世界一の「癒し」社長を目指して

2014年05月31日

話しのわかりやすい人って何が違うんだろう。

みなさんこんにちは、長坂です。


私たちは常に「相手になにかしら印象を与えたい」って思ってます。

だって、「いるのかいないのかわからない」存在になったら寂しいじゃないですか。

だから無意識にPRをする。

Facebookなんて、その典型ですね。
「誰もみてくれない」と思ったら使う人ほとんどいなくなると思います。

実際、Twitterを始めたけど早々に辞めてしまった人の理由の多くは、

「つぶやいても反応がないからつまらない」


PRするのに1番便利なのは、やっぱり言葉です。

「俺ってすごいだろ」ってニュアンスの言葉を何かと発する人って結構いますね。

そんな中でよく使われるのが「専門用語」。
「業界用語」なんてのもそうですね。

横文字とか、なんかかっこいい、響きが。

コンサル用語なんて横文字だらけです。

システムとかWebの人と話をしていると、外国語を聞いてるのかと思うぐらいわかりません。

「それってどういう意味なの?」とか聞くと、

えっ、知らないの?へっ(鼻で笑う)。」
っ感じの表情をされて、

「それって、◯◯で△△で□□なんだよ」

って言われるんだけど、またそれがわからない。

で、最後には「ちゃんと勉強しようね」って言われる。


うがー。


実は専門用語って便利なんですね。

なんとなくそれっぽく聞こえる。
横文字とかだとなんかかっこいいし。

あまりその言葉の意味を深く知ってなくても「なんかすごい」と思わせてしまえる魔法の言葉。


でも、実はそんな言葉のほとんどは相手の腑には落ちていなかったりする。


なぜならその言葉の意味がしっかり理解できないから。


人は何かの言葉を聞いた時に、身近な何かに置き換えて理解をするところがあります。


「あの人ってさあ、なんか濃ゆいよね」

って言われたときに、


「濃いって天下一品のラーメンみたいな感じかな」


って思ったりする、「あの感じ」です。


そもそも「あの感じ」に共感できねえよ。


ええと。

そう、身近な何かに置き換えるんです。


ということは、話す方が最初から置き換えやすい身近なものに変換してあげて話せばいい。

でもこれって実際には結構難しい。
なぜなら、その言葉の意味をちゃんと理解していないと変換できないから。

難しい言葉ってそれっぽく聞こえるからラクなんです。

私も疲れてるときとか、つい専門用語になってしまうことがあります。

でもそもそも、話すほうがその言葉の意味がわかってなければ相手に伝わるわけがないよね。


言葉はすごく便利だけどすごく不便で難しい。
言葉の大切さを知ると言葉はシンプルでカンタンになる。


心に響くことを話してくれる人は言葉のひとつひとつをとっても大切にしている人じゃないかなと思いますよ。

そしてそんな人の方がよっぽどすごい。


読んでくれてありがとう。




posted by ありーな at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月30日

顔が見えないからこそ話せることがある。

みなさんこんにちは、長坂です。

ちょうど「チャットブレスト」が終わったところです。

知り合いの人が「WEB上でブレストをしてアイデアをカタチにできるようにしたい」と思って始めたのが「チャットブレスト」。

ブレストというのは、「ブレインストーミング」の略です。

ブレインストーミングを直訳すると「脳をかきまわす」。


アタマをぐるぐるぐるぐる。


どんな感じかというと、ほら、酔っぱらってる人のアタマをつかんでグルグル回したりする人いるじゃないですか。もう酔いが回ってフラフラ。


あんな感じ。 (絶対違う)


そんな感じのチャットブレストも早くも第8回でした。

私は司会進行でいつも参加しています。


なぜ司会かというと、とってもシンプルです。


タイピングが早いから。


それだけかよ。


そう言えば、2004年にカウンセリングを始めた時も、チャットカウンセリングでした。

チャットはリアルで話しているのに比べていいところがあります。


面と向かってじゃない分、本音が言いやすい。


本音が言いやすくて、自由に発言できるといろんな新しいアイデアが生まれてくる。

だからブレストはチャットだからいいところもあるのではないかと思います。


実際のところ、リアルでのブレストよりも自由な意見が多めに出ているような気がします。

これからも定期的に開催するようです。

無料ですので、気軽な感じでどんどん参加してくださいね。


読んでくれてありがとう。
posted by ありーな at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月29日

世界一の○○社長を本能で目指してみる。

みなさんこんにちは、長坂です。

なんか、暑すぎないですか?

このままだと溶けてしまいます。

どうせ溶けるなら部分的に溶けてしまいたい。

ウエストとか足首とか二の腕とか。


女子かよ。


もっと溶けるべき場所があるじゃないか。


こころツッコミありがとうございます。


というわけで「世界一のボケ社長を目指して」でございます。


どこに向かうんだよ自分。


黄金の二連発。


こんなノーテンキな感じで書いてはいますが、一応悩んだりすることもあります。


このボケ、みなさんのこころに響くのだろうか。


絶対悩むとこ違う。


でも不思議なもんで、「こころに刺さるボケ」を追求すると、筆が止まってしまうのです。

人は考え過ぎると動けなくなるものです。


考えすぎると不安になるものです。


「最近のボケってキレもコクもないのではなかろうか」


そしてますます動けなくなる。


そうすると真面目なこともなんだか書けなくなってきたりする。

ああ、負の連鎖。


これを世間では「ボケしばり」と言います。


なんかそんなものに縛られなくない。


そもそも私はなんでこんなにボケに執着するんだろう。


そんなときはそもそもの想いに返ってみるといいです。

ええと、


「はじめまして。」


戻りすぎだろ。


やっぱり、あまり深いことを考えずに本能ボケで攻めたほうがいいような気がしてきました。


というか、ボケ1つでここまでくだらないことを書ける自分は十分すごいんじゃないか。

うん、そう思おう。誰も言ってくれないから自分でそう言おう。


ちなみに、文中の「ボケ」を今自分が気になっている言葉に変えて読んでみてください。


例えば、「長坂」。



(文中より)
「最近の長坂ってキレもコクもないのではなかろうか」


本能長坂。


微妙過ぎて地味に悲しい。


読んでくれてありがとう。


posted by ありーな at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月28日

見えているところ出てしまうところ。

みなさんこんにちは、長坂です。


わたし、夜の徘徊が趣味です。


いきなりかよ。


夜の徘徊と言っても、毎回うまいラーメンを探しているわけではありません。それは時々。


基本的にひとの「本質的なもの」を垣間見るのが好きなわたしとしては、夜の街は実に面白いです。

酔っ払ってクダまいてるサラリーマン。
イチャイチャが止まらないカップル。
疲れきった顔をしてコンビニで夜食を買うOL。

みんな昼間は全然違う顔をしているに違いない。


多くのひとは普段は「よそ行きの顔」で過ごしています。

でも、ふとした時に「内の顔」が出たりする。

余裕のない時とか、酔っ払ってる時とか、すごく疲れている時とか。


小さい頃からそんなとこばかり気になってたので、今でもみるところはそんなとこ。

だから髪型が変わったとかいつもと違う服を着てるとかカバンを変えたとかよくわかんない。


(基本ダメだろ)


でも、なんか心境の変化があったんだろうなとか、気持ちが沈んでるなとか、迷ってるなとか、そんなのは意外とわかる。

きっと見ているところが違うんですね。


そんな「内の顔」ってのは、ふとした一瞬に表に出る。
人は誰しも「表に出せない顔、出したくない顔」があるから、そんな顔があるのはある意味当たり前。
だからそれを見てほっとするときもあれば、傷ついちゃうときもある。


じぶん、繊細なもんで。 (言われたことない)


実際、それを垣間見てお付き合いをやめた人も結構いるし、逆にお付き合いが深まった人もいる。
逆に自分がそんな顔を出してしまってそれまでの関係が変わってしまったこともある。


夜ってのはそんな「普段見せない顔」が出てきやすい時間な気がします。

まあ最近は朝修行があるので、徘徊することはだいぶ少なくなりましたが。


なんでこんなことを思ったかというと、さっきご飯を食べようと自由が丘駅まで行ったら、行こうと思ってたお店がことごとく閉まってたんですね。


ちっ。


いともカンタンに内の顔が出てしまいました。


ち、ちっちゃい。



読んでくれてありがとう。












posted by ありーな at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月27日

【番外編】ブログを書き続けて心がけるたった1つのこと〜ブログ続けるコツ

みなさんこんにちは、長坂です。

あれだけヒイヒイいいながら書いた「ブログ続けるコツ」シリーズですが、終わったら終わったでちょっと書きたくなりました。自分の具体例をそう言えば書いてなかったなと。

私がブログを書き始めたのは2003年から。当時はとあるSNSにコラム的に書き始めました。

2003年と言えば、自己の棚卸しをして「これからの人生はメンタルケアで生きるぞ!」と決意した年です。
でもメンタルケアの勉強なんてしたことがない。

だからブログの1つの目的は、「学んだことをブログで整理をして、自分の腑に落とす」というところでした。
でもただ整理するでけでは楽しくないので、「自分のメンタルケアをしたい気持ちがどれだけ人に伝わるか」を試してみる場でもありました。

その時に心がけたのは、とにかく難しい言葉を使わないこと。

だから「心の殻」という表現で、「外では精一杯自分を作って生きているけどなんか疲れちゃう女性」に向けてのメッセージを発信しました。

今見返してみると、一文一文が長かったり、改行が甘くて読みにくかったりと、全然だと思います。

最初はそんなに反応もありませんでした。

でも書いていくうちにいろんな人からのコメントが来るようになって。
コメント返しをしているとどんどんコミュニケーションができてきて、なんだか楽しくなってきた。


とにかく「このブログを読んで、少しでもホッとしてくれたらいい」、そんな気持ちでした。

自分の書きたいことを書くというよりも、読者が読みたいことを書く。
それだけはずっと心がけていました。

やっぱり、この気持ちだけで、文章の伝わり方は変わるんだなと思います。

前にも書きましたが、ネタなんてあっという間に尽きてしまうわけです。
そんな時は、身近なモデルになりそうな人を思い浮かべながら、「この人ならこういうことを書いたら読んでくれるんじゃないか」と妄想をして書いていく。

それは今でも変わらないです。
書く前に「誰か」を思い浮かべながら書いています。

おそらく、そうした「誰かを想定してその人に話しかけるように書く」ことが、ブログの真髄なんじゃないかと思います。


ブログはコミュニケーション。


見えない読者に向けて書こうとすると、モチベーションを続けるのが大変。
反応がない人の前で話すことって辛いじゃないですか。

だから「特定の誰か」を常に想定する。


誰か1人を想定することで、いろんな人の心にも響くことができるんだろうなと思います。


この「癒し社長」ブログはまさにノンジャンル。
ノンジャンルだから毎日書くことを「テーマから」考えないといけない。
だからその日にあったこと、会った人を思い浮かべながらネタを探していく。

そして語りかける。


もっともっと、たくさんの人に読んでもらえたらいいなと思います。

ブログはリアルタイムで自分の今の想いを自分が想像できないぐらい広く伝えていける場。


みんなブログ書こうぜ。


読んでくれてありがとう。
posted by ありーな at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ継続のコツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月26日

Vol.10 どうにも続かないなら出してしまえ! ブログ続けるコツ

みなさんこんにちは、長坂です。

ヘタレブロガーの「ひいひい言いながらブログ継続しようぜ」シリーズ、ようやくvol.10です。


コツ10。 そもそも何のためにブログを書くんですか?


一番最初に「ブログを書こう!」と思った目的を思い出してみてください。

「ブログを書いてビジネスにつなげよう!」と思ったかもしれないし、
「自分の記録を残しておこう」と思ったかもしれない。

「みんなに何かを伝えたい」と思ったかもしれないし、
「ファンを作りたい」と思ったかもしれない。


そもそも「なんで自分はブログを書こうと思ったんだっけ?」と思い出してみてください。


ブログというのは、その目的を達成するための手段だったはず。

でも、いつのまにか、「ブログを書くこと」が目的になってしまうことが結構あります。

とにかくブログを書かなきゃ。

書かなきゃだめだ!

書けない自分は情けない。

もはや人間失格。


面白いわけがない。


人に響くようなブログなんて、そうそう書けません。
特に生まれて初めて書くとしたらなおさら。


でもひとつだけ人の心を打つことができる方法があります。


「自分の想いを伝えたい」と思うこと。


ブログはコミュニケーションツールだと私は思っています。

昔と違って、ブログは読者の反応が見えにくくなりました。
だから、「誰に向かって書いているのかわからなくなる」。


私が唯一続いたブログは、このブログとメンタル系ブログ(「心の止まり木にようこそ」)だけです。

メンタル系ブログが続いた理由はひとつだけで、

世の中で生き辛さを感じている一人でも多くの人に「こうすれば少しはラクになると思うよ」ってことを伝えたい。



癒し社長ブログが続く理由は、


どんなにくだらない内容を書いてもみなさんが生温かく見守ってくれるから。


どんだけ甘えてるんだよ。


「ビジネスにするためにブログを書く」

そういう人も多いと思います。

こんなときの効果は申込とか問い合わせとか。
でもそんなものなかなかきません。

反応の中でもこれって実は一番ハードルが高いと思います。

いきなり海にでてマグロを釣るようなもんです。


ブログって読んでくれている人はずっと読んでくれていたりする。
アクションを起こすとかじゃなくて、見守ってくれている人は絶対いる。


その人の「素」が出ているブログのほうがなんか心に残ったりする。

キレイな言葉とか内容で行き詰るのなら、いっそのこと自分の「素」を出してぶっちゃけで話してしまったほうがいい。
そのほうが伝えたいことがストレートに伝わる。


よっぽど先進的なノウハウを伝えているものでない限り、書いている人の「世界観」や「雰囲気」、「人となり」が伝わってこないとビジネスにつながることはほとんどない。

だって、自分のところに来る理由がないもの。


ひとはひとに惹きつけられる。

「そのひと」だから何かを頼もうと思う。


自分が伝えたいことを、かっこつけないで、ストレートに語りかける。

もしブログの更新に行き詰ってきたら、そんなことを考えてみてください。


読んでくれてありがとう。






posted by ありーな at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ継続のコツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月25日

講義が終わった後に得られるもの。

みなさんこんにちは、長坂です。

今週はビジネスプラン講座が3本ありました。

木曜と金曜はマカバ・ライフさん主催「スターシード覚醒講座」の中の「ドリームワーク」。
日曜はウェイビーさん主催の「チャレンジャー」。

いずれも4時間ぶっとおしの講座です。3回シリーズ。

とにかく「使えなければ意味がない」にこだわるアリスカンパニーとしては、実際に「ビジネスプランをその場で作ってみる」というところにこだわります。

説明して書いてもらって発表してもらってディスカッションして
説明して書いてもらって発表してもらってディスカッションして。


その繰り返し。


もちろん、マンツーマン起業塾のような「深いところまで突っ込む」ところはできません。

だから大切にするのは「ストーリー」。
一本の線を意識してもらいます。


そしてその起点は「誰に売るのか」というところ。
「特定の1人」を設定していただきます。

これが実は「言うは横山やすし行うは高橋がなり」


おっと違った「言うはやすし行うはがたし」。 (ちょっと無理矢理)


1人に絞るのって結構難しい。


でも、買ってくれる人をイメージできないとメッセージも決まらない。
買ってくれる人が何に興味を持って何に悩んでいていくらぐらい使ってくれるのか分からないとアドバイスもできない。


実はこの視点は会社員の頃はあまり考えない人が多いんですね。

そもそも「売る商品」が決まっているから。
「どのように売るか」ばかり考えてしまうから。
プロモーションやセールストークはパンフレットとかで会社が用意してくれたりするから。


「お客さんのことを考える」


当たり前のようなことだけど、実はそうではない。


そんなことを何度も何度も自分に問いながらサービスや商品を考える12時間にしています。


話しは変わりますが、研修とか講義が終わった後の状態って、講師の人によってさまざまみたいです。


講義ですっかり気分がハイになってしまって、クールダウンしないと夜も興奮して眠れない。


そんな講師の人、結構多いみたいです。

あの、私の心の師匠の「いとう伸」さんもそんなことをおっしゃっていました。


私の場合、講義が終わると「プチ廃人」状態になります。

もう、抜け殻


だからそんな時はラーメンとスイーツに走ります。
抜け殻具合に応じて量が変わります。


私の体はラーメンとスイーツでできている。



得られるものは脂肪でした。ぶくぶく。



読んでくれてありがとう。



posted by ありーな at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月24日

年をとっても変わらぬもの。いつになっても続けたいもの。

みなさんこんにちは、長坂です。

おとなになると、なんだか「ただ楽しいことをするだけの関係の友達」と出会う機会って減りますよね。

学生の頃の友達とは今でも会えば昔のようなバカ話をしたり、ただ騒ぐようなことができるけど、社会人になってから知り合う人とはなかなかそんなことはできなくなったりする。

だいたい、なんらかの利害関係があったりして。

だから、「カネの匂いがする」とか「自分にメリットがありそう」と思わせる時はいろんな人が寄ってくるけど、そうじゃない時は付き合いががくっと減ったりする。

ある意味合理的。
でもなんかさびしくないですか。


「○○さんさあ、子供の頃の夢って何だったの?」

「ええと、そうそう、パン屋になりたかったんだよねえ。」

「へえ、いいじゃん、作って作って」

「いや全然作ったことないから。」

「大丈夫大丈夫、作ってるうちにうまくなるって」


「作ってみたんだけどどうかなあ。」

「げっ、マズい。」

「やっぱり・・・。」

「つぎつぎ。いつでも食べてやるさ。また作ってきなよ」


「今度はどうだ!」

「おっ、ウマい!ウデ上げたねえ」

「やった!」

「これ、売れるんじゃないの?売っちゃおうぜ!」

「マジで!?でもどうやって売るのさ」

「ネットで売っちゃうんだよ。あっ、そう言えば△△さんの仕事、サイト制作じゃなかったっけ?」

「そうだよーん。作ってあげよう。カタカタカタ。」


「イイ感じのサイトができたじゃん!じゃあ、これみんなでFBでシェアして広げようぜ」

「りょうかいかい。拡散しちゃえー」


こんな感じのなんだかよく分からないけど楽しい集まり、あったらよくないですか?
ここに利害関係なんて全くありません。ただ「楽しければいいじゃん」的なノリ。


こんなビジネスを真剣に追求している人がいます。
dreambase」という名前で活動しています。


このビジネスを聞いた時、私は妄想が止まりませんでした。

基本妄想爆走なわたくし。
脳の中はちょうちょがひらひらと。

基本おこちゃまなわたくし。
おとなになったってバカみたいなことしたっていいじゃん。

おとなとこどもの違いは、楽しみながらやってたらもしかしたら実現しちゃうかもしれないところ。


「ノリ」で作ったものがブームになっちゃうことだってある。
何がどうなるかわからないもの。


人は本来、利害関係だけでは動かないようにできている。
会社とか、仕事とか、商売とか、そんなものを意識するから利害関係なんてできちゃうんだ。

もちろんそれは日常生活では必要だけど、たまにはただのバカでいいんじゃないかと思う。


起業塾の飲み会はいつも始発まで飲み続けます。
最後は数人で飲み続ける。
そこで何が起こるわけでもない。ただ飲んで声がかれるまで騒いでバカをする。

もう翌日はフラフラ。(当たり前)
でも仕事はちゃんとする。

50歳になってもそんな感じを続けたいなと思います。


朝帰り50歳。


めざせギネス。(単なる後世の恥)


そんなのいいなと思う人、ご一緒にいかが?


読んでくれてありがとう。




posted by ありーな at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月23日

自分の身を守る方法をひとつだけ。

みなさんこんにちは、長坂です。

19日のBizmatchの写真、FBページにアップし終わりました↓
https://www.facebook.com/bizcon.net

ついでにページ自体にイイねも押してくださると嬉しいです。

写真を撮ってくれたのは普段は「naomi sweets」という名前でスイーツを売っている香川さん。

最近新たな才能に目覚めたようです。確かに上手。

近々、「せみくる」の新サービスとして「セミナーの出張写真撮影」をリリースする予定です。
お楽しみに。


さて。

今日の起業塾ブレストの話題は、「誰と組むか」という話し。

独立するといろんな人が寄ってきます。
また、いろんな人と会う機会も増えてきます。

会社員の時は出会わなかったタイプの人にも結構会います。


みんながいい人だったらいいのですが、そうとも限りません。

何気に多いのが「自分の何かを利用しようとする」人達。

人のふんどしで仕事をしようと思っている人は意外と多いのです。

そんな人は、お願いはしてくるけど自分のお願いには答えてくれません。
自分が苦しい時に手を貸してくれることはまずありません。というか、一瞬で姿を消します。
自分にメリットがもうないと思ったらやっぱり姿を消します。

ものすごく多いです。


私がM&Aの仕事をしていてよかったなと思うことは、そんな人ばかりの世界の中ですごしていられたことです。
自己防衛しないととんでもないトラブルに巻き込まれる。


そんなことを「信用できない人の見分け方と信用できない人との付き合い方」というセミナーでお話しているのですが、実際のところ、なかなか見分けられないんじゃないかと思います。


一番の見分け方は、

手間のかかることをあえて頼んでみる

しかも相手には全くメリットのないこと。


この時の対応でほとんど分かりますね。


独立して、本当に頑張っている人に対してそのようなことをする人達は本当にキライ。


今日、「ギバー」という言葉を聞きました。


5d65b9aab17dcadaeb4ce62878ed457b.jpg

これはヤナギバー。


「相手に与えることが基本姿勢の人」だそうです。

この基本姿勢は好きです。

とはいえ、自己防衛していくしかないところもあるので、「用心深い」ぐらいでちょうどいいかもしれませんよ。


読んでくれてありがとう。
posted by ありーな at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月22日

vol.9 こだわりはひとつだけ〜ブログを続けるコツ

みなさんこんにちは、長坂です。

今日も書きます「ブログ続けようぜ」シリーズ。 (タイトル変わってる)

もはや、自分に言い聞かせてるような感じになってまいりました。

そして、とりあえず10回までいかないとなんか気持ち悪い。

この「気持ち悪い」という感覚が持てると、ブログはなんだかんだで続くようになったりします。

そこでコツ。

コツ9。 「何か」にこだわる。


前にも書いたとおり、ブログは定期的に書くのがいいです。
でも、これがプレッシャーになったりしますね。

頑張って毎日書いてたけど、ある時書き忘れてしまったりすると、なんか、糸が切れてしまって続かなくなることがよくあります。

なら、他のことにこだわればいいんです。

例えば、「本数にこだわる」。
100本書くなら書くまでがんばる。

「アクセス数」にこだわる。
目標のアクセス数に行くまでがんばる。

他のことはどうでもいい。ただ、それだけはなんとしてでも達成する。

それだけでも気分が変わると思います。

試してみてくださいね。


読んでくれてありがとう。

posted by ありーな at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ継続のコツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月21日

第1回Bizmatch(ビズマッチ)のご報告A

みなさんこんにちは、長坂です。

19日に開催された、「第1回 Bizmatch(ビズマッチ)」の写真が出来てきました。

10312616_600823036679639_4570731037049122002_n.jpg
今回はこんな感じの雰囲気です。

10363265_600824010012875_8965864478200894254_n.jpg
トップバッターは「エデンの園を復活させるプロジェクト」 福田香織さん

10371666_600824973346112_3900466707773988981_n.jpg
次は「トランポリンで引き出す子ども達の笑顔と自信〜児童福祉施設の子ども達のためのトランポリン教室〜」 平井健治さん

10270543_600826306679312_1071048415023929134_n.jpg
3番目。「信頼される教師に! 小学校の先生のための ビジネススクール&コミュニティ!」 高橋良雄さん。
今回の最高得点でした。

10277156_600841503344459_6846371121438766032_n.jpg
そしてラストは「夢語り実現していく為のみんなで作る秘密基地 DreamBase」 竹元紳一郎さん


プレゼンが終わったらいよいよ交流会です。

今回のワイン↓
10371900_600845296677413_1314206097291005208_n.jpg

ワインを提供してくれたのはこの方↓
10367796_600845863344023_7798931346423168724_n.jpg
マリスインターナショナルの牧島社長。

今回のゲストは
10268454_600846426677300_4638600659856678785_n.jpg
KOEI COMPANY Inc.のNOBU Kumagai氏

そして、cafestイベントの運営プロデューサー
10376087_600847243343885_1583823912876859917_n.jpg
チルドレンズワールドの岸社長

10401481_600855473343062_2371746058137558829_n.jpg
交流会もみなさん楽しそうでした。


という感じで、無事第1回を終えることができました。
参加してくださったみなさま、ありがとうございました。

まったく初めての試みでしたが、こう、イイ感じのものを得ることができました。
これはずっと続けていきます。

他の写真はfacebookページをご覧ください。

https://www.facebook.com/bizcon.net



第2回は6/23 19時〜開催します。
今回も4名のプレゼンターがエントリーしています。
プレゼンターの詳細は後日になりますが、今回も面白そうなテーマのビジネスがもりもりです。

今回大好評だったニュージーランドプレミアムワインも第2回でも登場です。

今回来られなかった方、6/23に是非!
第2回 あなたが決めるビジネスコンテスト「Bizmatch」


そして最後にこんな写真を。

10325218_600855800009696_5937155176503053535_n.jpg


司会者が飲んでんじゃねえよ。


読んでくれてありがとう。


posted by ありーな at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月20日

Vol.8 困ったときの○○ 〜ヘタレブロガーが語る「ブログを続けるコツ」

みなさんこんにちは、長坂です。

思いだしたように書き続ける「ヘタレブロガー」シリーズ。

vol.8まで来ましたよよよ。

もう、だんだん「乾いたぞうきんを絞る」ような感じになってきました。

ノウハウ系はいつもそう。


今日は、そんな、もうどうにもネタがなくて書けないんだけど、今日は書かないとやばいよまいったなあとほほほほ」という時のためのコツです。


コツ8。どうしても書けないときは「ニュース」と「youtube」に頼れ。

例えば、「世界一」「癒し」で検索をしてみました。

そしたらこんな記事が;
世界一の癒しロボット『パロ』が茨城県で誕生

 茨城県の産業技術総合研究所で開発された、メンタルコミットロボットの『パロ』が、世界で最もセラピー効果が高いロボットとして2002年、ギネスブックに認定されました。メンタルコミットロボットとは、「かわいい」や「心地よい」など、人の心に働きかけるロボット。人と一緒に生活して、楽しみや安らぎなどを与えてくれるペットのような存在です。

(続きはこちらをクリック)


ロボットに負けてるながさか・・・。
世界で最もセラピー効果が高いヒトとしてギネスブックに認定してもらえないかしら。


とまあこんな感じでブログになってしまいます。

ブログのいいところは、「ネタがあって自分の意見を少しでも載せればそれなりのものになる」ところ。


もう、記事を探すのもキツイという場合は、youtubeに頼ってみましょう。

なんと同じトピックが↓
"ストレス解消"世界一の癒やしロボットをアピール


ロボットに負けているながさか・・・。
私もテレ朝に出たい!


こんな感じです。

「今日はちょっとオフな感じで私の好きな音楽をご紹介」でもいいと思います。

とにかく「続けること」。

常に自分のブログを読んでくれている人達を意識するのがいいのです。

例えばブログを始めた頃なんて、20人ぐらいの人しか見ていないなんてことはザラ。
でも、リアルで考えてみてください。

リアルの世界であなたの言葉を20人の人が楽しみに待っているとしたらすごくないですか。


もうモテモテですよ、もてもて。


私のブログを続けるモチベーションはそんなところにあるかもしれません。


ブログシリーズもあと2回(の予定)。


雑巾しぼります。

ぎゅぎゅぎゅー。

ビリっ。



※休載のお知らせ※


(美○しん○かよ)


読んでくれてありがとう。
posted by ありーな at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ継続のコツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月19日

極度の緊張の中で愛を語る。

みなさんこんにちは、長坂です。

今日は記念すべき1回目の「あなたが決めるビジネスコンテスト『Bizmatch』」でした。

25名近くの方が参加してくださいました。
うれしい。

今回は予選会で、7分間のプレゼンテーションでした。

会場であるcafestは、話す空間と聞く空間が完全に分断されたスペースです。
お互いの声はスピーカーを通してでないとまったく聞こえません。

ちょっと慣れない空間。

ここで話した人は皆共通したことを言います。


「なんだかものすごく緊張する」


私でも正直緊張します。
相手の反応が見えずらいことと、声を出している感じがしないのです。


cafestには魔物が住んでいる。


今回は4名の方がプレゼンをしてくださいましたが、内容というよりも、「伝わりやすさ」で差が付いたように思います。

そして、やはり練習量の差が出ていたように思います。
練習、大事だなと改めて思いました。

このプレゼンテーション、今日だけでは終わりません。

webで流します。
6月頭から1ヵ月間、投票期間にします。

本日来られなかった方、是非見てみてください。

といってもまだサイトがありません。
サイトが出来上がったらご案内しますね。


「Bizmatch」の「マッチ」には2つの意味があります。


「火があったかい」


これはマッチ売りの少女ですね。 


「ギンギラギンにさりげなく〜♪」


マッチ違いだよ。


1つは「対戦型」で勝ち抜きというところ。
ビジネスの中では、「どれがいい」というよりも「どこかと比べてこっちのほうがいい」となることが多いです。
人は比べるんですね。

もう1つは、「ビジネスマッチング」ということ。

Bizmatchでは、交流会をセットにするつもりです。
交流会を通じて、一緒にビジネスを展開するということがあるといいじゃないですか。


とにかく、こうした「ユーザーが決める」というコンテストを本気でスタンダードにしたいと思っています。

6月も7月もやります。
またあたらめて告知をします。


Bizmatchで気づいたこと、また追ってブログに書きますね。

今日はとてもうれしい一日でした。


読んでくれてありがとう。







posted by ありーな at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月18日

変えぬなら活かしてみせよう無礼者。

みなさんこんにちは、長坂です。

こうやって毎日ブログを書いていると、当然ながらネタ探しが日課になるわけです。

ネタ探しで1番材料にしやすいのが「昔の思い出」。

我ながらいろんな意味でツッコミどころ満載

でも、ブログのおかげで昔のことをよく思い出すようになりました。


昨日の起業塾のブレストの話題は、「就職活動」だったんです。そこでまず思いだした。

わたしの就職活動はバブル完全崩壊直前の「最後の売り手市場」と言われた、学生にとっては天国のような時期。

今ではもはや伝説のようになっていますが、当時の都銀や証券では、「内定式前の拘束」というのがありました。
内定もらった日から、毎日いろんなところに連れていかれたり、部屋にこもったりする。


すごいでしょ。


その理由は「他の会社に浮気されないように」


ありえないでしょ。


まあ、いわゆる軟禁です。


でもわたしは逃亡しました。


アタマおかしいでしょ。


一日行方不明者。

銀行中大騒ぎだったみたいです。


今思うと、その時点でもはや会社員失格。いきなり無断欠勤みたいなもんです。

その日の夕方にしらーっと指定場所に行ったら、リクルーターの方は怒るというより涙目。

いわゆる半沢直樹の世界で言うなら、「内定者を逃亡させたのはリクルーターの責任だからそのリクルーターはバツ1個」ってことです。(たぶん)

リクルーターの方から、「行方不明になって逃亡したのは君が初めてだ」と言われました。


だって、他のところ受けたかったんだもの。(おい)


絶対採用したくない、こんなヤツ。


都合のいいいい時代でした。


今思うと志望理由もかなり微妙。
私はM&Aのアドバイザーの仕事しかしたくなかったので、就職活動中はどこにいってもその話しをしていました。

銀行に行ってもM&A。
証券に行ってもM&A。
商社に行ってもM&A。
メーカーに行ってもM&A。

今でこそM&Aの専門会社はありますが、当時は多くの会社が主業ではなく派生サービスとしてM&Aを手掛けていたんですね。

いわば枝葉事業


主業に興味を持たず、枝葉事業のことばかり話す学生。


いくつかの企業から、「うちの本業は○○だから、M&Aの仕事に就けない可能性は高いけど、それでもいいの?」と聞かれました。

「はいっ!M&Aの部署に行けるよう頑張ります!!」


それ以外の仕事はしたくないって言ってるようなもんじゃないか。


私ならこんなヤツ絶対採らない。めんどくさそうだもの 「ながさか=めんどくさい」


都合のいいいい時代でした。


なんでM&Aをやりたいの?と聞かれた時に言っていたのは、

「M&Aは、いまある会社といまある会社が合わさって全く新しい会社を作ることができるビジネス。そんな場面に携わりたい。」

そんな感じのこと。


ってな話しをしているうちに、いろいろ思い出してきました。

私、大学の専攻はアフリカ政治学だったんですが、卒論でまとめた主張は

「今あるアフリカの国境は戦争の時に各国が自分たちの都合で作ったもの。だから様々な問題が起きる。国境をイチから見直して、そこに住む民族に合わせて国境を引き直すべきだ」

そんな感じ。

私が行っていた大学の入試には、「面接試験」がありました。

なんで政治学科に行きたいんですか?の問いに対して答えたのは、

「世界中の政治のシステムを学んで、日本の政治のシステムを見直して新しい政治のカタチを作りたい」


なんか共通してる。

「今あるものを見直して、新しいものを作りだす。」ってところが。


今と変わらないじゃないか。


今の自分に迷いが出たり悩んだりしている時は、過去の自分がしてきたことや想いを思い出してみるといいですよ。

かならず共通しているところがある。特に「想い」の部分。

これまで生きてきて共通しているのだから、これから先も変わることなんてない。
よくも悪くもそれが自分自身。


それを直そうとするよりも、そんな自分をどうやったらうまく活かせるかを考えたほうが建設的。
というか、結局は変わることなんてないんだから、活かす方法を考えるしかない。


短所は長所っていうしね。結局は気の持ちよう。


でも逃亡はだめだと思うわ。



読んでくれてありがとう。


※記念すべき第1回「Biz-match」はいよいよ明日開催です!
これからの日本を変えるかもしれない新ビジネスのプレゼンテーションから始まり、日本ではほとんど飲めないニュージーランドプレミアムワイン4種と交流会と、ナマのアメリカビジネスや資金調達の話しをきける、この参加費では十分お釣りがくるようなイベントです。

まだ若干お席ありますので、お早めにお申込ください。

概要&お申込はこちら↓
あなたが決めるビジネスコンテスト「Biz-match」+交流会
posted by ありーな at 13:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月17日

備えあれば太るだけ。

みなさんこんにちは、長坂です。

19日の「あなたが決めるビジネスコンテスト」の開催が迫ってきました。

このイベントは二部構成になっていて、二部は交流会と「なんでも相談会」になるのですが、この時の目玉が「ニュージーランドワイン」です。

ワインを提供してくれるのは、マリスインターナショナルさんで、すべて現地で味見をしながら直接買い付けをしているというツワモノ。

だからここ以外では手に入らないワインばかり。基本オーガニックみたいです。

ニュージーランドワインはワイン好きの間でも評判がいいみたいですね。

わたしはワイン飲みますけど、あまり違いがよくわかりません。
というか、お酒の味がそもそもよくわかりません。


おこちゃま


どれぐらいがいいのかよくわからないので、
今回、15本を仕入れてしまいました。

30人として2人で1本。

15人だと1人1本です。


どんだけ飲むんだよ。


昔から、「足りなくなるよりは余った方がいい」という感覚があります。


もう一つ、「あるものは全部処理する」という習性があります。


「余るぐらい用意する」
「あるだけ処理する」


この二つが組み合わさるとどうなるでしょう。


スリムシャツがぱんぱん。


自分のことはいいとして。


今回用意したワインは四種類。

どうせなら、全部試してみてください。

だからグラスは「おちょこ」です。


チビチビ。
ちびちび。


かえって酔いそう。


ちなみにウソです。(おい)


そんな、いつも通りの行き当たりばったりイベントですが、きっと楽しいと思います。


お気軽にどうぞ。


今回のワインはこちらに載っています。
ニュージーランドプレミアムワイン

読んでくれてありがとう。

【残席わずか】5/19 19:00- 『あなたが決めるビジネスコンテスト「Biz-match」+交流会』

詳しくはこちら↓
『あなたが決めるビジネスコンテスト「Biz-match」+交流会』


FBページではさらに詳しい情報をアップしています。イイねお気軽にどうぞ。
あなたが決めるビジネスコンテスト「Biz-match」
posted by ありーな at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月16日

ブロってなんだろう。

みなさんこんにちは、長坂です。

昨日今日と、スターシード覚醒講座内の「起業講座」の講師でした。

今回は12時間の講座です。
12時間だろうが3時間だろうが状況に応じてお話します。

基本的に、事前にあまり「何を話すか」は決めていきません。

参加者が聞きたいことを話そうと思うと、あまり「キチッと」しないほうが柔軟に考えられるからです。

「しっかり準備しろよ」と言われるかもしれません。

起業はみなさん知りたいことはさまざまです。
目的もゴールも違います。
マンツーマンと違って、集団の場合はそんなさまざまな人が入り混じっています。

どんなニーズでも対応できなかったら、プロと言えないじゃないですか。

今日はブレストがすごく盛り上がりました。
こんなに盛り上がったのは初めてです。

そうやって実践的に起業のコツを知っていただけたらいいなと思います。

明日もブレスト三昧。
楽しみです。

読んでくれてありがとう。


posted by ありーな at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月15日

そばにいる人は今の自分を表している。

みなさんこんにちは、長坂です。

最近よく感じること。


人生は自分に合った人が集まるようにできている。


最近はいろんなところで起業講座の講師をやっています。
朝セミは相変わらず毎日。

いろんな人が参加してくれます。
でも、なんかどこか似た雰囲気になっていきます。
何度もきてくれる人は特に。

いろんな人と組んだりしています。
その時にしているビジネスとか、自分のマインドによって付き合う人のタイプは変わります。

でも、ずっとお付き合いしている方もいます。

すごくご無沙汰していても、ふっとまた関係が深くなる人もいる。


続く人、続かない人、なにが違うんだろう。


結局のところ、「自分自身の本質的なところにお互いが共鳴する人が長続きする」ような気がする。

細かいところはその時々で変わります。
でも本質的なところは子供のところから変わることはない。

正直、最初のおつきあいの中で「本質に触れているか」はよく分かりません。
でも私の場合、長く続いている人の傾向は明らかです。


• 奉仕の精神があること
• 誠実なこと
• 自分自身の理不尽さを知りつつ、それを包み隠さないこと


人間関係は難しいです。
深く付き合おうとおもったらなおさら。
でも一つ言えるのは、まずは自分自身をさらけ出して、初めて人と「深いお付き合い」ができるんだろうなということ。

さらけだすのは勇気がいります。
「なんだこいつ」って思われることもあるし。

でもそれで合わないなら仕方ない。
自分の本質的なところなんて変わらないんだから。


あ、いつもいいますが起業塾の人は例外です。私から離れることはありません。どんなことがあっても。それが起業塾に入ってくれた方とのお約束。


人は常に迷うし弱る。
そんなことも踏まえて相手を理解して、でも同情するわけでもなく変に気を使うわけでもなく、いつも通りの付き合いをしてくれる。

そんな人を大事にしたいなと思います。


読んでくれてありがとう。

posted by ありーな at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月14日

全く新しいビジネスコンテスト。ワインもアメリカも癒し社長もあるよ。

みなさんこんにちは、長坂です。

私はいろんなビジネスコンテストの出場をお手伝いしてきました。
審査員側でたくさんのプランを見たこともあります。

いつもなんだかモヤモヤしたものが残っていました。

「モヤモヤ」といってもタバコの煙がすごいわけじゃありません。

それは「モワモワ」だよ。

今日はマジメに書くつもりだったのに。習性って怖い。


「何のために自分の渾身のビジネスプランを発表するのか」


いいビジネスとは、
「お客さんがたくさん付いているビジネス」。
「お客さんがたくさん買ってくれるビジネス」。


なんでお客さんが選ぶビジネスコンテストってないんだろう。

そんなことを結構昔から考えていました。
だから、そんな「ユーザーが選ぶビジネスコンテスト」を作りたい、そんなことを結構昔から考えていました。

でも、いろいろな課題もみつかって、気が付いたら結構な日時が経ってしまっていました。

もったいない。

だから、もう始めることにしました。
19日にそれをいよいよスタートさせます。

「あなたが決めるビジネスコンテスト「Biz-match」+交流会(ワイン付き)」

今回は予選会です。
予選は「対戦型」。2人のうち1人、「このビジネス面白い!」方を参加者の皆さんに選んでいただきます。

勝った人がファイナルに出場して、20-30分のプレゼンを行います。

予選会は5/19、6/23、7/14の3回。
5名ぐらいの方がファイナルに進むかと思います。

実はこれはリアルだけではありません。
ネットでも配信をして、投票ができるようにします。

とにかくたくさんの人に見てもらって、人気のあるビジネスを決める。

だってビジネスはお客さんが全てだもの。
どんなに練られたよくできたビジネスでも、お客さんが付かなかったら価値ゼロです、ゼロ。

私もイノベーションズアイアワードで経験しましたが、7分間のプレゼンテーションは難しいです。
遊んだら7分をはるかに超えるし、さっくりしすぎると4分ぐらいで終わっちゃう。

でも、ビジネスでの営業で相手の興味が引けるかどうかはわずか1分。
いくらいいビジネスでもその時間内に相手を前のめりにできなければ何の価値もない。

まだサイトも出来上がっていませんし、実に見切り発車だと思います。
でも、なんだか今がそのプロジェクトを開始する時期なのかと思い、はじめます。


このプロジェクトは、単なる「お祭り」的なプレゼンテーションコンテストにしようとは思っていません。

本格的な起業支援の1つだと思っています。

起業した時は「ひとものかね」の全てがありません。
Biz-match(ビズマッチ)を通じて、そんなリソースを満たすことができる、そんな場にする予定です。

そう、「かね」についても考えています。
クラウドファンディングをここでしていきたいと考えています。

今すぐはできないですが、実現させます。

だって、そもそも「このビジネス面白い!」と思う人が出てくるじゃないですか。
そんなビジネスをみんなで応援したい。
起業家が足りないリソースを、ファンの人達の力を借りてカバーしていきながら、力になってくれた人に返していく。

だから、Biz-matchは私の中では単なるスポット的なイベントとは考えていません。

アリスカンパニーの中の一大事業の1つだと思っています。


現在サイト制作中です。
もう少ししたら、お披露目できると思います。


このプロジェクトはおそらく、アリスだけでは時間かかってしまいます。
そこで、


【募集!】
Biz-matchを一緒に盛り上げてくれるパートナー(個人も可)



「一緒に何かしたい!」とか
「話しを聞きたい!」という方はこちらからお問い合わせください↓
http://www.arys.jp/modules/liaise/index.php?form_id=5


「Biz-match」の「match」は、そもそも「対戦」という意味ですが、「マッチング」という意味も持たせています。

いろんな人が自分の気に入ったビジネスに関わり、応援しながらそのビジネスを成長させていく。
Biz-matchで知り合った人たちのつながりがどんどん広がっていく。

そんな場にしたいです。


「歴史を変える」ようなビジネスが誕生してほしいです。

本気でそう思っています。


みんなで応援したビジネスが歴史を変える。そんな場に自分が携わる。

楽しくないですか?


あ、もちろん、「自分もコンテストに出場したい!」方も大歓迎です。
「CMを流したい、PRをしたい」という方も大歓迎。

こちらから連絡ください。
http://www.arys.jp/modules/liaise/index.php?form_id=5


Biz-matchでは常に交流会をセットにする予定です。
今回はニュージーランドワインをご提供します。
おいしいですよ。

さらに、サンフランシスコで活躍されているNOBU Kumagai氏も参戦決定。
海外ビジネスの動向やツボを教えてくれます。


とにかくいろんな意味で楽しんでいただきたい3時間。

みんなが楽しんでくれるイベントにします。


もっと早く告知すべきが、すでに1週間を切ってしまいました。
1人でも多くの方に参加いただけると嬉しいです。


「あなたが決めるビジネスコンテスト「Biz-match」+交流会(ワイン付き)」


今日はPRをさせていただきました。
こういったことに興味のない方、せっかく読んでくれたのにごめんなさい。


読んでくれてありがとう。



posted by ありーな at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月13日

気持ちのスイッチを持てはあなたも◯◯。

みなさんこんにちは、長坂です。

基本的にわたし、スーツ大好きです。
スーツにはネクタイ。ネクタイを締めるのも大好きです。


ネクタイで首を締めるのが好きなわけではありません。


でも最近はほとんど着ることがありません。


さて問題です。なぜ着ないのでしょうか。

(1)「スーツを着ないスタイル」という、自分ブランディングのため

(2)スーツを着るとますます怪しくなるから

(3)ピチピチですぐ破けちゃうから


ちゃんとしろよ。


今日は金融系のお仕事だったので、久しぶりにスーツを着ました。

もちろんネクタイも。
スーツを着るからにはネクタイはしないと気持ち悪いです。

あ、スーツを着ない理由がもう一つ。


(4)シャツの第一ボタンが閉められないから。


やせろよ。

というかサイズ選べよ。


まあ、まあ。


なぜか金融系の仕事の時はスーツを着たくなります。しかも青系。


スーツ=シュッとする


そんな刷り込みが自分の中にあるのでしょうか。


気分を変える方法はいろいろありますね。


洋服を変えるとか
髪型を変えるとか
普段と違うルートを歩くとか
トイレの中で暗示をかけるとか。


「気分を切り替えるスイッチ」を何か一つでも持っておくといいですね。


そのスイッチを入れると別人に変わるみたいな。

目つきも顔つきも、歩き方さえも変わる。


わたし女優よ。
みたいな。


私にとってスーツはそんなスイッチなのかもしれません。

そして今日はいつもどおりユルユルな格好です。


金融の仕事を増やすかなあ。


(そんなに好きなら普段から着ればいいじゃん。)


そんな声が聞こえてまいりました。


読んでくれてありがとう。
posted by ありーな at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月12日

Vol.7 自分ルールでグフフ〜ヘタレブロガーが語る「ブログを続けるコツ」

みなさんこんにちは、長坂です。

久しぶりの「ヘタレブロガー」シリーズです。

予想通りネタが尽きてきた感がありますが、続けますとも、10回までは。

ネタが尽きてからが勝負だ! (自分に言い聞かせる)


コツ7。ダメなときは「自分ルール」発動。 


どうしても書けないって時はありますよね。

どんだけ考えてもネタが出てこない。
というか、ネタを考える気力がわいてこない。


そんなときは、寝た方がいいです。


必殺オヤジギャグ。


私の場合は前説が浮かばないときがほとんどなのですが。

えっいらないですか?
前説がない癒し社長ブログなんて、麺の入っていないラーメンみたいなもんじゃないですか。


(ふつーに中華スープだよ)


起業家の間でのひそかな言葉として、「ヤバくなったらさっさと寝る」があります。


どうしてもダメだったら、休んでしまうというのも手です。

でもそのときに絶対守らなくてはならないルールを作るといいです。

たとえば、「2日休んでも3日目は絶対に休まない」とか。
これはどんなことがあっても守らないと、そのままズルズル放置ブロガーになります。


「休める」と思ったらなぜかやる気になることもあります。
「やっていい」と言われたらやらなくても満足しちゃうみたいな。


今の私は「1日たりとも休んではならん!」という、上の言葉が全然説得力をなくしてしまうルールを作っていますが、本当にどうしても書けないときはあります。


そんなときはこっそりグフフです。


意味わかんねーよ。


たとえば、今日のこのブログが「こっそりグフフ」です。


ちょっとぐらいいい加減なぐらいがちょうどいい。


読んでくれてありがとう。
posted by ありーな at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ継続のコツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする