世界一の「癒し」社長を目指して

2014年06月29日

筆進まず話とどこおる。

みなさんこんにちは、長坂です。

ブログ、昨日は何度かテーマを決めて書こうとしたのですが、


なんだか書けませんでした。


今日もそんな状態。


この、時間毎に変わる天気とか、オフィスの一番そばの踏切で真夜中の人身事故とか、新宿の焼身とか、なんだかすごく嫌な感じです。


でも2日ブログは空けたくないので、書いてます。

でもノーテンキな感じで書けなくてごめんなさい。


今日はウェイビーさん主宰の起業プロジェクト「チャレンジャー」のビジネスプラン個別ブラッシュアップでした。いろんな人のビジネスアイデアを聞くのは楽しいです。

アタマがぐるぐるまわります。ぐるぐるぐるぐる。

ぐるぐる回ると言えば、なんだか周りがいろいろ動いています。
私も含めて。


全体がそんな時期なんですかね。


明日には復活しようと思っています。


読んでくれてありがとう。
posted by ありーな at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月27日

思い出はズルズルと。

みなさんこんにちは、長坂です。

ふとした時に昔のことを思い出して、切なくなることってありますよね。


今日はそんな日でした。


自由が丘の駅を降りた瞬間、ふっと思い出したんですよね。


六本木に勤めてた頃、よく行ったラーメン屋。

ちょっと酸味のある担々麺。

六本木ヒルズができる時になくなってしまったので、もう行けません。

ああ、切ない。


レベル低すぎる。


そんな前説で始まる金曜日です。


でも、その坦々麺を思いだしたら、当時一緒に行った人のことや、食べた後に仕事のことを考えながらオフィスに戻ったこと、オフィスの中、いろいろ思いだしてきた。

ああ、あの会社にはバースペースがあったなあ。将来バーをやりたいからそこでカクテルの勉強しようかと思ったけど結局ギムレットしか作れなかったなあ。バーと言えば、昼に○○の社長が来て一緒にうなぎ食べたよなあ。あのうなぎは関東風だったから、蒸してたなあ。やっぱりうなぎは浜松がいいなあ。浜松と言えば、英樹(同い年の親戚)、元気かなあ。


妄想爆走。


そもそもなぜ六本木の坦々麺を思い出したかと言うと、「この前食べた坦々麺、結構辛かったなあ。麺を細麺にしたけど、太麺だったらどうだったかなあ」なんて考えてたから。
六本木の坦々麺は「細麺」だったわけです。


人の記憶はいろいろなことや感情に紐づいていると言います。


坦々麺→細麺→六本木→仕事仲間→仕事→オフィス→バースペース→カクテル→社長と話→うなぎ→浜松→英樹


どんだけ紐づいてるんだよ。


でもそもそもどこから始まっているかというと、「自己の棚卸し」。

最近起業塾に入ってくれた人に自己の棚卸しの説明をしてたんですね、今日。

その中で「記憶が紐づいている」ことについて説明をしていたんです。


何かを思い出そうとすると、なかなか思いだせなかったりする。


そんな時は、全く違うことを思い出してみると、芋づる式に記憶が呼び起こされたりします。


もう、ここに坦々麺と書いただけで、

・エイベックス本社近くの中華料理屋の坦々麺
・渋谷のこの前行ったら味が落ちてた坦々麺
・横浜でまあまあだった坦々麺

こんなのがズルズルと出てきます。
それに合わせてまたその時に一緒に食べた人とか、その時の気持ちとかも思いだしてくるわけです。


もう少し違った例えはないのかよ。


思いだせないときはその前後とか周辺とかのことを何でもいいから思いだしてみる。


そうすると、思いだしたいものが思い出せたりしますよ。


読んでくれてありがとう。

posted by ありーな at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月25日

なんだかんだで横浜じゃん。

みなさんこんにちは、長坂です。


横浜に戻りたい。


いつもそんなことを思っていました。

私は生まれも育ちも横浜です。

いや、正確には生まれは浜松です。
母親が地元に戻ってただけなんですが。


横浜の坂の多いところとか
駅からどこも遠いのでバスか車で移動するところとか
ほどよく田舎なところとか
意外と美味しいものが少ないところとか

大学時代まで引っ越しもなく居付いていたので、それが当たり前のように好きでした。


でもそんな横浜のありがたさに気付かなかったので、会社員の時に横浜を離れました。

「会社の寮に入ろう」

そんなことをふと思ったのです。

理由は2つ。
@通勤時間が長いこと
A1人暮らしをしてみたかったこと

通勤時間は1時間20分ぐらい。

自宅→東戸塚駅まで徒歩20分。
東戸塚→東京駅まで40分。
東京駅→会社までバスで20分。

結構めんどくさい。


当時、駒沢大学駅のそばに寮がありました。

「東京に住んでみたいな」そんなことを思いました。
典型的な田舎者的願望です。


会社の寮入居規定ってのがあって、「通勤時間が1時間半を超える場合は寮への入居を許可する」。

私はちなみに1時間20分。10分のカベ。

でも入りたい! (もはや意地)

どうしたかというと、

東京駅は、横須賀線のホームが結構な地下なんですね。


申請:「横須賀線のホームから八重洲改札まで10分超はかかる」ので通勤時間が1時間半を超えるから寮に入居したい。


通りました。(ありえん)


もうアタマの中はあこがれの東京ライフ。


でも入居先はなぜか「越谷寮」


越谷ってどこ?


人生そうそううまくはいかないものです。

通勤1時間半はかからないけど、1時間弱。いつでも混み混み。


「寮やめます。」って言おうかと真剣に思いました。


どんだけわがままだよ。


その後は横浜に戻る機会もなく、いつのまにか実家も栃木に引っ越してしまい、本当に横浜には縁がなくなってしまいました。


横浜に戻りたい。


いつもそんなことを考えていました。


そんなある時、一本の電話が。横浜中小企業団体中央会のUさんから。
講師の依頼でした。


即受託。


そしてある時また一本の電話が。
今でもお付き合いしているレンタルオフィスのISOのIさんから。

YOKOHAMA起業塾が始まりました。

でもなかなか落ち着くには至らない。根を張れるほどの仕事にならない。

基本的に横浜での仕事は一切断りません。

横浜ビジネスグランプリの1次審査員の話が来た時も即受託。


「横浜」という言葉だけでよだれが出てきます。


パブロフの犬状態。


そんな中、とてもうれしいお知らせが。


1月から開校している、「起業実現ゼミ24」が横浜市の「特定創業支援事業」に採択されたとISOさんから連絡が。


正直、この事業のことはよく知りませんでした。

でも特典がすごいのです。

(1)会社設立時の登録免許税が半額になる
(2)創業融資の無担保保証枠が500万円増える
(3)保証の対象期間が事業開始半年前からに伸びる



税金が半額になる特典って、初めて聞きました。
どんなことしたって税金って徴収されるものなのに。

創業の時はなにかとお金がかかるもの。
税金半分になって、枠が500万円増えるのであれば、絶対に起業する人にとってはいいよね。


そんな事業に採択してくれた横浜市に本当に感謝です。
そしてそれが横浜だということがなんだか嬉しいです。


横浜に戻れるかもしれない。


横浜は思い出がありすぎるのです。
初めてのデートとかみなとデートとかドライブデートとか。


デートだけかよ。


まあ、まあ。


「起業実現ゼミ24」とはなんぞや?と思った方はこちらを↓
http://www.arys.jp/modules/seminar/?cid=7


基本的に起業サポートは「マンツーマン」が基本。
唯一の「講座形式でのサポート」です。アリスらしく、講義ばかりじゃなくて、この場でみなさんに実際のビジネスプランを作っていただくスタイルになっています。


思えば、自由が丘にオフィスを構えている理由の一つも「横浜と東京の中間地点だから」ってのが大きいかも。


たくさんの人に参加してもらって、横浜に週何日かは一日中いられるようなカタチになったらいいなと思います。


読んでくれてありがとう。











posted by ありーな at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月24日

プレゼンとワインとマイペース。

みなさんこんにちは、長坂です。

昨日は月イチの「Bizmatch(ビズマッチ)」でした。

ビズマッチとは、起業をする4人が7分間のプレゼンテーションをして、参加者のみなさんに「おもしろいビジネス」を選んでいただく「参加者主導」のイベント。

今回はおよそ30人の方にご参加いただきました。嬉しい限りです。

第1部のプレゼンテーションの後は第1回同様、ニュージーランドワイン片手の交流会。
さらにスタジオスペースでは「腰ふにゃふにゃ施術」のサービス。

交流会の後に得票数の発表をするのですが、その段階ではもうみんなワイン飲んで居酒屋みたいな雰囲気

腰だけじゃなくて会場全体がふにゃふにゃになっていました。


どんなイベントだよ。


でもプレゼンテーションの時はみんな超真剣なんですよ。
スタジオ内ではピンと張りつめた雰囲気があるんです。


このイベントでは私はもっぱら脇役。
わたし、基本的にオンとオフが極端です。
第1回ではあまりに脇役感が強くて「だるだるすぎて写真も撮れない」とお叱りを受けたので、今回はシュッとしようとスーツを着ていきました。もちろんネクタイも。


そうしたら起業塾の人がぽつりと。

「長坂さんのスーツ姿、初めて見ました」

もうすべてがアンタッチャブル。


でもプレゼンテーションは超真剣なんです(しつこい)。


「ビジネスの良さはユーザーが決める。だからそんなコンテストを作りたい」という思いから始めたビズマッチですが、オンとオフが絶妙に微妙に入り混じった不思議な3時間となりつつあります。

次回は7/18(金)です。

そう、次回は金曜日ですよみなさん。

金曜日ということは?


思う存分ハメを外せる金曜日。


合コンじゃないんだから。


こんなこと書いたらワールドビジネスサテライトに出られない。

(そもそも出られねえよ)


なんか行ってみたいかもと思った方は、近々告知しますので、是非お申込ください。


そして今日はバーガーキングに行ってきました。

今の時期のバーガーキングと言えば、「おかわり自由キャンペーン」。

こちらです↓
https://www.burgerkingjapan.co.jp/campaign/cp101.html


これは行かなくては!と思ったけど1人で行くのはちょっとさびしいので、声をかけたら一緒に行く人ができました。

本当は今日だったのですが先方に仕事が入ってしまったので、木曜に延期。残念。


そう言えば「Lサイズセット」って食べたことないなということで、今日行ってみました。


1人で行ってるじゃないかよ。


いやいや、Lサイズの量のチェックですよ。

こんな感じでした。↓
bk2.JPG


何がでかいって、ドリンクがでかいです。
本当はハンバーガーと言えばコーラなのですが、それだけでお腹いっぱいになりそうだったのでウーロン茶。


やる気まんまんじゃないかよ。


いやいやいや、チェックですから、チェック。


とりあえず3つだけ食べてみました。


食べてるじゃないかよ、1人でふつーに。


いやいやいやいや、やっぱり手順をチェックしておかないと。


ちなみにここは渋谷。

周り全員20代。


これはもう、とってもおいしかったです。 (あぶない)


ちなみに今日はこれが最高記録だそうです。
bk.JPG


木曜はゴムパンツだな。


どこに向かうんだ自分。

というかどこに向かうんだこのブログ。


どこまで行ってもマイペース。


読んでくれてありがとう。




posted by ありーな at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月22日

ライオンヘアーのひみつ(その2)

みなさんこんにちは、長坂です。

なんだかよくわからない注目のされ方をされている「ライオンヘアー」です。
そもそもこんな話題でブログを書いていいのだろうか。

自問自答しつつ、続きを書いちゃいます。 (マイペース)

えーと、どこまで書いてましたっけ(おい)。

そうそう、独立するまででしたね。

基本的に、あまり定期的に髪を切りに行く習慣がありません。
あんなにスポーツ刈りはいやだと思っていたのですが、結構短くしたりします。

こんな感じ↓
写真.JPG

※これは結構最近です。

で、3カ月ぐらい行かない。(おい)

もう20年以上お付き合いしている美容師の方がいますが、回数で言うとものすごく少ないです。
帰り際に「次回は季節が変わらないうちにいらしていただけるんですかねえ」と言われます。


まあ、金融でしたから、髪の毛はさっぱりとしないと。← 説得力ゼロ。


2006年に独立したときも、M&Aの仕事を結構してましたから、髪型はさっぱりでした。
毎日スーツでしたし。


あ、スーツとネクタイは実は好きなんですよ。
スーツ着たらネクタイ締めたい派です。

もちろんシャツも着ます。


着なかったらあやしいだろ。


今みたいなライオンヘアーになったのは、なじみの美容師さんのちょっとした一言でした。


ああっ、時間が!


というわけで続きは次回。


どこまで引っ張るんだよ。


(読者ぜったい減る。)


読んでくれてありがとう。




posted by ありーな at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月21日

ライオンヘアーのひみつ。(その1)

みなさんこんにちは、長坂です。

ちょっと反応がよかったので、釣りタイトルにしてみました。

いわば、ながさかの「髪型の歴史」です。

こんなのブログにしていいのか。


子どもの頃はふつーの髪型でした。
あ、でもカリアゲが嫌い。丸刈り嫌い。
いわゆる「前髪横分け」です。

「スカしてる」って言われてました。


中学に入学した時に、バスケット部に入部するかどうかすごく悩みました。

なぜならバスケ部は「スポーツ刈り」じゃなきゃいけないから。
「スカしながさか」としては、もうそれが耐えられなかったわけです。

そんな時、家庭訪問がありました。
担任の先生が家に来た時に、母親がチクった。

「この子スポーツ刈りが嫌だからバスケ部入るかどうか迷ってるみたいなんです」

担任一笑。

「お前バカじゃないか。髪の毛なんてすぐ伸びるんだからオトコだったら迷わず入れ!」

で、入りました。
なんで担任の言うことを聞いたのかよく覚えていません。

「オトコだったら」が響いたのかもしれません。
「スカしながさか」でしたから。

でもまあやっぱり嫌だったわけです。
バリカン嫌いだったので、バリカン使わないでスポーツ刈りにしてくれる床屋を探して通ってました。

でも結局高校でもバスケ部に行ったので、スポーツ刈りだったんですよね。

スポーツ刈りをしてから、なぜか今の天然パーマになりました。

最近誰も疑いもせずに「パーマかけてる」と思っているようですが、天然パーマです。

パーマは一度だけ「ストレートパーマ」をかけたことがあります。

こう、風が吹いたら前髪がサラっとなびくのにあこがれたんですね。

で、かけてみたんですが。


単なるヘルメット頭になりました。


しかもストレートの時は洗った直後だけ。
乾くとウネウネ。
風が吹いてもなびかない。意味ない。


「2度とパーマなんてかけるもんか」で今に至ります。


ええと、話を戻すと。

大学になるといわゆるモミアゲ短めの「マッチカット」ってのが流行ったんですね。
もうスポーツ刈りなんて2度としたくなかったので、もちろん伸ばしましたよ。

美容院に行き始めたのもこのころから。
ちなみに今髪を切ってもらってる美容師さんはこの頃からのお付き合い。なげー。

伸ばしたと言っても今ほどは長くなかったです。いわゆるふつーの感じ。

基本的に髪の毛多いんですね。伸びてくると膨張する。ぼわぼわ。

会社員になってもあまり長さは変わらず。
一応金融なので、襟足短めのさっぱりアタマ。

でもやっぱりバリカン嫌い。カリアゲ嫌い。

この2つが嫌いなのは何なんでしょう。何かのトラウマがあるに違いない。


あ、今のライオンヘアーっぽく伸ばしてた時期がありました。

アメリカに留学していた頃。
途中から伸ばしてました、そう言えば。

その理由は、


卒業式の時に後ろに結べるぐらいの長さにしたい。


はい、意味不明でございます。

でもやりました。


で、会社に戻ってからはまた会社員っぽくさっぱりアタマ。

まだこの頃は「ライオンヘアー」のデビューに至らず。

起業したのは2006年。
でもまだこの時はライオンヘアーではなくて。

いつからライオンヘアーになったのか?
なんでライオンヘアーにしたのか!

(はっきり言ってどーでもいい)


今皆さんの心の声が聞こえました。


続きは明日! (おいおい)


読んでくれてありがとう。
posted by ありーな at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月19日

100のキレイな言葉より1の心に刺さる言葉。

みなさんこんにちは、長坂です。

木曜の夜と言えば「ザ・ベストテン」。

古すぎるだろ。


もとい、「起業実現ゼミ24」です。

今日は泥臭すぎてオフレコ満載の「資金調達のコツ」がテーマ。

初めて来た人 口あんぐり


「起業家脳」と「資金調達」に初めて来た人はまずリピートしません。

あまりに生々しすぎて。


そんなテーマを取り上げていいのか自分。

いいんです、だってそれがリアルなんだもの。


アリスカンパニーはどうみても日本一自社開催セミナーを行っていて日本一代表がセミナー講義をしている会社ですが、かといってアリスカンパニーはセミナー会社ではないし私は講師業をするつもりはありません。


私が持っているものをできる限り多くの人に伝えたいし、「ながさかありひろ」という存在を知ってもらいたいと思ったらセミナーというカタチになっていたわけです。

だって毎日いろんな人に会えるじゃないですか。


気がついたら日本一になっていました(たぶん)。


録画映像でやればいいじゃんと結構多くの方に言われますが、なんかやっぱりライブが好きです。

自分が話したいことを話したいわけじゃない。
相手が知りたいことを話したい。
それってライブじゃないとわからない。

一般的にセミナーを開催している人とは目的がきっと違うのかなと思います。


私たちって、いくら話しを聞いていても記憶に残る言葉って3つがせいぜいだと思います。
いや、1つでも忘れないぐらい相手の記憶に残すことができればすばらしいと思います。

それぐらい人は人の話を覚えない。


だから本当に相手に何かを伝えたい時は、たくさんの言葉を並べるよりは心に刺さる一言を発したほうがいい。

そんなこと言う私も2時間とか全身口になって話してますが。

べらべらべらべらべらべらべらべら。


でも実際は「心に刺さる一言」って難しい。

思わぬ言葉が相手の心に刺さることもしばしば。

でも、それでもいいのかもしれません。
そもそも一言すら記憶に残らない人だってたくさんいるんだもの。

今日の朝セミは、そんなことをテーマにした「1秒で人を引き付けるプレゼンテーション術」でした。

「3つの言葉」を話したところ、セミナーが終わってから参加者の一人がメールをくれました。

(以下メール文)
私が今日印象に残った言葉は以下の3つです。
1.目と笑顔

2.間 

3.ライオンヘアーの秘密


1時間話して印象に残った1つが「ライオンヘアーの秘密」。


そういえば、起業実現ゼミにリピート参加してくれた人が帰り際に行った一言。

「この前面白かったからまた来ました」


なんという邪道。


読んでくれてありがとう。

posted by ありーな at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月18日

結構ガチになりそうな予感の起業家育成塾が7月開講です。

みなさんこんにちは、長坂です。

今日は「起業家育成塾」のプレセミナーに参加してきました。

この起業家育成塾は三井住友海上さんが主催で、船井総合研究所さんが協賛の、7月に開講する塾です。

ここでは、私はスポット講師として講義をすることになっていますが、船井総研さんとは以前横浜で「人生再チャレンジプログラム」を共催させていただいたこともあり、お呼ばれしました。

三井住友海上さん、経営サポートを積極的にされているんですね。
「経営革新等支援機関」に認定されているのも初めて知りました。
今回、なんだかすごく強力に起業サポートをされそうな予感がしました。

私は基本的に自分が主役でないときはおとなしくしているというのがポリシーなので、一番後ろでしずかーにしていようと思ったのですが、

なぜか一番前に座らせていただき。

そして今回のメイン講師である船井総研の楠元氏からいきなりマイクを向けていただき。

しゃべらせていただきました。


わたし的には非常におとなしめにマジメに話をしたつもりだったのですが、

「長坂さんのおかげで場のムードが和らぎました」と言っていただきました。


どこに行っても何を話しても。


今回は8回コースですが、なんと参加費無料なんです。
すごくないですか?
なかなかないと思います。


私も講義以外の日も時々遊びに行こうかと思います。

7/3開講です。

ご興味ある方、こちらに詳細が載っています。
https://ms-seminar.smktg.jp/public/seminar/view/256

まだ若干空きがあるようですよ。

いろいろいいことがありそうなのですが、ここではちょっと言えません。
でも、いいことがあると思いますよ、ぐふふ。

申し込まれた方は、「申し込んだよー」と教えてください。


三井住友海上さんと船井総研さんに自慢します。 (おい)


読んでくれてありがとう。
posted by ありーな at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スパーズの優勝から「会社のあり方」を考えてみた。

みなさんこんにちは、長坂です。

昨日、私が唯一応援しているスポーツチーム(NBAバスケットボール)の「サンアントニオ・スパーズ」が優勝しました。

誰ともこの喜びを共有できないぐらいマイナーチームなのですが、いいんです。慣れました。

そもそも「ちょっと変わったもの」が好き。


私の存在がマニアック。


ええと。


そう、優勝したんです。2007年以来。

スパーズって地味ですが、1998年からずっと優勝候補の1つなんです。
地区では常に1位か2位。
何がすごいって、ずっと優勝候補でいることがすごくないですか?

特に去年は、優勝にリーチがかかっていた試合で終了直後に逆転されて、そのまま連敗して優勝を逃したという、もうこれ以上にトラウマが起こることはないんじゃないかってぐらい残念な結末に。

その2年前はダントツの優勝候補だったのに、8位シードのチームに1回戦であっさり負けました。

主力メンバーも高齢化(ダンカンは38歳です。NBAでも最年長)している中、モチベーションの維持が大変だと思うのです。
世間も、いくら勝っても予想の段階では「優勝はスパーズじゃなくて○○」って感じになっていきました。

世間がなんと言おうとも、毎シーズン、勝ちを重ねて優勝狙って優勝できなくて、でも翌年にまた勝って。

スパーズって派手な選手が全然いないんですね。
大学時代からキラキラだった人なんてダンカン以外いなくて、それぞれのポジションでNO1になる選手もいなくて。
キラキラなはずのダンカンだって、「地味な選手」の代表格。しかも彼は「周りの調子が良ければ自分はサポート役に回る」という全くガツガツ感のない性格。それは大学時代から変わらない。


でも今年は圧倒的な差で優勝しました。


だれ一人突出した人がいなくても、チームでの総合力で優勝ができるという証です。

これは仕事でもそうなんじゃないかなと思います。
突出したスタープレイヤーよりもチームでの総合力。

スタープレイヤーがいたほうが一見楽です、仕事は。
でも、その人のパフォーマンスが落ちた瞬間に全てのパフォーマンスが落ちる。

チームは難しいです。
なぜなら「一枚岩」になるぐらい結束できないと単なる小粒の集団で終わってしまう。
でも一枚岩になれたら、どんな状況でも対応できるぐらい安定的なパフォーマンスを実現できる。

今回のスパーズはまさに「一枚岩」でした。


そしてもう一つ。「ひととのつながり」。

ダンカンが38歳になっても第一線で活躍できているのは、スパーズだからだと思います。

彼がスパーズに入った時、「ロビンソン」という同じぐらい長身の選手がいました。
ダンカンとポジションも被っていました。

普通なら、「新人なんかにポジションを渡すか!」と何としてでも自分の立ち位置を維持するんじゃないかと思います。
実際のところ、彼はダンカンに自分のポジションをどんどん譲っていきました。
ダンカンが思う存分プレーができるように、むしろサポートに回っていたそうです。
そう、彼はそういう性格の人だったんです。類まれな人格者。

結果としてダンカンはチームとしても最初に優勝した時のMVPに選ばれるほどの大活躍。

なんだか、スパーズの選手は仲がすごくいいみたいです。
スパーズの選手はあまり他チームに移りません。
ダンカンはある時、半分の年棒で残留しています。交渉もしなかったようです。
居心地がいいのだそうです。

そして、なんだかみんな「いい人」って感じ。ガツガツしてる人が全然いない。

でもこの「いい人」って、ダンカンがいた大学のメンバーもそうでした。
みんな「いい人」。

たまたまダンカンがそういうところに入るのか、ダンカンがその雰囲気を作っているのか。


「人は自分を映しだす鏡」と言いますね。


ビジネスでも、似たような人が集まると言います。
そうでない人とは長続きしない。
でもたぶん、自分のその時の状態によって、その時に合った人を呼び寄せるんじゃないかと思います。


人に恵まれないなと思っているときは意外と自分に原因があったり。


ダンカンは他のチームだったら38歳で現役でいることはなかったんじゃないかなと感じます。
それぐらい周りの環境って大切。


気の合う仲間が集まって、お互いに切磋琢磨し合い助け合い、チームとしての最高のパフォーマンスを魅せるために一枚岩となってがむしゃらに頑張り続ける。


そんなアリスカンパニーになりたいと思います。


読んでくれてありがとう。







posted by ありーな at 00:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月15日

にんげんだもの。

みなさんこんにちは、長坂です。

今日お会いした方から、「アタマ大きくなりましたね」といわれました。

正確には、アタマが大きくなったのではなくて、髪の毛のうねりが増したんです。


そのうちお菓子を収納できるんじゃないかと思います。


黒柳徹子かよ。 


るーるる、るるるるーるる♪


今日はこんなもんでよろしいでしょうか。(誰に言ってるんだ)


最近NBAやらワールドカップやら、私の中ではスポーツが花盛りです。

どうやら私はマニアックな傾向があってみんなから「ああ、そのチームいいよねえ!」って言われることが子どもの頃からあまりありません。


野球チームで言うと、子どもの頃は「阪急ブレーブス」※現オリックス※ が好きでした。


もうその時点でだれの共感も得られない。


NBAだとサンアントニオ・スパーズ。

スパーズが決勝戦に残ると視聴率が落ちると言われているぐらい、アメリカでも地味。


サッカーだとスペインです。


なんか、人間臭いのが好きなのかもしれません。
これはスポーツに限らず言えることなんですが。

「完ぺきにそつがない」よりは、「なんか欠けてたり安定感がない」ほうがグッとくるみたいです。

今回の初戦、スペインは5-1とかでボロ負けしたんですよね。
「うわ、あのスペインが!」なんて最初は思ったんですが、

思えば、スペインって、昔は万年優勝候補でありながら、大事なところでコロッと負けてしまう「詰めの甘い」チームだったんですよね。
だからいつも見ていてハラハラする。

圧倒的に強いとか、安定感があるとかだとあまりワクワクしない。

これはスポーツに限らず、人に対しても当てはまる気がします。

私自身もそうだからなのかも。


ハラハラ長坂。


「はらが出ている」ということではありません。


人は「ちょっと抜けている」ぐらいがちょうどいい。

というか、完ぺきな人なんていない。
それは単に「完ぺきに見せてる」だけ。


まあ、私はこんな感じですが↓
cheese.jpg


どんだけ穴だらけなんだよ。


読んでくれてありがとう。


posted by ありーな at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月13日

リアルは地味だけどココロに沁みる。

みなさんこんにちは、長坂です。

今日は月イチの「リアル起業セミナー」でした。定員のご参加、とても嬉しかったです。

今日は日本ベリーペイント協会代表理事の中野知香さんがゲスト。

二年前はスカスカだったスケジュールが二年で休みなしになり、そこらじゅうのテレビや雑誌に出るようになった経緯を、包み隠さず話してくれました。

ありがたい。

起業家から、昔の「ダメだった時」を聞き出すのは結構大変です。そもそもできてなかったことは話したくないもの。

だからこそ、このリアル起業セミナーはそこをしっかり語ってもらいます。大事なのは、失敗した経験から考えて考えて、対策を打つことだから。

セミナーでも言いましたが、「リアルな話」ってのは地味なんですね。

継続するとか、
動きまくるとか、
いつでもPRするとか。

「こうすれば簡単に集客できる」とか、「安定収入をGETしよう」とか、そんな方が魅力的に映るんじゃないかと思います。


地道な作業が1番大変。


私はたぶん誰よりも社長と言われる人達に会ってると思います。

その誰もがしてきていることは泥臭くて地味で地道。

最初は華やかなことを話すけど、時を重ねるにつれて地味な話になっていく。

上場企業の社長だってそうです。

だから、アリスは「泥臭さ」を追求し続けようと思います。

近々来月のリアル起業セミナーの告知をしますね。
生々しい話を聞いてみたい方 、ぜひいらしてくださいね。


読んでくれてありがとう。


posted by ありーな at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月11日

くるくるのプクプク。

みなさんこんにちは、長坂です。

よく降りますねえ。

湿気で髪の毛が日々膨張中です。

もうキノコのようになってきました。
キノコ頭です。


早く切れよ。


ちなみに私は天然パーマです。
くるくるくる天然パーマ。

なんだか微妙な表現になってきました。


今日は朝セミ→ブレスト→ブレスト→面談相談→ブレスト→面談相談→チャットブレスト。

こんな日は壊れてきます。

雨で髪の毛が膨張してブレストで脳が膨張して。

体全体も膨張気味。プクプクプク。


相当くだらないブログですみません。


時々こんな感じで書きたくなる衝動が。


シュッとしたい。


読んでくれてありがとう。

(これで終わりかよ)


posted by ありーな at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月10日

いろいろやってなにやら増えてじわじわ整理して。

みなさんこんにちは、長坂です。

なんだか同時並行的にいろんなものが動いているみたいで、頭の切り替えが激しいです。

「頭の切り替えが激しい」と言っても、アタマを取り替えるわけではありません。

切り替えと取り替え。なんか似てるけどちょっと違う。


基本的に「ビジネスサポート」というところが変わっているわけではありません。
細かいサービス内容が増えてきているという感じ。

その中には「海外モノ」も出てきました。 (ちょっと響き怪しい)

「Wildcard」というプログラムがいよいよ始動しそうな匂いです。


あ、そうそう、月イチ開催の「リアル起業セミナー」、13日に『お金をかけずに劇的に認知度を上げるプロモーションとブランディングのコツ』というテーマで開催しますが、7月と8月と9月のテーマも決まりました。

7月は「イベントで1000人集めた集客のコツ」、8月は「起業を決めてからの動き方と広告費をかけずにネットビジネスをするポイント」、9月は「投資家が投資をしたくなるアメリカと日本の起業家の共通点と違い」。

いずれも仮テーマですが、そんなにテーマはずれないと思います。
告知はもう少しお待ちください。


あと、7月に朝セミの開催場所が1か所増える予定です。

横浜の「起業実現ゼミ24」で、いい特典が付きそうです。

ネットコンテンツが2種類ほどリリースされそうです。

バーガーキングの食べ放題にチャレンジしそうです。


ビジネスに並列するバーガーキング。


そのうち、一つ一つお知らせしていくかと思います。


最近、アタマの中に「捨てる勇気」と言う言葉が居付いています。


よく「いろんなことをやっているよね」と言われますが、私的には違うことをやっている意識はあまりないんですね。
軸は同じでやり方がちょっと違うだけ。

でもそれでもだいぶいろいろ増えたなあと思います。


やってることもオフィスの中も体重も。


アリスカンパニーを設立したのが2006年。10年目に当たる2015年が1つの節目かなと個人的には思っています。

ちょっと面白い動きをまたしたいです。
そのための交通整理をしていくかなあ。


たまには会社のお話を。


読んでくれてありがとう。







posted by ありーな at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月08日

どんな時でも仕事の話ができるのが起業家だ。

みなさんこんにちは、長坂です。

今日はウェイビーさん主宰の「チャレンジャー」でのビジネスプラン講座最終日でした。

最終日なので、その後は飲み会でした。

飲み会のタイプは2つにわかれます。

@どんなに飲んでも酔っぱらっても騒いでも、1つぐらいはビジネスの話が発展する

Aただ単に飲んで騒いでたわいもない話しで終わる。


私の好きなのは@です。

基本的に飲み会は苦手です。
なぜなら、「ただ飲むだけで仕事の話にまったくつながらないから」。

起業家になってわかったことがあります。

起業家はどんなに飲んでも酔わないし、常にビジネスの話しをする。


その意味で言うと、今日の飲み会はとっても楽しかったです。

18時から飲み始めて、終わったのが22時すぎ。

ほとんどはもう、なんでもない話し。

ビジネスの話しは30分以下。でもしっかりまとまりました。


このバランスが大好きです。

真面目にずっと話しをするのであれば、飲みなんて必要ない。
会議室でしっかり話せばいい。

どうせ飲むなら楽しくしたい。
でも、せっかく時間を共有したいのだから、ビジネスの話しはしたい。


もう、飲んでいる時に酔っぱらうことはないように体と気持ちができています。

逆に、1人になったときはへろへろ。


でもそれぐらいがいい。

今日はすごく楽しかったです。


でも1人になったらフラフラです。泡盛怖い。

そんな時こそブログを書かなきゃ。

読んでくれてありがとう。
posted by ありーな at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月07日

ここはどこわたしはだれ?

みなさんこんにちは、長坂です。

人は誰しも、本当に切羽詰まるといろんなことができるようになるものです。

みなさま覚えていますか?
2013年のイノベーションズアイアワードのweb投票の時に毎日作っていた画像。

これです(クリックするとちょっと大きくなるかも)↓
アワード.png


これ、photoshopという画像編集ソフトを使っているのですが、

デザイナーとかが使ってるソフトで、実際のところ使い方はよく分かりません。
見よう見まねで作っているのですが、これだけ毎日作ると、案外上達するものです。

最後の方の画像とか、ものすごい加工をしていたりするのです。

これが終わった瞬間、「俺はもう画像加工で怖いものはない!」と思ったものでした。


とはいえ、その後にこんなに加工をする機会なんてないんですね。


いま、画像加工をしたいと思う題材がありました。

久しぶりにphotoshop使いまくるか―と思ったのですが、


どうやって加工したか、全く覚えていない


本当に覚えてないです。

雰囲気で意味も分からず作ると「そもそも」が分かってないから覚えられない。


ううう、やばいのです。


基本的に手先は器用な方だと思います。
見よう見まねでなんとかできたりする。
知識がなくても、本質的なことを見分けてとりあえずなんか話すことができる。


でも。

でも。


3歩歩くと忘れる。


鳥だ。これぞトリだ。


かーかー。


すみません、ちょっと壊れています。


そのうち自分の名前も間違えるようになるんじゃあるまいか。


こんにちは、ありさかです。


切羽詰まると人間いろんなことができるもんだ。

切羽詰まらないと人間いろんなことを忘れていくもんだ。


まさに後者。


なんとかします。


読んでくれてありがとう。



posted by ありーな at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月06日

嵐を呼ぶ「おのこ」。

みなさんこんにちは、長坂です。

なんだかすごい雨。
ちなみに朝はそんなに降ってなくて、電車の中に傘をいきなり忘れました。


あるあるあーる。


10万円ぐらいの傘を買ったら忘れることはなくなるのでしょうか。


そんな傘、怖くて持ち歩けない。

意味ないじゃん。


今日はマカバライフさん主催「スターシード覚醒講座」の卒業生のみなさんとの懇親会でした。

私はいつもどおり起業講座の担当。オトコ私一人。

最初に神社に行くということで、向かいましたがもうすでに豪雨です。


雨は「みそぎ」とか「浄化」の意味があります。洗い流してくれるんですね。


どんだけみそぎが必要なんだこのメンバー。


(日程決めたのは私だと言われました。この嵐、俺かい。)


神社に近づくにつれ激しくなる雨。


でも参拝しましたよ。

祓詞の祝詞も久しぶりに読みました。


ずっと封印していましたが、「神主修行をしていた」時期があります。


どこに向かうんだよ自分。


この話は長くなるのでまた日を改めて。


その後は横浜元町でみんなでランチ。
とても素敵なレストランでした。

アリスが主宰する起業塾はマンツーマンなので、卒業式をみんなでするとかないんですね。

なんだか新鮮でした。

時に一緒に学んだ人達のつながりは、すごいパワーを生みだすことがあります。

「同じ釜の飯を食った仲間」は妙な連帯感が生まれるものです。


実際に、なんかみんなで新しいモノを作っているみたいです。

行動早い。


あ、今思い出しました。
アリスの起業塾第1期は、少人数グループでした。

5日間の通い合宿タイプ。

最終日はプレゼンテーションをしたのでした。
で、その後飲みに行きました。


後にも先にも1期生だけ。


「起業家は孤独」、これは実によく言われる言葉です。

実際孤独ですよ、はい。ほとんどが利害関係が出てきちゃいますから。


でも、起業塾とか、同じ道を目指している者同士は、あまり利害関係もなく、ちょっとした共同意識を持てたりするので、仲良くなりやすい。

刺激を受け合ったり助け合ったりしてどんどんビジネスをスタートさせてほしいなと思います。

10351250_752650271422111_128565404644432349_n.jpg


読んでくれてありがとう。








posted by ありーな at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月05日

キーワードは「コア」。

みなさんこんにちは、長坂です。


今日は木曜恒例の「起業実現ゼミ24」の日。


最近の私の口グセは「コア」。

何かと言うと「コアコアコアコア」。


コアってほら、マグマ大使に出てくる悪役の人。


それはゴア。


オウム真理教で話題になった、ほらほらあの言葉。


それはポア。


日本酒と言えば。


それはホヤ。

hoya01.jpg


もはや何一つかぶってないし。


まあまあ。


とにかく「コア」なわけです。

起業実現ゼミは、実際に自分が考えるアイデアを講座を通じてカタチにすることを目的にしています。

参加者の1人のテーマを取り上げてディスカッションしたり。

だからか、参加者は12回全て申し込んでくださる方も多いし、なんだか仲がいいです。

これはもはや「起業塾」。

でもみなさん、参加した日はみなバラバラ。


「今日からみんなと一緒に勉強することになった、○○さんです。」って感じ。


転校生かよ。


初回に来るとみなさん、アウェーの感じがするそうです。

でも大丈夫。みんな転校生だから。


起業実現ゼミについては、お知らせしたいことがあるのですが、まだNGなので、もう少しお待ちください。話を聞いて私がビックリした内容をお知らせできるかと思います。


酒が入ると話してしまいそうなので、みなさん飲みには誘わないでください。


焼肉とかマジで無理です。


ヤキニクコワイ


酒の肴にもなりません。

ホヤなのに。

あっ、違ったコアだった。


全く「コア」の話のないブログ。ぐだぐたぐだ。


読んでくれてありがとう。




posted by ありーな at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月04日

どこまで晒してほしいですか?

みなさんこんにちは、長坂です。

昨日もそうでしたが、このブログでは私の過去の話を結構取り上げています。

昨日のブログは予想以上に反響があって、「なんかあったの?」と言われたり、「病んでるのか?」と言われたり。


「自分の過去はネタにしやすい」のです。


基本は「共感を生む」ような過去ネタを使うのがブログの王道なのですが、私の場合は


「どれだけ変人度合いをみんなに知らしめるか」


どこに向かうんだ自分。


でも、ブログを毎日書くようになって、過去ネタを持ち出すようになってから、昔考えてたこととか、忘れかけてた出来事とかを整理できている気がします。


今は過去の蓄積なんだなというのを実感したりします。

ああ、あの時のことはこんな意味があったのね、みたいな。

変わらぬ想いを確認できたりとか。

いろいろつながってるもんです。


昔から、すぐに消息不明になるクセがあります。


クセっておかしいな。


すぐに消息不明になる習性があります。


野生動物かよ。


でもここ数年は、「止まり木になる」という自分の理念と、SNSを使ってだいぶ表にでるようにしています。

そうしたら、本当にものすごい久しぶりに会えるようになった人も出てくるんですね。


表に出るのも悪くはない。

起業塾のみなさんには「ずっとサポートする」と約束してるから、もはや消息不明にはなれない。
せっかくだからその間に今まで出会った人すべてと出会ってしまいたいと思ったりします。

頭の中をぐるぐると思いめぐらすようにすべての人が入れ替わり立ち替わり。

走馬灯かよ。


ブログの中で過去ネタがどこまで出せるかはよくわかりません。

だっていつも書く直前に浮かぶんだもの。

なんとなくまだまだ出せそうな気がしています。

もはや


世界一の晒し社長を目指して



どんだけ晒せば世界一になるんだろう。 (どーでもいい)



読んでくれてありがとう。













posted by ありーな at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月03日

炎上しておとなになった。叩かれるぐらいがちょうどいい。

みなさんこんにちは、長坂です。

人生、時にまったく予想もしないところから火だねができることがあります。

昔、2ちゃんねるに晒されました。

きっかけはmixiでの炎上。

ちょうどカウンセリングを始めた頃に、「みんなカウンセリング代についてどう思っているんだろう」と思って、とあるコミュニティでスレッドたてて、メンバーに聞いてみた。

そうしたらどこかの病院内臨床心理士とかの人がかみついてきた。
他の数人の人もそれに合わせて。

そこで言われた「似非カウンセラー」の称号。 がーん。

確かに資格もってないですし、そう言われたら言われたで仕方ないなあと思いつつ。

どんどんエスカレートする似非カウンセラー攻撃。

気が付いたらその人のブログに書かれていた。
そして2ちゃんねるにもスレッドが立っていた。

なんか、すごい発言が相次ぐんですね。

私がその時にずっと思っていたのは「相談者の視点」。
相談者が自分の発言を見たらどう思うか。
「この議論を読んで、「カウンセラーって人間的にダメじゃん」て思ってしまったら、相談者の行き場がなくなるじゃないか。」

そんなことを考えて丁寧に返事を出し続けました。挑発に乗ることもなく、淡々と相手の意見を尊重しながらすぐに返事を返す。

オトナジャン。 (自画自賛)
 
最後は相手が根負けして捨てゼリフを残して消えて行きました。

自分のすべての発言はお客さんに見られている。
「これはプライベートだから」と言ったところで、お客さんにとってはながさかはながさか

最近はSNSで自分発信がしやすくなりました。
その分昔よりも全人格的に自分が見られるようになっています。

いろんなことを好きに発言するのはいいけれど、それを読んだ「お客さんがどのように感じるか」まで想像してほしいです。

ちなみに、その似非カウンセラー事件、悪いことばかりでもなかったです。

「そもそもこのトピックの内容と議論がずれてるじゃないか。」と元に戻そうとしてくれる人がいたり、
「ながさかの説明は分かりやすい」と言ってくれたり
「ながさかの言ってることは間違ってないと思います。やりとりを見ていて、ものすごく好感を持ちました」とこっそりメッセージをくれたり。


この事件をきっかけに、逆に提携カウンセラーが増えました。


なんでこんなに意地になってやりとりをしていたんだろう。

おそらく、私が見ていた方向が喧嘩をふっかけてきた人と違っていたんだと思います。

彼は「カウンセラー業界の中の人」として、カウンセラーの立場から話をしていた。
私は「だれしもがお客さんになる」と思って、お客さん目線で話をしていた。


どんなに言われようとも、「辛い気持ちで毎日を過ごしている人の力になりたい」から、たくさんの人がそういう「お客さん目線でサポートをする」カウンセラーになってほしいから、キレるわけでもなく、喧嘩に乗るわけでもなく、ひたすらやりとりを続けたんだと思います。

自分の軸があればだれが何を言ってこようがブレる必要なし。


でも正直凹んでましたけどね。
「1円の価値もない」とか言われるんだもの。うるうる。
今読んでもずーんってなる。


ログ残ってるかなあと思って2ちゃんねる探してみたけどあまりに昔すぎて探せませんでした。
Mixiやっている方、こちらがそうです↓
http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=59636&id=1320774


表に出るほどにいろんな人がいろんなことを言ってくる。
真剣であるほどに絡んでくる人が増えてくる。
でも意外とそれらの発言の奥底にあるのは、その人のコンプレックスだったり悔しさだったり嫉妬だったり。


負けるもんか。


読んでくれてありがとう。

posted by ありーな at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月02日

実績がないからオリジナルなものが作れたりする。

みなさんこんにちは、長坂です。

今日の朝セミは「資格やスキル・経験を活かして自分だけのビジネスを作りだそう」というテーマでした。

このセミナーの中では、私の例を挙げて説明しています。

例えば、私は2003年に「心理カウンセラーになりたい!」と思ったのですが、

その時はカウンセリングを勉強したことなんてありませんでした。

だから勉強しました。本を読みまくり。
そしてブログでアウトプット。

2004年から個人カウンセリングをして、2006年から法人向けメンタルケアをして、おそらくほとんどのカウンセラーより多くの人のカウンセリングをしてきていると思います。


2007年には『起業支援をしよう!」と思ってドリームゲートアドバイザーに登録したのですが、

その頃はベンチャー支援はしていたけれど、起業したい人の支援はしたことがありませんでした。

だから、カウンセリングの経験と経営コンサルティングの経験を組み合わせて、「まるごとアドバイザー」っていう名前で、とにかく「私はこういう気持ちでみなさんをサポートします!」ってポリシーを長々と書き連ねました。

結果として、相談件数No1を2回取ることができました。


2009年に1000円セミナーを始めた頃、セミナー講師の経験はほとんどありませんでした。
しかも、人のセミナーに参加したこともほとんどない。

アドバイザーの経験に基づく「ビジネスプラン作成のポイント」をいくつかセミナーにして「すぐ使える」をキャッチコピーに始めました。

今ではアリスカンパニーは日本で一番自社開催セミナーを実施している会社だと思います。


そんな話をしていて、つくづく「やってたかとかできるかとか考えなくて「やりたい!」と思ったことをやってるなあ」と思いました。

なんの実績もないから、それまでの直接関係ないような経験とかスキルとかを組み合わせてカタチにする。
結果としてそれが「他の人にはない」オリジナルなサービスになっているような気がします。


先月から月イチで開催している「Bizmatch」、今月は6/23に開催します。
第2回あなたが決めるビジネスコンテストBizmatch+交流会

これは単なるコンテストや交流会とは考えていません。
詳細はまた改めてになりますが、起業家に対する「ひとものかねのサポート」をこの場を使ってできればいいなと思っています。

って書いていてふと思い出しました。
アリスカンパニーを設立した時の最初のキャッチコピーが

ひとものかねのトリプルサポート

ああ、そもそもに戻ってきたのかもしれません。

アリスカンパニーとしては、このBizmatchは2007年から始めた起業家支援の集大成にするつもりです。


いろいろ面白いことをしていこうと思います。
また実績のないことを平気でやることになるかと思います。

しばらく見守っていてくださいね。


読んでくれてありがとう。


posted by ありーな at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする