT就活本。


そもそもこの本は読む人の環境とか興味関心によっていろんな捉え方ができるようにしています。
というか、そうなってしまいました。


たくさんの人に届いたらいいな。


そんな「SWOT分析で攻略する 就活面接試験」はこちらからも購入できます。
http://www.amazon.co.jp/dp/4806915009


読んでくれてありがとう。

posted by ありーな at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 執筆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月14日

いろいろな出会いの中で素晴らしいものに出会えるありがたさ。※31回目※

みなさんこんにちは、長坂です。

先日、とある団体のビジネスプラン発表会に参加してきました。


とある団体とは、「チームで学ぶマーケティング講座」です。

とりあえず、略して「チーマー」と呼ばせていただきます。(絶対怒られる)


チーマーとの出会いは、本郷での朝セミでした。
その時「リーンスタートアップ」を扱っていたんですね。

その時はなぜか満席で。

「なんか若い人たちがいるなー」と思っていたら、終了後話に来てくれて。

東大の4年生。そのときにチーマーの存在を知りました。
毎年、大学生を集めて、起業のプロジェクトを開催しているのだそうです。

聞けば7年も任意団体として続けていると。
すげー。

で、リーンスタートアップの講義をしてほしいとの依頼がありました。

即OKしました (かるっかる)

結局、「ヒアリング」の講座も担当させていただき、先日は発表会というのでお呼ばれしました。


審査員として


実は審査員苦手です。
だいたいどんなビジネスも面白いと思ってしまうので。
というか、実現しないビジネスなんてないと思っているので。


当日はとても楽しかったです。
仕事柄、いろんは人のプレゼンを聞きます。
毎月ビズマッチでのプレゼンアドバイスもしていたり。


正直言って、ものすごく楽しかったし、素晴らしかったです。


起業において学生とか、社会人とか、全く関係ないなと改めて思いました。

実はこれ、大事なポイントで、

多くの人は、「年を取っている」とか「経験が長い」のが偉いと思ったりしますが、私からするとこういったのって起業についてはどうでもいい。

逆に、社会人が長ければ長いほど、起業においては足かせになるように思うことが多々あります。


「社会ではこれが当たり前」という、変な常識観と経験が、ビジネスアイデアの邪魔をするんですね。


おそらく、ビジネスアイデアの発想力で言えば、小学生が一番面白いと思いますよ。

そして、小学生が考えたアイデアだって、実はほとんどが実現できる。


もっとよかったことがあります。

このチームで学ぶマーケティング講座」、OBOGの方が毎年運営をするのだそうです。
そして、OBOGの方がチューターとなって、大学生の皆さんを日々サポートしている。

この雰囲気が、ものすごくいいのです。

なんか、みんなで作り上げてる感満載。もう、こういうの大好きです。


7年も続けていますが、ほんとにみんなの手弁当でやっているそうです。

これにもびっくり。


大企業、何してるんだ。


世の中には素晴らしい活動をしている団体がたくさんあるんじゃないかと感じました。

結局、目に見えてるのって、PR力が強かったりとか、政治的な動きが得意だったりとかってのもあったりして。

それはそれで大切だと思いますが、目に見えるものばかりを追っていると、いろんなものが見えなくなってしまうかもしれない


チーマーに会えたのがなんだか嬉しくて、ブログにしてしまいました。

今回の発表会は前期で、後期にはもっとブラッシュアップするのだそうです。
楽しみです。


読んでくれてありがとう。
posted by ありーな at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月12日

夜の顔と朝の顔。※30回目※

みなさんこんにちは、長坂です。


毎週、火曜と木曜の夜は多忙です。

いわゆる夜のお仕事です。


最近は夜のお仕事は減りました。

昔、1000円セミナーをしていたころは、セミナー終了22時。それが月から金まで。


おかげさまでお友達がずいぶん減りました。 

そんな時間から飲みに行ける人なんてそんなに多くない。 (いるけど)

女性コミュニティ「ファム」をしていたときも、終了21時。それも月から金まで。


誰も飲みに誘ってくれないようになりました。


こういうのを「孤独なワーカホリック」と言うのでしょうか。


朝活セミナーをやるようになってから、夜のお仕事(セミナー)は意識的に減らしていきました。

でも今度は朝が早すぎて、夜に飲みに行けなくなりました。


ネボウシタラシャレニナラナイ。


いつのまに飲みの話しになっているのでしょうか。

そんな下世話な話をしているわけではありません。


夜のお仕事の話です! ※ちなみにシラフです※


たまにものすごくくだらないブログを書きたくなるのです。


そして、今は火曜のschooと木曜の起業実現ゼミの2日だけ、セミナーをするようになりました。

もっと夜にセミナーをしてくれと言っていただけますが、朝活セミナーをやっている間は


朝のながさか


でいようと思います。


2日だけ夜の顔ね。


実は今日はそんなことを話そうと思っていたのではないのです。

8月末から、横浜で「創業スクール」を開催することが決まりました。
「地域創業促進支援事業」と呼ばれる補助金事業です。
今回のコンセプトは「1人起業から始める創業スクール」。

起業実現ゼミとはちょっとコンセプトを変えて、「ひとり起業」にフォーカスした講義をしようと思います。


行政認定の創業スクールなので、参加費はなんと1万円!
1日のスクールじゃないですよ。なんと36時間!!


正式な告知はもう少し先になると思いますが、取り急ぎお知らせしました。

早くも興味ある!と言うかたはこちらからお問い合わせ下さい。
http://www.arys.jp/modules/liaise/index.php?form_id=5


気になる講座のスケジュールですが、

前フリしたように、



土曜の朝から夕方までです。



前フリ意味ないじゃん。

ってか、タイトル自体が意味ないじゃん。


読んでくれてありがとう。


posted by ありーな at 01:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月10日

コアは外さず使いやすくなる方法を考える。(トラウマ克服執筆日記(4))※29回目※

みなさんこんにちは、長坂です。

執筆の続きです。

打ち合わせの時に言われたテーマが「SWOT自己分析」。

SWOT分析は、そもそもは経営コンサルティングの世界では一般的な「戦略フレームワーク」のひとつで、セミナーや講座でも「SWOT分析のまとめかた」を講義しているので、書くことに何の問題もない。


あれを就活に応用すればいいのねーと結構気楽な感じでした。


戦略フレームワークの中では、SWOTはこんな感じでまとめられます。
S・・・自社の強み
W・・・自社の弱み
O・・・自社においてビジネスチャンスになる外部環境
T・・・自社においてビジネスリスクになる外部環境


就活においてSとWはそのまま「自分の強みと弱み」にまとめればいいよね。
で、OとT。

外部環境。

外部環境。


就活で外部環境とは何ぞや


よく就活SWOTで言われるのは、「業界の環境」。


「業界環境」からみて自己PRってできるか?
そもそも、「業界環境ってなんだ?」


結構そもそもから考え始めてしまったのです。

これは私のいいところでもあり悪いところでもあるのですが、


実際に使えなければ意味がない


例えば、「IT業界もこれからは海外に進出することがキーワード」とかあったとして、

自己PR:
「IT業界はこれから海外進出がキーワードと聞いています。私は語学も堪能で海外に興味があるので、貴社で強みを発揮できると思います」


これって響くか?


あまりにバックリしすぎて、とても使える自己分析、自己PRにならない。


この本はSWOT分析の一般的な使い方を教えるのが目的なのではなくて、


1人でも多くの人がSWOT分析を使って最強の自己PRを作り出して、心地よい人生を送ってもらいたい。


というわけで、この本の中では、ちょっと工夫しました。

どう工夫したかは、ぜひ中味を読んでください。(宣伝)


昔から、あるものをそのまま使うのではなく、『こうしたほうがいいんじゃないか』と思って勝手に変えてしまうということがありました。

ある会社では、それをしてものすごく怒られましたね。
アメリカの大学院では、教授から「お前はめんどくさい」と言われました。


コアさえブレなければ、方法論はいろいろあるんですね。

SWOTのコアは、
外部環境の追い風を利用して、自分の強みを最大限に活かすこと。

この本は、実用性の高いものになっていると思います。


俺がルールブックだ。 おいおい言っちゃったよ。


そんな「SWOT分析で攻略する 就活面接試験」の購入はこちらから↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4806915009

書店は丸善・ジュンク堂、ブックファースト、紀伊国屋等であればだいたい置いてます。


読んでくれてありがとう。

posted by ありーな at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月08日

張り詰めた空気の中から生まれるものがある「ビズマッチ」。 ※28回目※

みなさんこんにちは、長坂です。

今回は執筆シリーズではなくてビズマッチのお話。

そう、26日(金)に第3回ビズマッチの決勝大会が開催されるのです。
概要はこちら→ http://kokucheese.com/event/index/305329/

今回は6名の方がプレゼンターです。
・ヨーロッパのかわいい街を日本に!「ヨーロッパタウン」プロジェクト / フェアリーテイル 代表 マイマイ 氏
・旅を通じて成長をー。誰もが成長を実感できる、旅の新しいカタチを発信するウェブサイト /三田 浩史 氏
・日本の盆栽鉢を世界へ! 海外の盆栽ファンを虜にする逸品鉢ストア「YUKIMONO」 /笠井有紀子 氏
・訪問型靴磨きサービス /堀江淳太 氏
・楽しく作って美味しくいただく。食事制限のある方(糖尿病) とそのご家族のためのお料理教室♪ 
/舘野美幸 氏
・グローバル教育の新しい形!楽しく役立つ異文化交流「KeyNoters」 / 岩丸珠緒 氏

今回のメンバーが決まる予選会は熾烈でした。
特に最終日はweb投票至上まれにみるアクセス数。

世界39カ国がビズマッチサイトを閲覧しているという、おそろしくグローバルなものとなりました。


web怖い。


これまで2回ファイナルが行われましたが、面白い傾向があります。

【1回目】1位、2位女性  3位男性
【2回目】1位女性 2位男性 3位女性


女子強し。


今回のファイナルは4名が女性、2名が男性です。

はてさてどうなりますやら。


ビズマッチはリスナーの方が「おもしろい」と思ったものに投票する、完全リスナー参加型のコンテストです。

だから審査基準は「おもしろい」とか「利用してみたい」とか「もっと話が聞きたい」とかのシンプルなもの。


起業したてのころって、自分のサービスとか商品、ほんとに誰も知らないんですね。

だから、応援してくれる人が少しでもいたらすごくうれしいし、力になる。


ユーザーの方は厳しいです。
中途半端なことをしている人を応援なんて絶対にしない。

決勝大会はプレゼンターにとって、実に緊張する場のようです。
もう、ピンと張り詰めた空気が漂います。


真剣だからこそ人のこころを動かすことができる。


真剣な空気の場って日常ではなかなか体験できない。
ビズマッチはそんな雰囲気を味わうことができると思いますよ。

ちなみに能天気なのは私だけです。(おい)


ビズマッチは本当にいろいろな人が来てくれたらいいなと思います。

こう、「駆け出しのアーティストが売れるように応援する」みたいな。


「ああ、あのビジネスねー、まだ誰も知らない頃から目をつけてたんだよね。」


そんなこと言っちゃってください。



二次会は交流会ですが、ドリンク飲み放題。
もう好きなだけ飲んでください。ガブガブ。


基本的にビズマッチはユルイのですが、締めの授賞式はお酒も入ってもうユルユルです。


そんなビズマッチですが、みなさまのお越しをお待ちしています。

「自分、別に起業はしないけど、新しいビジネスを聞いてみたい」

そんな方、ウェルカムです!


みなさまのお越しをお待ちしております。

第3回ビズマッチ決勝大会の概要はこちら↓
概要はこちら→ http://kokucheese.com/event/index/305329/


読んでくれてありがとう。


posted by ありーな at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月07日

違うようで同じものに気づいたら楽になった(トラウマ克服執筆日記(3)) ※27回目※

みなさんこんにちは、長坂です。

「長坂さんいろんなことをやってますね」
よく言われます。
おそらくそう見えるのだろうなと思います。

特に、起業アドバイザーには、「会社員なんかより起業のほうが自分の好きなことができるじゃないか!」という人が少なくありません。

そこからすると、起業アドバイザーをしている人が就活本を書くのは違和感があるかもしれません。


この話が来たときに、改めて自分の「コア」を見つめてみました。

私のコアはアリスカンパニーの企業理念にある
「すべての人が心地よく生きていける社会を作るためにあらゆるサービスを提供する」です。

みんなが心地よく生きていけるのであればそれでいい。

それが起業であれば起業だし、
会社に入って心地よく生きていけるのであればそれもいい。


実際のところ「心地よく生きる」ってのはいろいろ大変で、


自分を見つめなきゃいけないし

自分のコアに気づかないといけないし

そのコアを満たすためにすることを考えなきゃいけないし

それを周りの人に伝えてわかってもらわなきゃいけない。


そんなことを考えながら就活のことを考えていたら、ひとつの答えが出ました。


就活は営業だ。


営業で必要なことは2つ。
1.商品・サービスのセールスポイントを知り、魅力的にPRする
2.相手の興味を知り、琴線に触れる

就活がまさにそうです。

いくら自分の強みを力強くPRしたところで、面接担当者に響かなければなんの意味もない。

「あなたが面接で「自分が話したいことを話す」限り、人気企業には採用されません。

その一文からこの本を始めたののには、そんな理由(わけ)があります。

そして、「自分のPR」と「企業が知りたいこと」を合わせるために必要なことは、

(1)自分を知る (自己の棚卸し)
(2)自分を分析する (SWOT分析)
(3)企業を知る (企業分析)
(4)自己PRを作る (最強の自己PRづくり)
(5)自己PRを相手に伝わるようにまとめる (ロジカルシンキング)
(6)面接で相手の印象をよくする (ノンバーバルコミュニケーション)
(7)将来の自分の人生計画を立てる (アクションプラン)
(8)これから起こりうるストレスに対処する (メンタルケア)

なんだ、いままで自分がやってきたことと同じじゃん。

この8項目って、今までセミナーでやってきたことだったのです。


これを全部入れ込むことにしました。

例えば企業分析では、M&Aアドバイザーの時にしていたような企業分析の仕方が書いてあります。
「株価の見方」とか(笑)。そんな就活本はないに違いない。


だからこの本は、私にとって「チャレンジをする」というよりも、「今までやってきたことを『就活』という切り口でまとめる」ということになったのです。



これまでの人生の中で、「ひとつのことを突き詰められない」トラウマを発想を変えていかしたことで、逆に自分にしかできない強みが生まれて、結果として新しい就活本になったような気がします。


でも、これに気づかせてくれたのは、編集者のZさんがたたき台の目次を作ってくれたおかげです。
Zさん、ありがとう。


そして、ここでスッキリしたのもつかの間、これから先は「スケジュールの戦い」という、もうひとつのトラウマと付き合うことになったのです。

続きは次回に。


読んでくれてありがとう。


長坂初の著書「SWOT分析で攻略する 就活面接試験」の購入はこちらから↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4806915009

posted by ありーな at 14:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 執筆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月06日

執筆を通してトラウマを克服した道のり(2回目)※26回目※

みなさんこんにちは、長坂です。

さっきアマゾンのランキングを見たら、「面接対策」カテゴリーで14位に入っていました。

すげー。

みなさまのおかげです、ありがとうございます。

もしやブログ効果か!?と思い、今日は更新しないつもりだったのにすることにしました。 (ちょーいい加減)※ここまで6/5時点※


結局気絶した。ダメダメ男。


えーと。

続きです。

今回お話をいただいたのは、出版社からではなく、編集社の方からでした。

いきました、とりあえず。

行ってみないとわからないもの。


でも場所について気づいたこと。


名刺切れ。



最悪です。
ビジネスマンとしてありえない。
またやってしまった。(またかよ)


そんなダメダメ男にもかかわらず、担当者と上司の方2名で出迎えて下さいました。
どうやら、いろいろ調べているうちに、私が過去に中小企業庁主催「新卒者応援プロジェクト」の講師をしてたことをネットで知り、コンタクトを取ってくれたそうです。


何がつながるかわからないですね。ありがたいありがたい。


そして出されたテーマは「SWOT分析を使った就活モノ」。
いわゆる自己分析ですね。


今だからこそ言えますが、ちょっと悩みました。

1.お友達に就活のスペシャリストがいっぱい。

人事部出身の方もいますし、ずっとキャリアカウンセラーをしている方もいる。これから就活アドバイザーをしようとしている方もいる。そんな中で、私が出していいのだろうか。

そんな感じです。

起業塾の中でも就活アドバイスをしていますし、私自身結構転職していますから、書けます。SWOTはコンサルティング領域でセミナーもしているからそれも書ける。

うーん。


2.子どもの頃からのちょっとしたトラウマ

実はちょっと前、とある出版社のコンテストに応募していました。
「セミナーもできる著者募集!」みたいな。
要は出版だけじゃなくて、それを元にセミナー講師としても活躍しようって趣旨のコンテストです。


これは私のためにある。


はい、完全なる思いこみです。


結果としては、最終選考まで残ったものの、ファイナルには進めませんでした。
あまりに悔しいので、担当の方のところに押しかけて、「何がダメだったのか」を聞きにいきました。

担当者のお言葉は、

「長坂さんはいろいろ書けるのだろうけれど、逆にセールスポイントが絞りにくい」


これ、実はトラウマ。
子どもの頃からそんなことを言われ続けました。

何か1つに打ちこめない。
「長坂=○○」というものがない。

だっていろんなことに興味が出てしまうんだもの。(開き直り)


ああ、またか。


軽くショックでした。

そんなことがあったために、今回、就活をテーマにした本を書いたら、またそうなるのではあるまいか。


うーん。


でも、せっかくいただいた機会なので、やっぱり書きたいと思いました。


そこで、究極の開き直りを。


そんなトラウマを逆に活かしてしまおう!


そんなことを、話しを聞きながら考えていたのです。

どんなことを考えていたのか?
それはまた次回に。

読んでくれてありがとう。


長坂初の著書「SWOT分析で攻略する 就活面接試験」はこちらから購入できます。在庫切れにならないうちにどうぞ。
http://www.amazon.co.jp/dp/4806915009

posted by ありーな at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 執筆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月04日

執筆を通してトラウマを克服した道のり(1回目) ※25回目※

みなさんこんにちは、長坂です。

本日2回目のブログです。(めずらしい)

せっかくなので、今回の執筆のことについていろいろ書いていこうかと思います。
これから執筆をしたいという人もいるんじゃないかと思って。


あるとき一本の電話がかかってきました。


「理想の体型を手に入れませんか?」  ラ○ザップかよ。


「コピー機買いませんか?」 あるある。


「芸能人がインタビュアーの雑誌に出ませんか?」 ←起業すると一度はかかってくる電話。



本題入れよ。



「執筆お願いできませんか?」


そんな感じだったかと思います。(よく考えたらあまり覚えてない)


でもテーマを聞いたら「就活」。


なぜ就活?


それが率直な最初の感想。

最近はもっぱら「起業支援の長坂」してるので、就活本出しちゃっていいのか?
っていうか、なんで私のところに声がかかったんだ?
確かに昔リクルーティングしてたことはあるけど、それって表に出してなかったし。
もしかして、社長に連れられて六本木のクラブで最終面接をしたのがばれてるのか?(んなわけない)

ぐるぐる頭の中をいろんな想いが巡って、


もしかしてダマサレテル?

という想いにまで(編集者のZさんごめんなさい)。


でもどんな話でもまずは聞いてみるという、フットワークの軽さがポリシーでもあるので、


会うことにしました。(かるっかる。)


会いにいったら驚きの事実が。 (ちょっと昔のブログっぽい)


続きは明日。


読んでくれてありがとう。

そんな流れで執筆した「SWOT分析で攻略する 就活面接試験」の購入はこちらから↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4806915009
posted by ありーな at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ちょっとした応援で人は信じられないパワーを得たりする。 ※24回目※

みなさんこんにちは、長坂です。

ビズマッチのweb投票が3日から始まりました。
7月3日(金)まで投票は受け付けます。

あれ、1日からって言ってなかったっけ?と思った方。

実にするどいです。

ちゃんと理由があるんです。



準備が間に合わなかったから。



大丈夫かよおい。


世の中的には、そういうのは「理由」ではなくて「言い訳」と言います。


ご、ごめんなさい。


ビズマッチもまだこまめにリニューアルをしているのですが、
今回はメール投票を取り入れてみました。

今まではフェイスブック、ツイッター等のSNSを使った投票だけだったんですね。
で、時々「私はフェイスブックもツイッターもやってないから投票できない」という声も聞いていて。


オリジナルの投票ボタンも考えたのですが、それもいろいろ問題がありそうだなと思って。

とりあえずやってみよう!ということになりました。


フタを開けてみたら、これがまた、結構メール投票していただけるんですね。
今回「応援コメント」もつけられるようにしたら、コメントもいただけたりして。


みんなあったかい。


このコメントはプレゼンターの方にお渡しすることにしています。
だってうれしいじゃないですか。

マラソンも、路上の「がんばれー」って声が何よりも励みになるそうです。


人の応援はチカラになる。


今回も10人が動画を公開しています。

テーマもいろいろですよ。
・朝スイーツ
・自衛隊と農業
・ヲタク
・子ども服長期レンタル
・シェアコスメ
・和食体験
・シャドウプレイ
・ものづくり本屋
・仕事を楽しくする適職サービス
・危機管理データベース

投票サイト→ http://www.bizmatchweb.jp

このバラエティの多様さはビズマッチならでは。


なんかタイトルに惹かれるものがあったら動画みてみてください。
あまり難しいことを考えずに「おもしろいじゃん」と思ったら投票してみてください。


そのぐらいがちょうどいい。


ビズマッチは「誰だかわからないけど、テーマが興味深くて、がんばってる人を影ながら応援する」場。


かけだしのアーティストを応援する、そんな感じ。


だからいろんな人に見てもらいたいなと思います。


とりあえず、サイトみてみてくださいね。
http://www.bizmatchweb.jp


そうそう、そんなweb投票と並行して、今月の26日(金)には決勝大会も開催されます。
こちらは予選会を勝ち抜いた6名がプレゼンテーションをします。

決勝大会の概要はこちらをクリックください

決勝大会での交流会はドリンク飲み放題。食事もつきます。


ぜひチェックしてみてくださいね。


読んでくれてありがとう。
posted by ありーな at 14:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ビズマッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする