世界一の「癒し」社長を目指して

2019年01月20日

だってしょうがないじゃない。

みなさんこんにちは、長坂です。


そもそも、この先どうなるかわからないことをするのには結構な勇気がいるもんです。

だから、日常的にそんなことを続けている起業家は変態と言われるのです。


特に、会社員から突然そんな世界に入り込むは宇宙人と呼ばれます。


普通だったら、不安だし怖いと思いますよ。


私がよく、起業をするきっかけは次の3つしかないと言っています。


(1)自分の予期せぬ状況になった時 (リストラとか倒産とか)

(2)自分がどうしてもやりたいことが会社員ではできないとわかったとき

(3)今の環境をどうしても変えたいとき(ハラスメントとか、ストレスMAXとか)


なぜならば、そういう時は頭で考える理論より衝動に近い感情が優先するから。
そもそも、起業しなくたって、世の中的にはなにも起こらないのです。


人間の本能として考えても、先が見えないことはしません。

怖いもの。


だから、なんだかんだで勢いって大事なのだと思います。


どこかに書いたかもしれませんが、一度「起業したい」と思ったら、起業するまでその想いは残り続けます。

起業してから初めて「あー自分は起業家向きではないんだな」ってわかる。


しょうがないんです。

この世の中、そもそも「起業したい」なんて思う人のほうが少ないんです。


変態なので、実現するしかないのだと思います。


あとはタイミング次第。



今日、相談にのった人はまさにそんな感じ。

起業しない限り後悔するなら、起業するためにどうするかを考えるしかない。



私は社長業とか全く興味がなくて、単に自分がやりたいことを実現するには自分が始めるしかなかった。

ユニコーンもそうですけど。


でも、自分でしたくて始めたことだから、仕方ないかなーって思うのです。


この、「仕方ない」って大切かもしれない。



前向きにあきらめる感じ。



こういったことは頭で考えるもんじゃない。

こころが感じるもの。



踏み出したら、私がサポートしよう。 一生。



読んでくれてありがとう。


2月1日20時に限定配信しますよ。
今のうちにメール会員登録してくださいね。メルアドだけで大丈夫です。





posted by ありーな at 21:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月19日

ひとりで〇〇できますか?

みなさんこんにちは、長坂です。


最近気づいたのですが、



私 実は



ひとりで外で〇〇するのが苦手みたいです。



はい、今日は久しぶりのぐだブログです。でだしで分かった人はかなりのマニア。



私食べることは結構好きで、おいしいお店探すのも好きなんですが、


ひとりでレストランとか行けない。


お酒もいろいろ飲むんですが、


ひとりでバーとか行けない。


あ、カフェは行けます。

でもおしゃれなカフェは行けない。 めんどくせー



なんなのかなーと考えてみたのですが、



せっかく行くなら一緒に共有したいし楽しんでくれたらそれがうれしい。


だからひとりの時のごはんとか、もう超適当。



ひとり時間は好きなんですよ。


だからひとりの時はむしろひきこもる


部屋でyoutube見ながらポテチ食べながらぐだぐだしてるのがいい。

で、飽きたら寝る



ご飯とかお酒とか、何かを口にする作業って本能的なものだと思うんですね。

そもそもは生きるための手段。だから究極的には最低限の栄養素を摂れれば生きていける。


でも、それを超えて美味しいものの追求とか素敵な空間に出会った時の感動ってなると、人と共有できたほうが楽しいじゃないですか。


大学生の時に、一人旅をしたことがあります。

ひとりで動くってどんなもんなんだろうって思ってやってみたのですが、


すぐ飽きた。


別に旅しなくてもいいかなって思ってしまいました。


よく、一人旅だと現地の人と出会うのが楽しいっていう人がいます。
それはそれで素敵なんだと思います。


でも私、人見知りなんで、知らない人と話せないんです。 (ヘタレ)


だったら気心の知れた人と一緒にいって楽しさを共有したほうがいい。


ひとりだったらひとりの空間で楽しむ。

ひとりの空間でなければひとと楽しむ。


それってもしかして


ひとり好きのさびしがりや?


うわめんどくせー。



読んでくれてありがとう。 (ここで終わりかよ)



(追伸)
2月1日20時に、メール会員限定の情報をメールで配信します。
メール会員だからGETできるかもしれない情報ですよ。

今のうちに登録しておいてくださいね。










posted by ありーな at 22:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月18日

自分がいいと思わなかったら人に言えないよね。

みなさんこんにちは、長坂です。


証券会社にいた時に、とてもいやな行事がありました。

グループ内のクレジットカードを売るというノルマがあったのです。


多くの人は親とか親戚とか友達とかに売っていました。

でも、私はそれができなかったんです。



その理由は、「それが相手にとってメリットがあるのかがわからないから」



自分が納得できなものは勧められない。


世の中的には、とにかく数字を達成するために手段を選ばないっていうひとも結構いるのだと思います。


それがいい悪いではない。


単に、私がそれができなかった


というか、今もできない。


今は何がいいかというと、自分がいいと思うものを扱えること



自分が本当にいいと思うから、「売る」のではなくて「紹介する」という感覚。

それで相手もいいと思ったらビジネスになるし、思わなかったら何も起こらない。


だからこそ、「相手がいい」と思ってくれるためにどう自分が自信を持って話ができるかがキーなのだと思います。



証券会社のカードは、自信をもって話をすることができなかった。

ただそれだけ。


会社って、そもそも「好きなことをする場所じゃない」っていう人も多くて、そうなのかなと思うときもあります。


だからこそ、ユニコーンでは、社員みんなが「ユニコーンのビジネスはとってもいいものなんだ」と確信できて、

自信を持って人に話すことができる、そんなところを目指しています。


そのために、私は伝えていくという責務がある。



そして社員が自信を持って人に伝えることで、皆さんが幸せになるのだと思っています。



読んでくれてありがとう。



posted by ありーな at 23:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月17日

出るべきか出ないべきか。

みなさんこんにちは、長坂です。


今日は夜のお仕事(起業実現ゼミ)なので、ちょっと早めにブログを書き始めています。


私は比較的、「社長という人種」と話をする機会が多かったのだと思います。

M&Aは売却専門だったので、ほとんどが社長。
コーポレートファイナンスの時は、上場企業の社長。
起業家支援もそもそも社長。


時々、哀しい想いをすることがありました。


プツっと社長の顔が見えなくなるときがある。


まあ、会えなくなるってことなんですが。


今まで取れたアポが取れなくなる。
代理の人が対応するようになる。


たいがいはいろいろうまくいかなかったり思うように進まなかったりするときなんですが。
なんとなく理由はわかる。


でもやっぱり哀しかったです。


だから、ユニコーンではできる限り顔を見せ続けるようにしようと思っています。

いいときも悪い時も。


顔って言ってもこれじゃないですよ。

mypic.jpg ←(詐欺写真)



常に説明できるようにしていきたいということです。



前に、ある人に言われました。

社長は基本的には表で話さないほうがいい。発言が会社の最終意思になってしまうから。


理解はできる。
確かに、金融の社長ってあまり顔がでないよね。


でも私はNGが出るまで出るつもりです。

そもそも個人的な意見なんてないんだから。



社長が出ていたほうが、きっとわかりやすいでしょ。



即NGにならないように気をつけます。



おっとそろそろ夜のお仕事の準備をしなければ。


また明日。


読んでくれてありがとう。



posted by ありーな at 18:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月16日

コミュニケーションの本質は〇〇を伝えること。

みなさんこんにちは、長坂です。


今日もびっちりいろいろな人に会わせていただきましたよ。


やっぱり仕事でいろんな人に会えるのは楽しいです。人見知りですが。


コミュニケーションをしていて、最近あらためて実感することがあります。


コミュニケーションで大事なのは、


相手が話してほしいことを話すこと。


自分が話したいことを話すのではないんですね。


こんなことを言うと、「そもそも相手が話してほしいことがわからないじゃないですか」ってコメントされます。


だったら聞けばいい。


「どうしてほしいですか?」って。


そもそも人が人と話すときは、何か相手に伝えたいことがある。


ということは、お互いに言いたいことがある。

逆に考えると、お互い、相手のことを聞きたいわけじゃない


なんか難しくなってきたぞ。



まずは自分のことを話したい。

これが一般的に「コミュニケーション」と言われるもの。


この「まずは」というのがポイント。

人が言いたいことって実はシンプルで、そんなに多くない。
ちゃんと話せて満足できると、相手の話を聞く余裕ができる


ってことは?


まずは相手の話を聞いて、相手が話したいことを話してあげれば、相手は満足する。
「自分の話をわかってくれる」ってうれしくなる。


そうしたら、話しを聞いてくれるようになります。


「そんな、相手の話ばかり聞いていたら自分の話なんてできなくなっちゃうんじゃないの?」って思うかも。


そもそも、お互いに自分の言いたいことだけをいうコミュニケーションって、コミュニケーションって言えるんですかね。
ただ話してるだけ。


「相手は自分のことをわかってくれる」って思ったら相手のことも聞く余裕ができる。
それが言葉や意見をキャッチボールするということ。


そのほうが結果的に話が進むんだよね。


論破してYESと言わせたとしても気持ちがついていかないので、結局進まないことが多い。



そんなことを心がけるようになったら、いろんなことが進むようになりましたよ。


基本的に短気なので、時々論破モードになることもあります。

だいたいうまくいかないです。



そんなコミュニケーション、ぜひお試しあれ。


読んでくれてありがとう。


徐々にメール会員登録が増えています。
まだの方はぜひ。

1日にメール会員限定でお得情報を配信する予定です。
今のうちに登録しておいてくださいね。





posted by ありーな at 23:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月15日

濃密な時間が好き。

みなさんこんにちは、長坂です。


ちょっとタイトル怪しいですが、怪しいのは私の存在ぐらいです。


今週も「あなたと逢いたい」キャンペーン継続中です。 ← 元ネタ


もう、せっかくなんで今月はずっとキャンペーンをしようかと思っています。


お久しぶりの人からはじめましての人まで。

会社員から社長まで

子供からお年寄りまで。


誰に会ってるんだよ。


基本的に無駄な話は一切したくないので、最初から最後まで直球で話をするのですが、
結果的になんらかのアクションプランができる。


手ぶらでは帰らせないわよ、ふふん♪  (誰だおまえ)


周りのすべての人がユニコーンと絡んだら何か楽しいことができるようになってくれたらいいなと思います。

それってすごい大変だし現実的にそうなっていないこともわかっていますが、

それでも目指したい。楽しくなってなかった人には何らかの恩返しをしたい。


今日、とっても好きなある社長さんと打ち合わせをしました。
ものすごく忙しいはずなのに、すぐに会ってくれて、実のある話をしてくれる。

「今度こそ一緒に何かできたらいいね」って言ってくれる。


でもその社長さんと会うのは、今日が3回目なのです。

本当にありがたい。


世の中の社長さんに会うときはとっても緊張します。
一言一言に無駄がない。すべてに意味がある。

だから私も一切の無駄な話をしない。

先方に興味がなかったら5分で打ち合わせは終わる。

だから興味のある話を数分で引き出す。


その緊張感が私にとっては心地いいです。

せっかくお互いが貴重な時間をともに過ごすのだから、一つぐらいお互いの実りのある成果物を創り出したい。


そんな打ち合わせ、しませんかー?


ブログを読んでくれている皆さんにこっそり教えると、

18日(金)
21日(月)
25日(金)
31日(木)

はまだお逢いできます。

早いもの勝ちだよお客さん。



ご連絡、お待ちしております。


そういえば話は変わりますが、メール会員は今でも募集中なんですよ。


今からメール登録しても、vol.1からお送りするのでご安心くださいね。


読んでくれてありがとう。






posted by ありーな at 23:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月14日

成人式に思うこと。

みなさんこんにちは、長坂です。

今日は成人式なんですね。


私は成人式の式典に行きませんでした。

一人で行ってもおもしろい感じがしなかったのと、かと言って誰かを誘いもしなかったし誘われもしなかったし。

あまり友達付き合いが得意ではないので、小中高の友達ってその頃は残ってなかったんですね。


友達付き合いが得意じゃないところって今も変わってないなあと思います。


自分が20歳の頃って、全然自立していないくせに、「もう大人じゃん自分」って思っていて、きっと親から見たら笑っちゃうぐらい子供だったんだろうなって思います。

でもそれをそのまま「流して」くれた両親には感謝しています。
自分でそれがいかに未熟であったか、自分で考えて実感することができたので。


うちの両親は本当になにも言わない人でした。
「〇〇しろ」って言われたことを全然覚えていない。


あまりにも言われないので、結局自分でいろいろ考えて自分で動くクセがついたように思います。


20歳になった時も、特に何を言われた記憶がない。
まあ、その時はほとんど親との会話はなかったんですが。



でも今思うと、親からすればいろいろな想いがきっとあったのかなと思います。

親にとってはいつまでも子供は子供で、小さい頃のしがみついてきた時の光景をずっと持ち続けている。

その一方で子供はどんどん自立していって、その時の姿と成長していく姿とはギャップが出てくる。

うれしいようでさびしいようで。

20歳になるということは、法律的にも「親から離れる」ことがいつでもできるようになるということ。

成人式というのは、子供が自覚をするというよりも、実はそういった複雑な想いに親がけじめをつける行事なのかもしれませんね。



成人、おめでとう。



読んでくれてありがとう。




posted by ありーな at 23:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月13日

仕事はどこでしたいですか?

みなさんこんにちは、長坂です。

新年明けてからのすぐの三連休って、なんかこう、前のめってしまいますね。進もうと思ったとたんつまづく、みたいな。


これまでって「三連休ってなんだっけ。おいしいの?」という感じでメリハリのない感じだったのですが、今年は今日と明日がちょっとだけオフな気分。

オフといっても、人には会わないですがなんだかんだ仕事はしています。


メールとかネットとかある限り、ベンチャーの経営者って完全にオフの日ってないような気がします。
というか、経営者に限らず、経営陣も社員もそんな感じなんじゃないかと思います。


最近、本社のサイズを最小にして、自宅とかコワーキングスペースとかレンタルオフィスとかに社員を分散させる企業が増えてきましたね。

以前、孫泰蔵さんが「オフィスをなくした理由」というブログを書いていました。


金融はちょっと古い業界なので、オフィスを完全になくすということは難しいのですが、
業務の内容によっては、会社にいる必要なんてないんじゃないかと思っています。


理由は簡単で、家で仕事をしようがどこで仕事をしようが、コミュニケーションをとる方法はいくらでもあるから。


この、「コミュニケーションをとる方法がいくらでもある」というのが実はポイントで、


大切なのは、一人ひとりがどこで何をしているかではなく、

1日のうちで対応できる(コミュニケーションが取れる)時間はいつなのかを共有できているか

だと思っています。


スマホでメールやスケジュールがいつでもチェックできる今の時代、1時間以上コミュニケーションが取れないというケースは少なくなっている。基本的にメールとかツールを1時間以上チェックしないというのは私の中ではありえない。


ただし、長時間車を運転していたり、映画を見ていたり、こもって作業をしたくて外部の接触を断ちたいときとかあるので、大事なのは「対応できない時間」を共有しておくこと。


その時間がわかっていれば、何かをお願いしたり意見を求めたいときにその時間をはずせばいいし、あるいはとりあえず連絡しておいて、対応できる時間まで待っていればいいし。


もちろん、顔を見て話をすると、言葉以外の表現ができるのでコミュニケーションはしやすくなります。
(いわゆるノンバーバルコミュニケーション)


でも必ずしもいつもそうする必要はなくて、会わなくても用事が足りることはたくさんある。
最近はzoomみたいなツールもあるしね。(わたしはあまり好きじゃないけど)



私はそもそも会社員の頃から朝にちゃんと出社しなくて、上司から「お前なんで会社に時間どおりに来ないんだ?」って言われて

「来る必要がないときになんで来る必要があるんだ」って答えてた人間なので、

今は普通にそんな感じです。



でも、対応は早い自信はある。

今日だって基本はオフですが、スマホやPC等のネットをチェックしない時間が1時間以上になることはないです。

逆に言えば、だからこそフラフラできる


ユニコーンでも、そんな仕事のスタイルを全体的に浸透させることを模索しています。

全員がオフィス不要ということではなくて、会社に来たほうが仕事しやすい人は来ればいい。

会社に来たくない人、来られない人は、どこにいても仕事さえすればいい。

会社にいないとできない業務をしたい人は会社に来なくてはいけないし、会社に来たくない人は会社にいなくてもできる業務を選べばいい。


小さなお子さんがいる主婦の方や、身体が不自由な方、何らかの理由があって外に出られない方、そんな方たちが生き生きと働ける環境をユニコーンでは作りたいと思います。

だって、仕事をすることと会社にいることは違うもの。



とはいえ、実践しようとすると、まだいろいろ障害があるようです。
制度もそうだし、働く人たちの意識もそう。

もしこういった働き方の制度とか体制を作るのが得意な方、ぜひご連絡ください。
一緒に手伝ってください。

孫さんはスタッフとの「業務委託契約」という話しをしていますが、私はそこは「正社員雇用」にこだわるところがあります。
人はやっぱり何らかの「安心感」がほしいものです。私みたいな変人は別として。


ユニコーンはこれからのスタイルをどんどん作っていきたいと思っています。
金融業界において、どこまでできるかはチャレンジですが、それが社会のためになると信じています。



待ってます。



読んでくれてありがとう。



posted by ありーな at 23:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月12日

「鏡の法則」から考えるとオープンでいたほうが心地よい。

みなさんこんにちは、長坂です。

最近は土日は、起業塾の人とのミーティングが入ります。

ご存知の方もいるかと思いますが、マンツーマン起業塾には「終了期限」がありません。


終了期限がないので、お呼びがかかればいつでもお会いする感じです。


今日お会いした方はもう、5年ぐらいたっているかもしれません。

何年たってるかとか、すでによくわからないんですね。

3年ぐらい消息不明になっていて、ふらっと戻ってくる方もいます。

それでいいと思っています。


私は止まり木みたいなものだなと思っているので。


私は物腰やわらかく言葉はきつくっていう感じみたいなので


「ひどいこと言いますね」って言って連絡が取れなくなってしまう人もいます。


「私はあなたのお客さんですよね。なんでそんなこと言うんですか!」って言われたこともあります。



私が一つ決めていることは、

言った以上、その後もずっとフォローし続ける。


逆にフォローできないことは言わない。

100%自分がいいと思わなかったら言わない。というか言えない。



言葉って重いもの。



相手を守れないならそもそも関係を持ってはいけないと思っています。

関係を持つからには、自分のことを頼ってきてくれるからには、どんなことがあろうと守り続ける。


会社員のときに、残念ながらそれを実感できませんでした。


だから、自分で起業するときはそうしようと決めました。


その精神はユニコーンでも変わりません。


関わってくれた人は全力で守る。


逆に言えば、守ろうと思えない人とは付き合わないです。

それはこの10数年でかなり明確になりました。


金融業界って、社長が表に出ないことが多いです。


この前ある人に聞いたら、


社長が表で話すと、会社の最終意見になるので、リカバリーが利かない。って。


でも、そもそもリカバリーが必要ないことを発言すればいいんじゃないかなって思いました。


それが、「言葉を発するからには最後まで責任を持つし、持てないことは発言しない」ってことかと思います。



正直なところ、そういう自分であろうと思ってから、周りの人も自分を守ってくれるようになりました。



やっぱり、鏡なんですね、人は自分の鏡。

人は人を悪用するから、オープンでいたら危ないって言われましたが、
自分がオープンじゃないから人はあなたを悪用するんだと思います。だから鏡。


私はずっと仕事においてオープンで居続けようと思うので、何かあればいつでも話しかけてくださいね。


読んでくれてありがとう。


posted by ありーな at 22:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月11日

一生のありがたさを実感した一週間。

みなさんこんにちは、長坂です。

今日は金曜日なんですね。そして明日から三連休なんですね。


もう、起業をしてから土日とか連休とかよくわからなくはなっているのですが、なんだか今日は「あー金曜日なんだー」って気分です。

なんでそう思うかというと、三連休になるとアポイントメントがなくなるから。


昨年末にリリースして、今週から仕事始めで、結構いろんな人に会わせていただいた一週間でした。


今日の午後は、いつも応援してくれている方が「ユニコーン説明会」を開催してくれました。

免許登録の報告をした時にすぐに日程をアレンジして人を集めてくださる。

本当にうれしいです。


久しぶりにお会いした方もいて、「よかったですねー」って言ってくれたり、「できることは何でもしますから言ってくださいね」って言ってくれたり、「資金調達を考えている人がいるので、紹介します」って言ってくれたり。


最近は、なんだかすっと応援してくれてたり、手を差し伸べてくれたり、力を与えてくれたり、そんな方ばかりになってきました。


ありがたくて、ちゃんとしたものをなかなかお返しできなくて申し訳なくて、でもとっても嬉しい、そんな感情がいつも入り混じります。


少しずつ、恩返しをしていくつもりです。


そして、このありがたさをずっと感じ続けていこうと思います。


していただいたら、どこかで倍返しをするのがひととひととの関係だと思っています。
世の中は give & take ではないです。

基本は自分が与え続けていくのがひととひととのあるべき関係。

もし先に与えてくださるのであれば、その人が必要としているときにただ恩を返す。


私はこの3年間でもう、言えないぐらいたくさんの皆さんに助けていただきました。
そして、この1週間でさらに力をいただいています。


これから返していきます。


ということを帰りの電車で思っていたら、「あー今日は金曜日なんだー」って思いました。


皆さまいつもありがとう。


読んでくれてありがとう。


posted by ありーな at 23:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする