世界一の「癒し」社長を目指して

2014年09月13日

どんなことがあっても軸はぶらさない。

みなさんこんにちは、長坂です。

今日は久しぶりの方がオフィスにいらっしゃいました。

初めての出会いは1000円セミナーよりも前。知る人ぞ知る「キャリアゲートスクール」というコラボビジネスの説明会で出会った方。50代男性です。

こんな人です↓
1970892_799726603381144_5319218274622812942_n.jpg

その時はまだ彼も会社員で、典型的な「会社員脳」だなと思ったのを覚えています。

話も長いし結論もよくわからないし主語が「わたし」じゃない。

でも「これからの人生を考えたら、起業をする最後のチャンスだと思うんです!」
その想いは十分伝わってきた。

その後1000円セミナーに時々来てくれて、起業の相談に乗っていて、ある時突然、

「会社を辞めることにしました!」

彼は一部上場企業、転職なし。あと10年も働けば定年退職で退職金もかなりもらえるでしょう。
すごい決断だなと思いました。

その後も一緒にビジネスを考えて、ビジネスグランプリにも出場して、サービスもオープンさせました。

日に日に、「会社員脳」が「起業家脳」に変わっていくのを目の当たりにしました。


人は意識すれば変われる。


「私はこのビジネスを人生をかけてやると決めているので、絶対にやめません。」

二言目にはそんなことを言う彼をなんとか軌道に乗せる手伝いをしたい、そう思っていました。

でもある時ぱたっと顔を見せなくなって、気が付いたらサイトもなくなっていました。

「ああ、やめちゃったのかな。」
ふとそんなことを思いました。

寂しかったです。残念というより、寂しい。
でも起業の世界ではおかしなことではない。


そして本日久しぶりにオフィスにいらっしゃいました。


やめていませんでした。


むしろ逆で、淡々と自分のビジョンに向けて次なる準備を進めていました。

でもまだ収益化はしていないはず。
日頃何をしているかを聞いてさすがの私もびっくりしました。
それはここには書きませんが、できない人は絶対できない。


今日の彼の一言;

執念だけで生きています。


純粋にすごいなこの人はと思いました。
完全に起業家脳になっていました。


そして、また顔を出してくれることが本当にうれしかった。

いつも言っていますが、アリスカンパニーのマンツーマン起業塾には期限がありません。
ずっと続けることもできるし、いつでも再開することもできる。

今日みたいなことがあるたびに、「期限を作らないでよかった」と思います。

起業塾の人と話していることはビジネスの事だけではないことが多いです。
家族のこと、自分の人生のこと、結構いろいろな話をしています。

今日お話していて、

私は起業塾の方の人生を共有させてもらっている。

そう実感しました。

いろいろな起業塾や創業プロジェクトが世間にはありますが、たぶんまったく違うんだと思います。

目指すものも求めるものも。

その人の人生を一緒に創りたい。


彼とはまた一緒に考えることを再開することになりそうです。ワクワクします。


そんな起業塾も季節が変わって「秋の起業塾」をスタートさせようと思います。
http://www.arys.jp/modules/seminar/?cid=3

「軸をぶらさない人は強い」、今日あらためて思いました。
だから、起業塾の軸もぶらしません。
期限のないマンツーマンで一緒にビジネスを創りだすことは変えません。

またいろんな人に出会えるのが楽しみです。


読んでくれてありがとう。
posted by ありーな at 00:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする